1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名 真红眼暗铁龙
日文名 レッドアイズ·ダークネスメタルドラゴン
英文名 Red-Eyes Darkness Metal Dragon
属性 Dark
卡片种族 Dragon ドラゴン
星数/阶级 10
卡片种类 效果怪兽Monster·Effect 効果モンスター
卡片密码 88264978
ATK 2800
DEF 2400
这张卡可以把自己场上表侧表示存在的1只龙族怪兽从游戏中除外,从手卡特殊召唤。1回合1次,自己的主要阶段时可以从手卡或者自己墓地把「真红眼暗铁龙」以外的1只龙族怪兽特殊召唤。
This card can be Special Summoned by removing from play 1 Dragon-Type monster you control. Once per turn, you can Special Summon 1 Dragon-Type monster except "Red-Eyes Darkness Metal Dragon" from your hand or Graveyard.
このカードは自分フィールド上に表側表示で存在するドラゴン族モンスター1体を ゲームから除外し、手札から特殊召喚できる。 1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に手札または自分の墓地から 「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外の ドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できる。
罕见度 平卡N,平罕NR,面闪SR,金字UR
卡包 LE11DT08ABPF(607)SD22
[真红眼暗铁龙]
<レッドアイズ·ダークネスメタルドラゴン>
[10/01/11]

