1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名   青眼亚白龙
日文名   青眼の亜白龍
英文名   Blue-Eyes Alternative White Dragon
属性   Light
卡片种族  Dragon ドラゴン
星数/阶级 8
卡片种类   效果怪兽Monster·Effect 効果モンスター
卡片密码   38517737
ATK   3000
DEF  2500
这张卡不能通常召唤。把手卡1只「青眼白龙」给对方观看的场合可以特殊召唤。这个方法的「青眼亚白龙」的特殊召唤1回合只能有1次。 ①:这张卡的卡名只要在场上·墓地存在当作「青眼白龙」使用。 ②:1回合1次,以对方场上1只怪兽为对象才能发动。那只怪兽破坏。这个效果发动的回合,这张卡不能攻击。
Cannot be Normal Summoned/Set. Must first be Special Summoned (from your hand) by revealing 1 "Blue-Eyes White Dragon" in your hand. You can only Special Summon "Blue-Eyes Alternative White Dragon" once per turn this way. This card’s name becomes "Blue-Eyes White Dragon" while it is on the field or in the Graveyard. Once per turn: You can target 1 monster your opponent controls; destroy it. This card cannot attack the turn you activate this effect.
このカードは通常召喚できない。 手札の「青眼の白龍」1体を相手に見せた場合に特殊召喚できる。 この方法による「青眼の亜白龍」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。 ①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「青眼の白龍」として扱う。 ②:1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
罕见度  银字R
卡包   VJMP
效果种类   怪兽破坏 特殊召唤 攻击限制 
[青眼亚白龙]
[15/12/23]
○这张卡不能通常召唤。把手卡1只「青眼白龙」给对方观看的场合可以特殊召唤。这个方法的「青眼亚白龙」的特殊召唤1回合只能有1次。
◇不是效果,是特殊召唤的手续,这个特殊召唤不开连锁
◇给对方观看手牌是特殊召唤手续的一部分,不是COST,必须观看全名是「青眼白龙」的怪兽
◇这张卡用这个方法特殊召唤成功后,如果送去墓地或除外,可以被其他效果特殊召唤
●①:这张卡的卡名只要在场上·墓地存在当作「青眼白龙」使用。
◇没有分类的怪兽效果
●②:1回合1次,以对方场上1只怪兽为对象才能发动。那只怪兽破坏。这个效果发动的回合,这张卡不能攻击。
◇起动效果,开连锁,取对象
◇效果发动后,效果处理时对象不在怪兽区或不会被破坏的场合,这个回合这张卡仍然不能攻击
◇效果发动过后,这张卡变成里侧表示再翻开的场合,这个回合这张卡可以攻击
◇这张卡没有攻击过的回合的主要阶段2可以发动
◇这张卡的攻击被无效的回合的主要阶段2不能发动
劇場版遊戯王配布カードで登場した光属性・ドラゴン族の特殊召喚モンスター。
 フィールド・墓地で《青眼の白龍》となる効果、相手モンスターを破壊する効果を持つ。
 召喚条件が手札の《青眼の白龍》を相手に見せるだけなのでアドバンテージを失わずに特殊召喚できる。
 《ドラゴン・目覚めの旋律》や《青き眼の巫女》なら、召喚条件を簡単に整えられる。
 《青眼の白龍》とは種族・属性が同じでフィールド・墓地ではカード名も《青眼の白龍》になるので、多くのサポートカードを共有することが可能。
 ただし、手札・デッキでは同名カードにならないので、《伝説の白石》によるサーチはできない。
 また、通常モンスター扱いになるわけでもないので、《召喚師のスキル》や《銀龍の轟咆》にも対応しない。
 (2)の効果は攻撃を放棄することでモンスター除去を行う効果。
 それ以外はコストもデメリットもないため、発動後はランク8のエクシーズ召喚や《青眼の双爆裂龍》への融合召喚に繋げると良いだろう。
攻撃を放棄する代わりにモンスター除去を行う効果は《滅びの爆裂疾風弾》を意識したものだろう。
「オルタナティブ(Alternative)」は代替や二者択一を意味し、同名カードとして扱うテキストからも《青眼の白龍》の代替品として存在することが伺える。
また、別の可能性という意味がある事から、日本の創作では平行世界などを表す際にも使われる事がある。