1 2 3 4 5
   卡片lua脚本 上页下页
中文名 贪欲之壶
日文名 貪欲な壺
英文名 Pot of Avarice
卡片种类 通常魔法Spell·Normal 通常魔法
卡片密码 67169062
选择自己墓地的5张怪兽卡,加入卡组洗切。那之后,从自己卡组抽2张卡。
Select 5 Monster Cards from your Graveyard, then add them to your Deck and shuffle it. After that, draw 2 cards.
自分の墓地に存在するモンスター5体を選択し、 デッキに加えてシャッフルする。 その後、自分のデッキからカードを2枚ドローする。
罕见度 平卡N,黄金GR,面闪SR,金字UR,立体UTR
卡包 EEN(406)SD10SD12EE04SD15GLD04SD23DS14SD28
[贪欲之壶]
<貪欲な壺>
[2011/08/27]

●选择自己墓地的5张怪兽卡,加入卡组洗切。之后从自己的卡组抽2张卡。
◇墓地没有5张以上的怪兽卡不能发动。
◇自己卡组的卡在1张以下时不能发动。
◇在发动时选择墓地的5张怪兽卡(取对象效果)。
◇[精灵之镜/精霊の镜]不能连锁这张卡。
◇效果处理时由于[失落/ロスト]等原因,选择的5张怪兽卡减少了1张,效果不发。
◇选择墓地的融合、同调、XYZ怪兽的场合,那些怪兽回到额外卡组,抽卡效果适用。
★选择的5张怪兽卡全部回到额外卡组的场合,主卡组是否要洗切,调整中
ELEMENTAL ENERGYで登場した通常魔法。モンスターをデッキに戻し、その後2枚ドローする効果を持つ。
 墓地のモンスター5枚を対象にとって発動する。(実際にデッキに戻すのは効果解決時)発動にチェーンされ、対象にした5枚のモンスターのうち1枚でも戻せなくなった場合は、戻す効果・ドローする効果とも不発になる。故に《神殿を守る者》等のドローを封殺するカードの他にも、《D.D.クロウ》等の墓地除外カードにも弱い。
 「墓地のモンスター5体を選ぶ」という発動条件により、発動することを難しくしている。更に1度効果を発動すれば、モンスターをデッキに戻す為、蘇生等の墓地利用が厳しくなる可能性があることも考慮する必要がある。しかし、それらも逆に考えれば「もう一度使いたいモンスターを回収できる」というメリットにもなる。後半戦や終盤戦での「モンスター切れ」防止になる為、単なる《強欲な壺》の下位互換ではない。
 発動条件により序盤には発動しにくいが、相性の良いカードは多く存在する。《素早いモモンガ》・《クリッター》のようなリクルーターやサーチャーは墓地を肥やすことが得意なため相性が良い。融合召喚・儀式召喚・シンクロ召喚・エクシーズ召喚はモンスターを多く墓地へ送る為、これらのモンスターを中心とするデッキとは相性が良い。また、蘇生制限付きのモンスターが墓地に送られてしまったときのサルベージにも有効。【高等儀式術】では、《マンジュ·ゴッド》や召喚コストとなる通常モンスターを再利用できる。ただし、【高等儀式術】では墓地のモンスターをゲームから除外する事で特殊召喚を行うモンスターを投入する可能性が高く、そういった点では相性が悪い。
 《凡骨の意地》やガジェットとは非常に相性が良く、LVモンスターの再利用のために使う価値も高い。モンスターが豊富であることは利点だがデッキは重くなるわけであり、その点をさほど苦にしないデッキでは活躍する。墓地のカードは失うが、それだけのリスクを背負ってでも2枚のドローは大きいと考えるなら入れるべきである。
「墓地のカードをデッキに戻す」というのは、メリットともデメリットとも取れる。
類似した効果を持つカードは多いが、干渉するカードの枚数が多い《貪欲な壺》にはこれが顕著に現れる。
墓地のカードが少なくなるという事は、それだけ自分に必要なカードがデッキに存在しているという事であり、反対に《死者蘇生》や《サルベージ》等による墓地利用がしづらくなるという事である。
そしてデッキのカードが増えるという事は、ドローの機会が増え、デッキ切れを防ぐ反面、それだけ必要なカードを引ける確率が減るという事である。
加えて他のカードとの兼ね合いも考える必要があり、たとえばサーチカードの多いデッキであればカードはデッキにあった方が良い。
しかし蘇生カードの多いデッキでは、墓地にカードが少ないと動きが取れなくなってしまう。
キーカードをいかに早く手札に加えるかが問われる【エクゾディア】や、墓地肥やしを戦術としつつデッキ切れに悩まされやすい【ライトロード】等では、特に構築段階から考えておくべき問題であろう。
これらをデメリットと捉えながらも、2枚のドローを利点としてこのカードを採用するプレイヤーも少なくない。
シンクロモンスターやエクシーズモンスターの登場により、この問題は少々改善されたと言える。
これらを特殊召喚する時には墓地にモンスターが溜まりやすく、破壊された時もまた墓地にカードが溜まる。
そしてこれらのモンスターはエクストラデッキに戻るため、デッキの枚数を無闇に増やさないのである。
《ブラック·ローズ·ドラゴン》やエクシーズモンスター等、単に蘇生したのではモンスター効果を使えないモンスターを回収できるのも、利点だと言える。
実際に【ジャンクドッペル】等のシンクロ召喚に特化したデッキでは、このカードが複数枚採用されていた。
このカードの登場により、【雑貨貪欲ターボ】が誕生した。
登場時は、「《強欲な壺》の禁止カード化の布石」と考えられていたが、このカード自体も06/03/01の制限改訂にて制限カードとなった。
そして準制限カードに緩和された後、08/03/01の制限改訂によって制限解除された。
その後のシンクロ召喚の流行や墓地肥やしカードの増加など環境の変化により、モンスターを墓地に送ったり墓地のモンスターを使い回す事が容易になった。
特に海外においては《Reborn Tengu》の再利用とこのカード自身のアドバンテージで合計3枚ものカード・アドバンテージを稼ぐコンボが生まれ、《強欲な壺》以上の働きすら見せていた。
そのため11/09/01の制限改訂にて再び制限カードとなった。
その後もこのカード1枚で【ゼンマイ】におけるハンデスコンボのハンデス枚数を2枚以上増やせる等、このカードの墓地のモンスターをデッキに戻す効果が直接莫大なカード・アドバンテージに繋がるコンボが増えているので、制限緩和は難しいと思われる。
Vジャンプ誌上で行われた第5回最強カリスマ決闘者決定戦準決勝「千丈目vsカーリーなのさ」戦にて、【ドラグニティ】を選んだ千丈目が使用。
《竜の渓谷》のサーチを繰り返し、戦力を使い果たした千丈目にとってはまさしく「救いの一手」であり、このカードで戦力を補充した。
原作・アニメにおいて―
アニメGXでは流星、ジム、アモン、ギースが所持している。
しかし実際に発動されたのは、「ヨハンvsギース」戦のみである。
ブラフとして伏せたがヨハンには通用せず、数ターン後に発動して手札の補充に使用した。
アニメ5Dsでも多くの登場人物が所持している。
こちらは実際に発動された例すらなく、「遊星&鬼柳vsロットン」戦でロットンが《ガトリング・オーガ》のコストに使用しているのみである。
その後、魔法カード《埋葬呪文の宝札》の効果で墓地から除外されている。
しかし、ロットンのデッキは《ガトリング・オーガ》によるバーンを中心にしているために魔法・罠カードの割合が多く、このカードとのシナジーは薄い。
彼のデッキは非常に手札消費が荒いため、腐った場合は《ガトリング・オーガ》のコストにすることを前提に少しでも手札補充のカードを入れたかったのだろう。
また、ブレオ、ジャンがアンドレの才能を語る際のイメージ図で初手6枚のうちの1枚として登場。
なお、残りの5枚は《サモンチェーン》《レッド·ガジェット》《緊急テレポート》《サイコ·コマンダー》《トラゴエディア》。
この6枚から【コアガジェット】であることが推測される。
アニメZEXALでは木板製のカードが登場した。
龙族封印之壶 永续陷阱 龙族封印之壶