●这张卡可以把自己场上存在的1只龙族怪兽从游戏中除外特殊召唤。
◇无种类效果。
◇不进入连锁。
◇可以通常召唤
◇无论有没有通过这个方式特殊召唤都可以用其他效果把此卡特殊召唤。
◇不可以将里侧表示的龙族怪兽从游戏中除外把此卡特殊召唤。
◇这个召唤方式只限这张卡存在于手卡的场合使用。
◇可以将自己场上存在的龙族TOKEN除外对这张卡特殊召唤。
◇不可以将自己场上表侧表示存在的变成装备魔法的龙族怪兽除外把这张卡特殊召唤。
●1回合只有1次,自己的主要流程时可以从手卡或者自己墓地把「真红眼暗铁龙/レッドアイズ·ダークネスメタルドラゴン」以外的1只龙族怪兽在自己场上特殊召唤。
◇起动效果(进入连锁)。
◇只能在自己的主要流程使用。
◇效果处理时选择自己手卡或者自己墓地把「真红眼暗铁龙/レッドアイズ·ダークネスメタルドラゴン」以外的1只龙族怪兽(不取对象)
LIMITED EDITION 11で登場した闇属性・ドラゴン族の最上級モンスター。レッドアイズの名を持ち、自身を特殊召喚する召喚ルール効果と、同名カードを除くドラゴン族モンスターを特殊召喚する起動効果を持つ。種族間のシナジーに乏しかったドラゴン族の切り札にして【ドラゴン族】を実戦レベルデッキとして成立させるに至った立役者。
 場のドラゴン族モンスター1体を除外するというかなり軽い条件で特殊召喚できる。ドラゴン族下級モンスターをコストに使えば条件を満たすのは容易であり、《バイス·ドラゴン》や《簡易融合》を利用すれば召喚権を残しつつ展開することも可能。ただし裏側表示のものや《コアキメイル·ドラゴ》等はコストにできない。特殊召喚モンスターではないため、蘇生はもちろんのことアドバンス召喚も問題なく行うことができる。
 2つ目のドラゴン族モンスターを特殊召喚する効果は、優秀な上級・最上級モンスターが多いドラゴン族をノーコストで展開できるため非常に強力。《青眼の究極竜》等の融合モンスターや《ダークエンド·ドラゴン》等のシンクロモンスターも蘇生制限を満たせば蘇生できるため、汎用性は非常に高い。お互いに蘇生し合える関係にある《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》・《ライトパルサー·ドラゴン》を特殊召喚しておけば、全体除去を受けてもすぐに建て直せる。《未来融合-フューチャー·フュージョン》や《竜の渓谷》、《ダークフレア·ドラゴン》で様々な種類のドラゴン族モンスターを墓地へ送り、戦況に応じたモンスターを蘇生するのが理想的だろう。
 《創世神》・《魔族召喚師》等とは違い、起動効果のコストや共倒れするデメリットも存在せず、これらのカードと比べてもメリットが目立つ。特に効果にコストを要さない点は大きく、フィールドに留まり続けることで大きなアドバンテージを得ることができるだろう。唯一のデメリットは効果で同名カードを特殊召喚できない点か。だが、特殊召喚したドラゴン族を召喚コストにしていけばそれも可能になる。《神竜 アポカリプス》を経由すれば、《ゾンビ·マスター》のように複数の《レッドアイズ·ダークネスメタルドラゴン》を場に並べることができるだろう。2体の《レッドアイズ·ダークネスメタルドラゴン》が場に並んだ場合は《超弩級砲塔列車グスタフ·マックス》のエクシーズ召喚を狙えるため、1ターンキルにより近づく。
 ドラゴン族下級モンスターを除外してこのカードを特殊召喚し、効果でドラゴン族上級モンスターを特殊召喚するのが理想的な流れと言えるだろう。ドラゴン族の下級と上級の両方を活かすことができるので、【ドラゴン族】関連のデッキでは中心となる存在である。《真紅眼の飛竜》・《ライトパルサー·ドラゴン》や《エクリプス·ワイバーン》等、相性の良いドラゴン族モンスターも多い。一方で《コアキメイル·ドラゴ》や《ヴェルズ·ザッハーク》とはややアンチシナジーな面があるので注意したい。他にも、ドラゴン族と鳥獣族が混合した【ドラグニティ】やドラゴン族と機械族が混合した【サイバー・ダーク】でも採用できる。これらのデッキの場合、除外コストと蘇生効果は装備効果の妨げになる場合があるので注意したい。
ドラゴン族を手札もしくは墓地から特殊召喚する効果は対象をとらない効果である。
基本的にこのゲームでは《死者蘇生》や《ゾンビ·マスター》のように、蘇生効果は墓地のモンスターを対象にとる効果ではあるが、このモンスターの場合は手札からもドラゴン族を展開することができる。
しかし手札を対象にとる効果という行為は存在しないため、墓地からの蘇生と共に対象をとらない効果になっているのである。
これにより、墓地からの特殊召喚の際も《ヒーローズルール2》等で妨害されないという利点を持つ。
さらに《D.D.クロウ》等をチェーンされても相手は何を蘇生するか宣言する前に除外する必要があり、こちらは墓地と手札に残った対象から自由に選ぶことができる。
同じドラゴン族展開能力を持つ《竜魔人 キングドラグーン》と比較すると、こちらは墓地からもドラゴン族を特殊召喚できるので、展開力が勝る。
ステータスも高く、融合を介さず自身の効果で特殊召喚できるためデッキを縛らない点が大きい。
一方、あちらは効果耐性を付与できるため、自身と展開したドラゴン族モンスターを除去されにくいという長所がある。
このカードを利用すれば《巨竜の羽ばたき》が、実質墓地のドラゴン族1体のコストで発動できる。
このカードの効果でドラゴン族を蘇生→《巨竜の羽ばたき》でこのカードを手札に戻す→先ほど蘇生したドラゴン族を除外してこのカードを特殊召喚、という流れが可能。
あるいは、墓地から上級ドラゴン族を特殊召喚し《巨竜の羽ばたき》のコストにすれば、実質ノーコストで発動することも可能である。
このカードの特殊召喚に利用したドラゴン族モンスターは除外されてしまうため、このカードの効果で蘇生できないなどデメリットになることが多いが、帰還系のカードを投入することで、メリットに転換することができる。
中でも《D·D·R》とは相性が良く、このカードを特殊召喚した時に除外したモンスターを帰還させ、さらに《D·D·R》のコストで捨てたドラゴン族モンスターを蘇生すれば効率が良い。
《闇の誘惑》や《エクリプス·ワイバーン》、《ダーク·アームド·ドラゴン》のコストでこのカードを除外し、帰還させても良いだろう。
また、最近はドラゴン族シンクロモンスター・エクシーズモンスターが多用されているのでコントロール奪取してこのカードの召喚コストにすれば除去することが可能。
リリースではないので《精神操作》も問題なく利用することができ、同じように《死者蘇生》で奪った相手モンスターを召喚コストにすれば墓地利用の妨害もできうる。
コストでモンスタートークンを除外できる非常に珍しいカード。
他に該当するカードは《霊魂消滅》を参照。
名前の割に《真紅眼の闇竜》・《レッドアイズ·ブラックメタルドラゴン》と全く関係の無い効果や召喚条件であり、《黒竜の雛》からいきなりこの形態に進化できる。
一応《真紅眼の闇竜》と同様「《真紅眼の黒竜》→《黒炎弾》→《レッドアイズ·ダークネスメタルドラゴン》 」で《黒炎弾》のデメリットを回避するコンボを行うことができる。
また、《レッドアイズ·ブラックメタルドラゴン》と違い機械族ですらない。
だが、攻・守は全く同じなので「メタル化」を一応は意識しているようだ。
(メタル化モンスターは元のモンスターより攻・守が400ポイント、レベルが1つ高い)
個々では強力なものの、種族間で結びつきの薄かったドラゴン族において、種族統一デッキを組む事に大きな意味を持たせたカードである。
その反面、収録されているLIMITED EDITION 11とDUEL TERMINAL -トリシューラの鼓動!!-は共に絶版状態(後者はノーマルレア扱い)なので、入手難易度は非常に高かった。
その後ストラクチャーデッキ-ドラゴニック・レギオン-にて再録されたことで、かなり容易に入手できるようになった。
再録時には、表側表示のドラゴン族しか除外できないことがエラッタで明文化された。
原作・アニメにおいて―
アニメGXにおける「十代vsダークネス吹雪」(2戦目)にてダークネス吹雪が使用。
OCGとは効果が全く違っており、罠カード《魔法反射装甲・メタルプラス》を必要とするモンスターであった。
このカードは通常召喚できない。
「魔法反射装甲・メタルプラス」を装備した
「真紅眼の闇竜」を生け贄に捧げた場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードの攻撃力は、自分の墓地のドラゴン族モンスター1体につき
400アップする。
このカードを対象にする魔法の発動と効果を無効にして破壊する事ができる。
手札を1枚捨てる事で魔法の発動と効果を無効にして破壊する事ができる。
墓地のドラゴン族モンスターによって攻撃力を4400にまでアップさせ、十代を後一歩のところまで追い詰めた。
しかし、手札を使い果たして魔法無効化効果が使用できなくなり、罠カード《ヒーローズルール1 ファイブ・フリーダムス》によって墓地のドラゴン族を全て除外されて弱体化した。
その後、《ネオスペース》と《H-ヒートハート》によって攻撃力を増した《E·HERO ネオス》に戦闘破壊された。
攻撃名は「ダークネスメタルフレア」、効果名は「マジック・リフレクション」。
《真紅眼の闇竜》の攻撃力上昇効果、《レッドアイズ·ブラックメタルドラゴン》の召喚条件、原作の《メタル化·魔法反射装甲》が持つ魔法無効化能力を継承した、カード名と効果が非常にマッチしたモンスター効果となっている。
また、全身が銀色の光沢を帯びており、まさに「メタルドラゴン」といった外観であった。
コナミのゲーム作品において―
DUEL TERMINALではEXステージの天上院吹雪が使用する。
台詞はアニメと異なり、OCG仕様に変更されている。
序盤から特殊召喚されたり、《真紅眼の黒竜》と並ぶ光景も見られることがある。
攻撃する際のCGには力が入っており、カメラが上に移動する。
また、デスティニースキャンにも設定されているため、もう一体が出される可能性がある。
このカードをスキャンすると、アニメの攻撃名と同じ名称の隠しデッキ「ダークネス・メタルフレア」が使用できる。
ちなみに、N-Rareのカードを必須スキャン条件とするデッキはこれが初である。
第9弾ではドラゴン族が中心の【フルモンスター】デッキ「竜技王7D’s」に収録されている。
このカードをスキャンすればデッキにこのカードが2体入ることになるが、手札事故の可能性が上がるので注意したい。
真红眼黑龙 通常怪兽 真红眼黑龙

