1 2 3 4 5
   卡片lua脚本 上页下页
中文名 天使的施舍
日文名 天使の施し
英文名 Graceful Charity
卡片种类 通常魔法Spell·Normal 通常魔法
卡片密码 79571449
从卡组抽3张卡,之后从手卡选2张丢弃。
Draw 3 cards from your Deck, then discard any 2 cards from your hand.
自分のデッキからカードを3枚ドローし、その後手札を2枚選択して捨てる。
罕见度 平卡N,银字R,面闪SR
卡包 BE02DL04Booster04Booster ChronicleBooster R2YUKASK2
[天使的施舍]
<天使の施し>
[2010/09/10]

●从卡组抽3张卡,那之后从手卡丢弃2张卡。
◇效果处理时先抽卡,之后再丢弃2张卡
◇卡组中不足3张卡的场合,不能发动
◇「精灵之镜/精霊の鏡」可以对应这张卡的发动而发动
◇「死之卡组破坏病毒/死のデッキ破壊ウイルス」「魔之卡组破坏病毒/魔のデッキ破壊ウイルス」的效果在这个效果处理完丢卡后再适用
BOOSTER4で登場した通常魔法。 手札交換・墓地肥やし・デッキ圧縮を一枚でこなすため、広く使用された。
 手札の枚数を増やさない様に調整されている為か、デッキからドローする能力自体は《強欲な壺》よりも上。そこからカードを交換するようにして手札からカードを捨てるのだが、この「捨てる」の部分を利用して様々なコンボが生み出された。
エラッタ前の《黒き森のウィッチ》・《クリッター》を捨て、効果を発動させ、最大2枚のアドバンテージを得る。
蘇生制限のルールが施行される前の特殊召喚モンスター、上級モンスターを捨て、《死者蘇生》・《早すぎた埋葬》等で蘇生させる。
暗黒界や《キラー·スネーク》・《深淵の暗殺者》等を捨てることで損失を補う。
墓地を肥やし、カオスや《貪欲な壺》に繋げる。
《混沌帝龍 -終焉の使者-》・《カオス·ソルジャー -開闢の使者-》・《カオス·ソーサラー》を、このカードで先攻1ターン目に出す事もできる。
《マクロコスモス》等が存在する状態で《異次元の偵察機》を捨てれば、損失無しどころかプラスに。
《ダンディライオン》の綿毛トークンを高速展開する。
《D-HERO ダッシュガイ》の効果を手軽に発動する。
《サンダー·ドラゴン》で手札を増やし、《サンダー·ドラゴン》を2枚捨てれば1枚のアドバンテージに。
 「2つ以上のことが出来る」という、他のドローカードにはない能力を秘めている。禁止カード入りのタイミングによっては、天魔神と組み合わせて更に猛威を振るうこともあったかもしれない。
ドローの後に捨てる処理が入る一連の効果扱いであり、同時扱いではない。
最初は捨てることで効果を得るカードが少なかったために準制限カード、徐々にそれが増えてくるにつれて制限カードに、そしてコンボデッキが増えてくるにつれ、その抑制のためにまずは禁止カードに指定された。
その後、一時期は制限カードに復帰したが、「暗黒界シリーズ」等の「捨てることで効果を得るカード」が更に増加したことにより、05/09/01に再び禁止カードに指定された。
更に月日を経て、ENEMY OF JUSTICEで登場した全体除外カードによる暗黒界の弱体化を鑑みてか、06/03/01に制限カードに復帰する。
そして、07/03/01を以って、最終的に禁止カードとなった。
上記の様に非常に多くのコンボに繋げられ、更に他のコンボの安定性も高められるため、復帰は難しいだろう。
禁止カード施行から制限→禁止→制限→禁止→制限と、《聖なるバリア-ミラーフォース-》と全く一緒に繰り返し行き来していた。
しかし07/03/01で禁止カードとなった際、《聖なるバリア-ミラーフォース-》は制限カードに留まっている。
これだけ強力でどんなデッキにも必須といえるカードだったのだが、収録パックの関係で新規参入者には入手がかなり困難となっていた。
旧ストラクチャーデッキは当時絶版になっており、収録カード数が膨大なBEGINNER`'S EDITION 2で引き当てるしかなかった。
禁止カードであるにも関わらずBEGINNER`'S EDITION 2(第7期)にも収録されたが、やはり引き当てるのは至難である。
《死のデッキ破壊ウイルス》が適用されている場合、ドローした3枚のカードは確認の為に相手に見せ、手札を2枚捨てる処理を終えた時点で、該当する攻撃力のモンスターを破壊する。
《寄生虫パラサイド》は発動確定の為、捨てることは出来ない。
《王家の財宝》は発動タイミングを逃した事になるため、発動することは出来ない。
手札を捨てるのはコストではなく効果であるため、《D-HERO ダイヤモンドガイ》で効果を発動しても、3枚ドローした後に2枚捨てることになる。
時代によっては、エラッタ前の《黒き森のウィッチ》・《クリッター》を捨てて、エクゾディアパーツを高速で揃えることによる1ターン目から勝利も狙えた。→【エクゾディア】
《処刑人-マキュラ》を捨てることで《無謀な欲張り》等を手札から発動できるようにし、更なるドロー加速を行う光景がみられた。
このドローコンボは、数多くの1ターンキルデッキにおいて必要不可欠なものだった。
今となっては過去のことだが、非常に恐ろしい話である。
初心者や小さい子供達はこのカードを嫌う傾向があった。
やはり、3枚引いた後2枚捨てる行為がデメリットと感じることが多かったのである。
現実には前述の通り、捨てる行為さえ利用できるのだが。
デメリットも無く、デッキトップから3枚全てを選ぶ事も出来るため 、《強欲で謙虚な壺》の上位互換と取ることも出来る。
原作・アニメにおいて―
「バトルシティ編」の初戦である「闇遊戯vsレアハンター」戦においてレアハンターが使用。
このカードは既にOCG化されており、《ハリケーン》同様に原作が逆輸入する形になった。
この時レアハンターはデッキにフル投入していたようであり、高速でエクゾディアパーツを集めていた。
原作ではそこまでだったが、アニメでは「バトルシティ編」で様々なキャラが使用する様になる。
「ドーマ編」の「闇遊戯vsグリモ」戦では遊戯が使用。
《オレイカルコスの結界》で強化された、《オベリスクの巨神兵》に対抗できる手段は無い状況で引き当てる。
それ以外では舞が、また「KCグランプリ編」において海馬、ジーク、レベッカがそれぞれ使用。
魔法カードの効果で墓地へ送ったカードを全て手札へ戻す《堕天使の施し》とのコンボで手札補充に使われることも多かった。
遊戯王Rにおいても何度か登場。
天馬月行がテッド・バニアス戦において使用した際には、手札交換後もモンスターを召喚しなかったため、手札事故を起こしたとテッドに嘲笑されていた。
しかし、このカードで捨てた装備カードが、のちのデュエルで大きな役割を担うことになる。
アニメGXにおいても万丈目をはじめ、多くのデュエリストが使用している。
主に何かしらのコンボに繋げるため使用されている。
漫画GXでは、「十代vs三沢」(1戦目)において三沢が使用。
2体のモンスターを捨てつつ、永続罠《魂のさまよう墓場》とのコンボで2体の火の玉トークンを特殊召喚した。
また同作では、レジー・マッケンジーがこのカードの効果を両プレイヤーに与える効果を持った魔法カード《天の落とし物》を使用している。
アニメ5D`'sにおいて「デュエル地蔵」のデザインにこのカードのイラストの天使が使われていた。
コナミのゲーム作品において―
PSPソフト「TAG FORCE」1~3では、《強欲な壺》と同様に全登場デュエリストに専用ボイスが用意されている。
しかしゲームの初期制限リストではこのカードは禁止カードであるため、実際にボイスを聞くためには各キャラクター攻略後のボイステストか、禁止カードを1枚入れられるようになった状態でパートナーデッキに組み込む必要がある。
TAG FORCE5では、このカードを貰ったクロウが「こんなインチキカード、ありかよ!?」と言っている。
强欲之壶 通常魔法 强欲之壶

