1 2 3 4 5
   卡片lua脚本 上页下页
中文名 暗之诱惑
日文名 闇の誘惑
英文名 Allure of Darkness
卡片种类 通常魔法Spell·Normal 通常魔法
卡片密码 01475311
从自己卡组抽2张卡,那之后选择手卡1只暗属性怪兽从游戏中除外。手卡没有暗属性怪兽的场合,手卡全部送去墓地。
Draw 2 cards, then remove from play 1 DARK monster from your hand. If you do not have any DARK monsters in your hand to remove, send all cards in your hand to the Graveyard.
自分のデッキからカードを2枚ドローし、 その後手札の闇属性モンスター1体を選択してゲームから除外する。 手札に闇属性モンスターがない場合、手札を全て墓地へ送る。
罕见度 平卡N,面闪SR,金字UR,立体UTR
卡包 PTDN(507)EXP01RGBT(604)SD21DS13SD30
[暗之诱惑]<闇の誘惑>

◆从自己卡组抽2张卡,那之后把手卡1只暗属性怪兽从游戏中除外。手卡没有暗属性怪兽的场合,手卡全部送去墓地。
◇这张卡发动后,连锁发动[王宫的铁壁/王宮の鉄壁]的场合,抽完卡后手卡若存在暗属性怪兽则给对方确认手卡但不除外,手卡若不存在暗属性怪兽则将手卡全部送去墓地
◇效果结算时先处理抽卡,再处理除外或将手卡送去墓地
EXTRA PACKで登場した通常魔法。【ダークモンスター】・【悪魔族】・【BF】など多くの【闇属性】関連デッキで採用される強力な手札交換カード。類似効果を持つ《凡人の施し》と比べても、魔法カードである点で速攻性を損なわないため非常に優秀。
 だが選択したカードは除外されてしまうため、墓地を利用するカードとは相性が悪い。このカードを採用する場合、除外されたカードを有効に活用できるコンボを取り入れたい。無論、《異次元の偵察機》や《ネクロフェイス》などは、手札に来たらこのカードで効率よく除外できるため相性は抜群。
 除外からの特殊召喚を利用するのが主なコンボだと言える。除外した最上級モンスターを帰還させることが出来ればベストである。サポートは《異次元からの帰還》・《D·D·R》・《闇次元の解放》など豊富に揃っている。
 《異次元からの埋葬》等で除外したカードを墓地に戻し、墓地利用に繋げる方法もあるが二度手間である。【アンデット族】や【墓地BF】のように、《ゾンビキャリア》や《馬頭鬼》・《BF-大旆のヴァーユ》を使い回すために《異次元からの埋葬》を最初から利用しているデッキでは活用しやすい。
 除外を利用しなくても、このカードは手札交換・デッキ圧縮をし、素早く《ダーク·アームド·ドラゴン》などデッキに眠るキーカードを手札に加えるのに貢献する。闇属性を多く採用していれば除外するカードに困ることはないため、使い勝手が良い。
 《デステニー·ドロー》などと違って2枚引いた後に除外されるため、手札に闇属性モンスターがなくてもいざという時には他の魔法・罠カードをすべてセットした後にこのカードを発動して、その2枚に賭けてみる事もできる。無論その2枚に闇属性が含まれていなかったらすべて墓地へ送られてしまうが、一応デッキ圧縮兼墓地肥やしにはなる。
 またサーチやサルベージしたモンスターを、このカードでドローに変えるコンボもある。例えば《ジェネクス·ウンディーネ》はサーチした《ジェネクス·コントローラー》がドローに変わり、《悪夢再び》で回収したカードをドローに変える事もできる。
 レベル8のD-HERO3枚はこのカードと《トレード·イン》・《デステニー·ドロー》と、3枚の手札交換カードに対応している。これらを合わせる事でコンボデッキにはうってつけのサポートとなる。【エクゾディア】を高速で揃えるのに使うのが良いだろうか。ただし、【D-HERO】は墓地利用がメインとなるデッキのため、このカードとの相性はイマイチか。純粋な手札交換手段と割り切って使うことになるだろう。また、【エクゾディア】で採用する場合はパーツを除外したり、捨てたりしないように気を付けたい。
《精霊の鏡》を使って自分の発動した《闇の誘惑》を相手に移し変えると、相手の手札に闇属性モンスターが無ければ相手の手札を全て墓地へ送る事ができる。
ただし、そこまでしても2枚のドローで闇属性モンスターを引かれたら全く意味が無い。
また、相手が闇属性を中心としたデッキで《闇の誘惑》をデッキに投入していない場合は《精霊の鏡》が腐る事になってしまう。
総合的にはやや使いづらいコンボだが、こういった使い方があると覚えておいて損はないだろう。
海外の【闇属性】及び【ダークモンスター】はこのカードによって凄まじい回転力を得ていた。
特に、ドローしつつ除外した闇属性モンスターを《次元融合》で特殊召喚するコンボが非常に強烈であったため、08/05/09にて、急遽海外でのみこのカードは準制限カードに、《次元融合》は禁止カードに指定されている。
そして、日本でも《混沌の黒魔術師》・《次元融合》が禁止カードになり、このカードは規制されなかった事に合わせてか、海外の08/09/01の制限改訂では制限解除されている。
汎用性の高さを評価されてか、09/03/01にて準制限カードに指定される。
更にその後、10/03/01にて制限カードへ制限強化された。
元々は海外版Phantom Darknessで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。
あちらではレアリティがウルトラレアに設定されているため、優秀でありながら集めにくいカードでもある。
後にRaging BattleのSpecialEdition特典として再録されたが、現在は絶版。
その後はStructure Deck:Marikに再録され、英語版のこのカードの入手難易度はかなり下がったと言える。
日本語版は長い間絶版となっていたが、こちらもストラクチャーデッキ-デビルズ・ゲート-にて再録されたため、入手が容易になった。
コナミのゲーム作品において―
DUEL TERMINALのスピードデュエルでは、闇属性が中心のデッキで使用される。
除外されるモンスターは上級モンスターが多い。
最初のステージのペガサス(A・O・Jデッキ)とEXステージのキースは《闇次元の解放》、EXステージのボマーは《D·D·R》とのコンボを繋ぐ。
また、プレイヤーが使用できるデッキ「宵闇の幻鏡」では、前者のコンボができる。
凡人的施舍 通常陷阱 凡人的施舍

从卡组抽2张卡,之后从手卡把1张通常怪兽卡从游戏中除外。手卡没有通常怪兽卡的场合,手卡全部送去墓地。