1 2 3 4 5
   卡片lua脚本 上页下页
中文名 灵魂补充
日文名 ソウル·チャージ
英文名 Soul Charge
卡片种类 通常魔法Spell·Normal 通常魔法
卡片密码 54447022
选择自己墓地的怪兽任意数量:那些怪兽特殊召唤,自己失去这个效果特殊召唤的怪兽数量×1000基本分。这张卡发动的回合自己不能进行战斗阶段。「灵魂补充」在1回合只能发动1张。
Target any number of monsters in your Graveyard; Special Summon them, and if you do, you lose 1000 Life Points for each monster Special Summoned by this effect. You cannot conduct your Battle Phase the turn you activate this card. You can only activate 1 "Soul Charge" per turn.
「ソウル・チャージ」は1ターンに1枚しか発動できず、 このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。 (1):自分の墓地のモンスターを任意の数だけ対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚し、 自分はこの効果で特殊召喚したモンスターの数×1000LPを失う。
罕见度 面闪SR
卡包 DRLG
[灵魂补充] [14/05/04]
●选择自己墓地的怪兽任意数量:那些怪兽特殊召唤,自己失去这个效果特殊召唤的怪兽数量×1000基本分。这张卡发动的回合自己不能进行战斗阶段。“Soul Charge”在1回合只能发动1张。

◇魔法卡的效果,取对象
◇失去LP不是受到伤害,无法反射,无法以卡的效果变成0或变成回复
◇自己进行过战斗阶段的回合不能发动此卡
◇已经被其他卡的效果跳过了战斗阶段的自己回合,仍然能够发动此卡
コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した通常魔法。
 1体につき1000のライフポイントは小さくない消費だが、対象にレベル制限や枚数制限のない完全蘇生は強力。
 この手のカードにありがちな特殊召喚の制限や表示形式の固定、効果の無効化もないため、様々な素材の準備や壁モンスターの展開など、その用法は多岐にわたる。
 ただしバトルフェイズを行えなくなるデメリットは大きく、大量展開から即座にビートダウン系1ターンキルを行う事はできない。
 更に、相手に蘇生したモンスターを処理したり魔法・罠カードを準備させる時間を与えてしまうため、どんな場面でも考えなしに使えるようなカードではない。
 使うのであれば、1ターンの隙を埋めるための何らかのギミックを用意できるデッキか、そもそも攻撃を必要としないバーン・特殊勝利等戦闘の関わらないコンボのために使用するべきだろう。
 隙を埋めるなら、《魔王龍 ベエルゼ》《神竜騎士フェルグラント》などの除去されにくいモンスターや、《シューティング・クェーサー・ドラゴン》などの高い制圧力を持つモンスターの召喚に繋ぐのが基本的である。
 《オシリスの天空竜》、《オベリスクの巨神兵》及び《ラーの翼神竜》のアドバンス召喚に必要なリリース3体、あるいは墓地へ送られた状態の前者二枚を一度に特殊召喚できるので、《光の創造神 ホルアクティ》による特殊勝利にも大いに役立つ。
 他にも、シンクロ召喚に使った素材をそのまま蘇生させる事で、即座に二体目の同レベルシンクロモンスターを展開するといった使い道もある。
 別のシンクロモンスターを同時にシンクロ召喚できる以外にも、同名のシンクロモンスターをシンクロ召喚して効果を再利用したり、特殊召喚が難しい強力なシンクロモンスターを同時に展開することも可能になるため、応用も利きやすい。
 【コンタクト融合】であれば、《コンバート・コンタクト》等で墓地に送ったネオスペーシアンを大量展開する事で、《スペーシア・ギフト》で大量ドローを狙う使い方もできる。
 こちらの場合、失ったライフポイントを《N・エア・ハミングバード》で補填したり、《E・HERO エアー・ネオス》の攻撃力上昇に利用することもできる。
 以上のようにさまざまなデッキに大きな可能性を与えうる優秀なカードだが、その分失うライフポイントが多く、劣勢時には腐る危険も高くなる。
 ライフポイントが豊富で攻撃宣言を行えない先攻1ターン目に発動するのが理想だが、《炎熱伝導場》等の質と量を兼ね備えた墓地肥やしカードを採用しない限り難しいだろう。
 墓地肥やし速度が高く制圧力の高いカードを有する【ラヴァル】や【インフェルニティ】では疑似《真炎の爆発》、《インフェルニティガン》としての採用も可だろう。
 エンドカードとしての役割は期待せず、1〜2体程度を蘇生できる簡易な蘇生カードとして採用すると、あまりコンボや墓地肥やしを意識しないで済む分扱いやすくなるだろう。
 局面にもよるが、バトルフェイズ、ライフ2000程度+1枚の消費でエクシーズ召喚等に繋げるのであれば悪くはない取引である。
 エクシーズ召喚をするのであれば、相手にダメージを与えられないデメリットが重複する《励輝士 ヴェルズビュート》辺りが狙い目か。
 展開力の低いデッキはもちろん、《召喚僧サモンプリースト》等を採用するデッキではピン挿しする価値はある。
発動時には墓地のモンスターを対象に指定するだけであり、特殊召喚した数を参照してライフポイントを失う形となる。
これは通常のライフコストと違いカウンター罠や結界像等で妨害をされてもライフを失わない利点となる。
逆にこのカードにチェーンされ効果ダメージを受け、失う予定のライフポイント以下になった場合、自分自身へのエンドカードとなる可能性もある。
原作・アニメにおいて―
アニメDMオリジナル「ドーマ編」における「闇遊戯vsラフェール」(2戦目)でラフェールが使用。
《バックアップ・ガードナー》・《ガーディアン・エルマ》・《ガーディアン・ケースト》を蘇生させたが、デメリットにより1500ポイント払って自滅した。
アニメでは蘇生したモンスターが攻撃できず、1体につき500ライフポイントを支払う効果だった。
「墓地にモンスターを置かない」という信念を持っていたはずのラフェールは、《オレイカルコスの結界》に飲み込まれてモンスターを墓地へ送る戦いをしていた。
その後戦いの途中で我に返ったラフェールはモンスターを墓地から助けるため、このカードを発動した。
残りライフは1200だったため、本来は2体蘇生で十分だったのだが、全てのモンスターを助けるために、あえて自らを犠牲にしてまで3体を蘇生した。
そのおかげか、このデュエル中ではラフェールは敗北しても《オレイカルコスの結界》の闇に捕らわれることはなかった。
なお、ラフェールは「これでもう墓地にはモンスターがいない」と言ってるが、実際には《ガーディアン・エアトス》と《ガーディアン・デスサイス》がまだ残っている。
イラストは《無効》とほぼ同じ構図である。
なお、アニメのイラストは光が手より大きく展開している。
对未来的所思 通常魔法 对未来的所思

选择自己墓地3只等级不同的怪兽才能发动。选择的3只怪兽特殊召唤。这个效果特殊召唤的怪兽的攻击力变成0,效果无效化。那之后,自己没有进行XYZ召唤的场合,这个回合的结束阶段时自己失去4000基本分。此外,这张卡发动的回合,自己不能作XYZ召唤以外的特殊召唤。