1 2 3 4 5
   卡片lua脚本 上页下页
中文名 永火恶魔
日文名 インフェルニティ·デーモン
英文名 Infernity Archfiend
属性 Dark
卡片种族 恶魔Fiend 悪魔
星数/阶级 4
卡片种类 效果怪兽Monster·Effect 効果モンスター
卡片密码 99177923
ATK 1800
DEF 1200
自己手卡是0张的场合抽到这张卡时,可以把这张卡给对方观看在自己场上特殊召唤。此外,这张卡特殊召唤成功时,自己手卡是0张的场合,可以从自己卡组把1张名字带有「永火」的卡加入手卡。
When you have no cards in your hand and draw this card, you can reveal it to Special Summon it. When this card is Special Summoned, if you have no cards in your hand, you can add 1 "Infernity" card from your Deck to your hand.
自分の手札が0枚の場合にこのカードをドローした時、 このカードを相手に見せて発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 また、このカードが特殊召喚に成功した時、自分の手札が0枚の場合、 デッキから「インフェルニティ」と名のついたカード1枚を 手札に加える事ができる。
罕见度 银字R,黄金GR,金字UR
卡包 WC09GLD03DT14
[永火恶魔]
<インフェルニティ·デーモン>
[2011/03/01]

●自己手卡是0张的场合抽到这张卡时,可以把这张卡给对方观看在自己场上特殊召唤。
◇诱发效果(进入连锁)。
◇任意发动。
●此外,这张卡特殊召唤成功时,自己手卡是0张的场合,可以从自己卡组把1张名字带有「永火」的卡加入手卡。
◇诱发效果(进入连锁)。
◇任意发动。
◇效果处理时自己手卡不是0张的场合,效果不发。
遊戯王ファイブディーズ STARDUST ACCELERATOR - WORLD CHAMPIONSHIP 2009 付属カードで登場した闇属性・悪魔族の下級モンスター。特定条件で自身を特殊召喚できる誘発効果と、「インフェルニティ」と名のついたカードをサーチできる誘発効果を持つ。
 自身のモンスター効果で特殊召喚が可能だが、元々のステータスも悪くない。墓地にいた方が都合がいいことも多いので、コンボが成立しない時にはアタッカーとして頼ることになるだろう。
 後半のサーチ効果は、カードの種類を問わない対象の広さが魅力である。上級モンスターをサーチすればそのままアドバンス召喚ができ、《インフェルニティガン》ならばより展開力を高められる。また自身の効果以外で特殊召喚した際も発動可能なので、《インフェルニティ·ネクロマンサー》や《インフェルニティガン》による蘇生からのモンスター効果の発動も狙える。
 単純ながらもデッキの回転力を上げる性能を持つ、【インフェルニティ】の基本を支えるモンスターである。
特殊召喚する効果は、任意効果である。
よって、ドローの後に何らかの効果が挟まるとタイミングを逃す。
《リロード》や《手札抹殺》等でドローできれば特殊召喚できる(FAQ参照)。
《ゾンビキャリア》などでデッキトップを操作するなどの工夫が必要であることに変わりは無いが、手札が多い序盤なら一気に複数展開できる可能性もある。
相手ターンで《リロード》を発動して壁として展開できる可能性もあり、相手の意表を突くことができる。
ただしその場合、サーチ効果は発動できないことが多いので注意。
デーモンの名が付いているため、《万魔殿-悪魔の巣窟-》などのサポートが受けられる。
《デーモンの雄叫び》で特殊召喚し効果を使うのも良いだろう。
登場当初はインフェルニティと名のつくカードにモンスターカードしか存在しなかったため、効果を活用する幅もその分少なかった。
しかし、THE SHINING DARKNESSにてインフェルニティと名のつくカードが大量に登場したことにより、その汎用性が大幅に上がる事になる。
特に《インフェルニティガン》が制限カードになる前は、サーチする事で驚異的な爆発力を生み出していた。
サーチした《インフェルニティガン》でこのカードが蘇生され、それによって新たな《インフェルニティガン》がサーチ出来たため、3回のループが可能。
シンクロ素材としてこのカードを墓地へ送ることでサーチと蘇生を途切れることなく行い、《氷結界の龍 トリシューラ》等を大量展開する事も可能であった。
しかし、10/09/01の制限改訂で《インフェルニティガン》が制限カードとなったため、現在は状況によって様々なカードをサーチすることが重要となっている。
上記のような役割から【インフェルニティ】においては3枚積みが必須と言える程重要なカードであり、しかもゲーム付属カードであったため、一時期は値段が高騰した。
その後も入手困難な状態が続いたが、DUEL TERMINAL -破滅の邪龍 ウロボロス!!-にて再録されたことで入手は容易となった。
原作・アニメにおいて―
アニメ5D`'sの「遊星vs鬼柳」(1戦目)において鬼柳が初使用。
1ターン目の鬼柳の手札に2枚あり、そのうち1枚は《デプス·アミュレット》によって手札から捨てられた。
もう1枚は召喚され遊星に直接攻撃を仕掛けるが、《くず鉄のかかし》によって防がれる。
その後、《DT(ダークチューナー) ナイトメア・ハンド》のアドバンス召喚のためにリリースされた。

