1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名 元素英雄 水泡侠
日文名 E·HERO バブルマン
英文名 Elemental HERO Bubbleman
属性 Water
卡片种族 战士Warrior 戦士
星数/阶级 4
卡片种类 效果怪兽Monster·Effect 効果モンスター
卡片密码 79979666
ATK 800
DEF 1200
手卡只有这张卡1张的场合,这张卡可以从手卡特殊召唤。这张卡召唤·反转召唤·特殊召唤成功时且自己场上和手卡没有其他卡的场合,可以从卡组抽2张卡。
If this is the only card in your hand, you can Special Summon it. When this card is Summoned, you can draw 2 cards if there are no other cards on your side of the field and in your hand.
手札がこのカード1枚だけの場合、 このカードを手札から特殊召喚する事ができる。 このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に 自分のフィールド上と手札に他のカードが無い場合、 デッキからカードを2枚ドローする事ができる。
罕见度 平卡N,银字R
卡包 DP01CRV(405)EE04LCGXSD27
[元素英雄 水泡侠]

●手卡只有这张卡1张的场合,这张卡可以从手卡特殊召唤。
◇进入连锁。
●这张卡召唤·反转召唤·特殊召唤成功时且自己场上和手卡没有其他卡的场合,可以从卡组抽2张卡。
★效果发动后被连锁[扰乱三重奏/おジャマトリオ]等,效果处理时场上存在其他卡,效果如何处理 调整中。
◇使用带有特殊召唤效果的魔法陷阱卡时,由于在整个连锁结束,魔法陷阱卡已经送到墓地后才到此卡的发动时点,所以此类魔法陷阱卡不会影响。
例:
自己没有手卡,场上只有放置(SET)的[英雄标记/ヒーロー·シグナル]和放置(SET)的一只怪兽。那只怪兽被战斗破坏后,发动[英雄标记/ヒーロー·シグナル]特殊召唤。
发动 [英雄标记/ヒーロー·シグナル]。
处理 [英雄标记/ヒーロー·シグナル]效果解决,
[元素英雄 水泡侠/E·HERO バブルマン]特殊召唤。
(此时2张卡都存在。[英雄标记/ヒーロー·シグナル]实际上属于已经确定送去墓地,却还没有执行的)
整个连锁结束,[英雄标记/ヒーロー·シグナル]等确定送去墓地的卡送到墓地。
连锁结束,此时是[元素英雄 水泡侠/E·HERO バブルマン]效果的发动时点,由于场上已经没有其他卡片,符合效果发动的条件。
CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した水属性・戦士族の下級モンスター。E・HEROの一体であり、自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果と、ドローを加速する誘発効果を持つ。
 一つ目の効果は自身を手札から特殊召喚する効果。手札をこのカード一枚にする必要はあるが、魔法・罠カードを伏せる等の方法で比較的容易にこの特殊召喚を満たせる。ただし、ステータスが低く戦闘で活躍しにくい為、エクシーズ素材等にすると良いだろう。
 二つ目の効果は発動条件の厳しい2枚ドロー効果。仮にドロー効果を発動できても、自分フィールド上がこれだけで後は運頼み、と言った状態ではあまりにギャンブル性が強い。《ヒーロー·シグナル》で特殊召喚した場合、《ヒーロー·シグナル》が墓地へ送られた時点で条件を満たしていれば、効果が発動する。融合することで手札消耗の激しい【E・HERO】にとって2枚ドローは魅力的だが、《未来融合-フューチャー·フュージョン》やE・HERO専用フィールド魔法等の場に残る魔法カードが邪魔となり相性はあまり良くない。
 攻撃力の低い水属性であり、《サルベージ》できる点も利点の一つとなっている。【E・HERO】と相性の良い《沼地の魔神王》や《E·HERO オーシャン》等と共に、《サルベージ》で墓地から回収できる。
 採用する場合、基本的にドロー効果は無い物として扱い、前半の特殊召喚効果をメインとして使用したい。E・HERO・戦士族・低ステータスであるため手札に加えやすく、魔法・罠カードをセットする事で容易に特殊召喚条件を満たせる。その際フィールドにチューナーが存在すればシンクロ召喚に、レベル4モンスターが存在すればエクシーズ召喚に繋がり、墓地へ送られる事で《ミラクル·フュージョン》の布石にもなる。勿論、ドロー効果を発動可能な場面は自身の特殊召喚を行える場面でもあるため、召喚権を消費せず2枚ドローと得られるアドバンテージは非常に大きい。
 このカードを指定するE・HERO融合モンスターは幾つか存在するものの、いずれも切り札として十分な力を持つモンスターとは言い難い。だが、《E·HERO アブソルートZero》の融合召喚に使いやすい水属性E・HEROである点は優秀である。
登場当初は総じて扱い難かったカードであったが、エクシーズモンスターの増加により評価が見直され始めてきた。
モンスター比率の少なめな【E・HEROビート】にとっては手札にこのカード1枚だけにできる機会も多く、《E·HERO エアーマン》1枚からサーチしてランク4のエクシーズモンスターに繋げることができるのは《E·HERO オーシャン》には無い芸当である。
戦士族なので《機甲忍者ブレード·ハート》や《H-C エクスカリバー》等にも対応し、即座に4000以上の打点を叩きだせるようになり、あわよくばドローも狙えるため、《E·HERO オーシャン》を差し置いて投入されるようにもなった。
環境の変化により立場が逆転したカードの一つと言える。
余談だがこのカードの英語版にはアルティメットレア仕様が存在する。
下級E・HEROでアルティメットレア仕様が存在するのはこのカードと《E·HERO キャプテン·ゴールド》・《E·HERO アナザー·ネオス》のみ。
また、原作であるアニメGXに登場する下級E・HEROなら唯一のアルティメットレア仕様の存在するカードとなる。
原作・アニメにおいて―
アニメGXにおける「十代vsタイタン」戦で初登場。
アニメにおけるこのモンスターの効果は、実物のものとは大きく異なっている。
手札がこのカード1枚だけの場合、
このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に
自分のフィールド上に他のカードが無い場合、
デッキからカードを2枚ドローする事ができる。
《強欲な壺》を内蔵しており、手札枚数に関係なくドローできた。
アニメでは表側守備表示で場に出せるため被害も少ない。
そのためドロー効果は多くの場面で発動されているが、特殊召喚効果発動の場面は非常に少ない。