只要这张卡在场上存在,场上表侧表示存在的龙族怪兽全部变成守备表示,不能把表示形式变更。

强欲之壶 通常魔法 强欲之壶

从自己的卡组抽2张卡。

壶魔神 效果怪兽 壶魔神

星3/地/岩石/攻1200/守1300

将1张「强欲之壶」从手卡弃到墓地。从自己的卡组抽3张卡。

强欲之壶的精灵 效果怪兽 强欲之壶的精灵

星1/光/天使/攻100/守100

这张卡在场上以表侧攻击表示存在时,若发动「强欲之壶」,则发动「强欲之壶」的玩家可以多抽1张卡。

谦虚之壶 通常魔法 谦虚之壶

选择自己2张手卡放回卡组。之后卡组洗切。

贪欲之壶 通常魔法 贪欲之壶

选择自己墓地的5张怪兽卡,加入卡组洗切。那之后,从自己卡组抽2张卡。

强欲之海鳝壶 通常魔法 强欲之海鳝壶

从自己手卡让2只水属性怪兽回到卡组,从自己卡组抽3张卡。

无欲之壶 通常魔法 无欲之壶

选择自己或者对方墓地存在的卡合计2张,回到持有者卡组。这张卡发动后,不送去墓地从游戏中除外。「无欲之壶」在1回合只能发动1张。

强欲而谦虚之壶 通常魔法 强欲而谦虚之壶

从自己卡组上面把3张卡翻开,从那之中选1张加入手卡,剩下的卡回到卡组。「强欲而谦虚之壶」在1回合只能发动1张,这张卡发动的回合自己不能特殊召唤。

红莲魔龙之壶 通常魔法 红莲魔龙之壶

自己场上有「红莲魔龙」表侧表示存在的场合才能发动。从自己卡组抽2张卡。这张卡发动的场合,直到下次的对方回合结束时自己不能把怪兽召唤·特殊召唤。

吸收壶 效果怪兽 吸收壶

星3/地/岩石/攻600/守500

反转:场上盖放的魔法·陷阱卡全部破坏。破坏的卡的控制者从卡组抽出破坏数量的卡。这个回合,自己不能把卡盖放。