星7/暗/龙/攻2400/守2000

描述:拥有真红之眼的黑龙。愤怒的黑炎会把映入其眼者全部烧成灰烬。

真红眼黑铁龙 效果怪兽 真红眼黑铁龙

星8/暗/机械/攻2800/守2400

装备了「金属化·魔法反射装甲」的「真红眼黑龙」做祭品。从卡组选出这张卡在场上特殊召唤。

真红眼暗龙 效果怪兽 真红眼暗龙

星9/暗/龙/攻2400/守2000

这张卡不能通常召唤。把自己场上存在的1只「真红眼黑龙」解放的场合才能特殊召唤。这张卡的攻击力,自己墓地存在的龙族怪兽每有1只上升300。

真红眼暗铁龙 效果怪兽 真红眼暗铁龙

星10/暗/龙/攻2800/守2400

这张卡可以把自己场上表侧表示存在的1只龙族怪兽从游戏中除外,从手卡特殊召唤。1回合1次,自己的主要阶段时可以从手卡或者自己墓地把「真红眼暗铁龙」以外的1只龙族怪兽特殊召唤。

真红眼不死龙 效果怪兽 真红眼不死龙

星7/暗/不死/攻2400/守2000

这张卡可以用1只不死族怪兽解放表侧攻击表示上级召唤。这张卡战斗破坏不死族怪兽送去墓地时,可以把那只怪兽在自己场上特殊召唤。

真红眼飞龙 效果怪兽 真红眼飞龙

星4/风/龙/攻1800/守1600

没有进行通常召唤的回合的结束阶段时,可以把自己墓地存在的这张卡从游戏中除外,自己墓地存在的1只名字带有「真红眼」的怪兽特殊召唤。

罪 真红眼黑龙 效果怪兽 罪 真红眼黑龙

星7/暗/龙/攻2400/守2000

这张卡不能通常召唤。从自己卡组把1只「真红眼黑龙」从游戏中除外的场合可以特殊召唤。名字带有「罪」的怪兽在场上只能有1只表侧表示存在。只要这张卡表侧表示存在,自己的其他怪兽不能攻击宣言。没有场地魔法卡表侧表示存在的场合这张卡破坏。