OCG化された後は実物のものに修正されるのかとも思われたが、その後もラストデュエル「十代vs遊戯」戦までアニメ版の効果が変更される事は無かった。
その分、効果を発動できる状況にも関わらず特に通常召喚を行わずに融合素材とするなど良く分からないプレイングもしばしば見られる。
十代はこのカードを先頭にドローカードを連続で発動したりもしている。
《強欲な壺》がアニメで登場していた頃は、《E·HERO バブルマン》→《強欲な壺》の後、《バブル·ショット》を装備して体勢を整えるという流れが定番であった。
やはりアニメにおいてもドロー効果は必要不可欠なのだろう。
「エドvs丸藤亮」戦ではエドが《デステニー·デストロイ》の効果で墓地へ送っている。
「十代vsプロフェッサー・コブラ」戦では、専用の装備魔法《バブル・ロッド》が登場している。
攻撃名は「バブル・シュート」、《バブル·ショット》装備時の技名は「バブル・ショット」。
「十代vs斎王」(2戦目)では、十代のデッキにこのカードが2枚確認できる。
アニメでは当初、イラストが暗くなっていたが、OCG化にともなって明るくなっている。
このカードが初登場したのはアニメGX第5話・第6話の「十代vsタイタン」戦ではあるが、デュエルにおいての初登場は第6話であり、このモンスターの姿が初登場したのはOPとEDを除けば第5話前半終了時のアイキャッチである。
漫画GXでは第1話冒頭のデュエルで十代がこのカードの攻撃で勝利した模様。
「十代vs響紅葉」戦では十代が後攻1ターン目に召喚。
その際のカードテキストはOCGと同様の効果だった。
その後、《バブル·シャッフル》で紅葉の《E·HERO ボルテック》を守備表示にし、《E·HERO エッジマン》の召喚へと繋げた。
漫画版では攻撃名が「バブル・ショット」だった。
コナミのゲーム作品において―
TAG FORCEでは、十代の説明文に「手札が少ない状態で窮地に陥ったときは、バブルマンが友達だ。」と記されている。
强欲之壶 通常魔法 强欲之壶