クラッシュタウン編の「遊星vs鬼柳」(2戦目)・「鬼柳vs巨体男」戦・「遊星&鬼柳vsロットン」戦でも使用される。
「遊星&鬼柳vsロットン」戦では手札0の状態でドローされたことにより特殊召喚され、ここで初めて発動したサーチ効果で《インフェルニティ·ミラージュ》を手札に加えた。
手札0でフィールドにも攻守0の《インフェルニティ・ゼロ》しかいない状況で、このカード→《インフェルニティ·ミラージュ》→《インフェルニティ·ビートル》と《インフェルニティ·ビースト》→《インフェルニティ·ビートル》の効果発動へと繋げ、一気にモンスターカードゾーンを埋め尽くす。
インフェルニティの脅威の展開力と鬼柳の生きるあがきを見せ付けた。
攻撃名は「ヘル・プレッシャー」。
攻撃時は空に魔法陣が出現し、そこから炎で覆われた巨大な手が出てきてそのまま週をまたぐという、攻撃力1800の下級モンスターとは思えない程の力の入った演出であった。
アニメでは自身の効果で特殊召喚した時のみサーチ効果が発動でき、サーチ対象もインフェルニティと名の付くモンスターに限定されていた。
OCGではモンスター効果の発動条件が緩くなり、なおかつサーチ対象が広くなったため、大幅に強化されている。
コナミのゲーム作品において―
DUEL TERMINALでは鬼柳が使用する。
「ヘル・プレッシャー」の魔法陣はきちんと再現されている。
但し、巨大な炎の手が現れるわけではなく、半透明で紫色の普通のサイズの手で上から掴む演出となっている。
神話・伝承において―
デーモンについてはデーモンを参照。
想像上の悪魔は山羊角を持っている姿で描かれる事が多く、顔も山羊である場合が多いのだが、遊戯王の悪魔では大半が角のみで、このカードのように顔まで山羊の物が使われるのは珍しい。
(このカード以外には《レッサー·デーモン》・《バフォメット》が存在する。)
永火炮 永续魔法 永火炮

1回合1次,可以从手卡把1只名字带有「永火」的怪兽送去墓地。此外,自己手卡是0张的场合,可以把场上存在的这张卡送去墓地,选择自己墓地存在的最多2只名字带有「永火」的怪兽在自己场上特殊召唤。

虚无的波动 永续魔法 虚无的波动

自己没有手卡时,自己场上表侧表示存在的名字带有「永火」的怪兽攻击力及守备力增加400。可以把自己场上表侧表示存在的这张卡送去墓地将自己的所有手卡送去墓地。