从自己的卡组抽2张卡。

天使的施舍 通常魔法 天使的施舍

从卡组抽3张卡,之后从手卡选2张丢弃。

衰弱之雾 永续陷阱 衰弱之雾

对方手卡数量限制变成最多5张。

装填狂魔 效果怪兽 装填狂魔

星1/暗/恶魔/攻0/守0

这张卡被战斗破坏送去墓地时,从自己手卡送2张卡去墓地,之后从自己卡组抽2张卡。

哥布林偷窥者 通常魔法 哥布林偷窥者

对方从卡组上面把3张卡翻开。自己从那之中选择1张回到对方卡组最下面,剩下的卡用喜欢的顺序回到对方卡组上面。

No.7 幸运条纹人 XYZ怪兽 No.7 幸运条纹人

星7/光/天使/攻700/守700

XYZ:7星怪兽×3。把这张卡1个XYZ素材取除才能发动。掷2次骰子。这张卡的攻击力直到下次的对方的结束阶段时变成较大方的出现数目×700的数值。并且,出现的数目合计是7的场合,再从以下效果选择1个适用。●这张卡以外的场上的卡全部送去墓地。●从手卡或者自己·对方的墓地把1只怪兽特殊召唤。●从卡组抽3张卡,那之后选2张手卡丢弃。