从自己的卡组抽2张卡。

突然变异 通常魔法 突然变异

祭掉自己场上1只怪兽。从融合卡组选取和祭掉的怪兽同样等级的融合怪兽特殊召唤。

天降的宝札 通常魔法 天降的宝札

把自己的手卡和自己场上存在的全部的卡从游戏中除外。抽卡直到自己的手卡变为2张。

元素英雄 水泡侠 效果怪兽 元素英雄 水泡侠

星4/水/战士/攻800/守1200

手卡只有这张卡1张的场合,这张卡可以从手卡特殊召唤。这张卡召唤·反转召唤·特殊召唤成功时且自己场上和手卡没有其他卡的场合,可以从卡组抽2张卡。

水泡搅乱 速攻魔法 水泡搅乱

「元素英雄 水泡侠」在场上表侧表示存在时才能发动。自己场上表侧攻击表示存在的1只「元素英雄 水泡侠」和对方场上表侧攻击表示存在的1只怪兽变成守备表示。可以把变成守备表示的1只「元素英雄 水泡侠」作为祭品,从手卡特殊召唤1只名字带有「元素英雄」的怪兽。

元素英雄 暴风侠 融合怪兽 元素英雄 暴风侠

星8/风/战士/攻2800/守2800

融合:「元素英雄 羽翼侠」+「元素英雄 电光侠」+「元素英雄 水泡侠」。这只怪兽不能作融合召唤以外的特殊召唤。把自己场上这张卡以外的1张卡送去墓地,选择自己场上的1只怪兽。只要这张卡在场上表侧表示存在,所选择的怪兽不会被战斗破坏。(伤害计算适用)。

元素英雄 泥球侠 融合怪兽 元素英雄 泥球侠

星6/地/战士/攻1900/守3000

融合:「元素英雄 水泡侠」+「元素英雄 黏土侠」。这张卡只能融合召唤不能特殊召唤。

元素英雄 蒸汽医治者 融合怪兽 元素英雄 蒸汽医治者

星5/水/战士/攻1800/守1000

融合:「元素英雄 爆热女郎」+「元素英雄 水泡侠」。这张卡只能融合召唤不能特殊召唤。这张卡战斗破坏怪兽送去墓地时,自己基本分回复破坏怪兽的攻击力的数值。

水泡发射器 装备魔法 水泡发射器

「元素英雄 水泡侠」才能装备。装备怪兽的攻击力上升800。装备怪兽被战斗破坏的场合,这张卡代替破坏,装备怪兽的控制者的战斗伤害为0。

水泡幻影 速攻魔法 水泡幻影

「元素英雄 水泡侠」在自己场上表侧表示存在时才能发动。这个回合,自己可以从手卡发动1张陷阱卡。

元素英雄 新水泡侠 效果怪兽 元素英雄 新水泡侠

星4/水/战士/攻800/守1200

这张卡不能通常召唤。把自己场上存在的「元素英雄 水泡侠」和手卡的「突然变异」送去墓地的场合才能特殊召唤。只要这张卡在场上表侧表示存在,卡名当作「元素英雄 水泡侠」使用。和这张卡进行战斗的怪兽在伤害步骤结束时破坏。

元素英雄 水手侠 融合怪兽 元素英雄 水手侠

星5/水/战士/攻1400/守1000

融合:「元素英雄 水泡侠」+「元素英雄 羽翼侠」。这只怪兽不能作融合召唤以外的特殊召唤。自己的魔法·陷阱卡区域有卡盖伏的场合,这张卡可以直接攻击对方玩家。

元素英雄 永生侠 融合怪兽 元素英雄 永生侠

星10/光/战士/攻2900/守2600

融合:「元素英雄 羽翼侠」+「元素英雄 爆热女郎」+「元素英雄 黏土侠」+「元素英雄 水泡侠」。这只怪兽不能作融合召唤以外的特殊召唤。这张卡的属性也同时当作「风」「水」「炎」「地」使用。这张卡融合召唤成功时,从游戏中除外的全部卡回到持有者的卡组,并洗切卡组。对方场上每存在1只和这张卡相同属性的怪兽,这张卡攻击力上升300。

第五幕之希望 通常魔法 第五幕之希望

选择自己墓地存在的5张名字带有「元素英雄」的卡,加入卡组洗切。之后,从自己卡组抽2张卡。这张卡的发动时自己场上以及手卡没有其他卡存在的场合抽3张卡。