1 2 3 4 5
   卡片lua脚本 上页下页
中文名 魔法石采掘
日文名 魔法石の採掘
英文名 Magical Stone Excavation
卡片种类 通常魔法Spell·Normal 通常魔法
卡片密码 98494543
丢弃2张手卡,选择自己墓地1张魔法卡发动。选择的卡加入手卡。
Discard 2 cards. Add 1 Spell Card from your Graveyard to your hand.
手札を2枚捨て、自分の墓地の魔法カード1枚を選択して発動する。 選択したカードを手札に加える。
罕见度 平卡N,银字R,面闪SR
卡包 TP02SD15TU02SDMSD22其他DP16
STRUCTURE DECK-マリク編-で登場した通常魔法。
 現在は《混沌の黒魔術師》が禁止カードなので、魔法カードを直接回収できるという点では貴重な存在である。ただし合計3枚ものカードを必要とする事になるため、スタンダード等のハンド・アドバンテージを重視するデッキでは使いづらい。何らかの魔法カードをキーカードとし、手札コストも確保しやすいデッキで使うべきだろう。【真紅眼の黒竜】では、《黒炎弾》や《龍の鏡》等のキーカードを回収でき、《真紅眼の黒竜》を手札コストとすれば《正統なる血統》からの蘇生も狙える。【デッキ破壊1キル】や【未来オーバー】等の1ターンキル系デッキや、ターンの反復により手札コストが気にならないロックデッキでは、2枚目以降のキーカードのような感覚で使える。
 あらゆる魔法カードをサルベージできるが、儀式魔法には《儀式の準備》が、フィールド魔法・永続魔法には《Z-ONE》が存在する。そのため、主に通常魔法や速攻魔法のサルベージ目的で使うことが多くなるだろう。
 無制限カードである《魔法再生》と比べた場合、手札コストとするカードの種類を問わない点で扱いやすい。また「墓地へ送る」では無く「捨てる」であるため、発動を阻害される事も少ない。
《貪欲な壺》を投入するデッキでは、その発動条件を満たすために手札コストが有効に働く事もある。→【雑貨貪欲ターボ】
このようなターボを撲滅するためか、06/03/01の制限改訂で制限カードに指定された。
その後、08/03/01の制限改訂において準制限カードに緩和される。
《深淵の暗殺者》が無制限の時代は、《深淵の暗殺者》2枚とこのカード2枚で無限ループが組めた。
ギミックについては《深淵の暗殺者》を参照されたい。
長くの間絶版になっていたが、トーナメントパックやストラクチャーデッキに収録され、容易に入手できるようになった。
ストラクチャーデッキ-アンデットワールド-での再録時にはエラッタもされ、手札を2枚捨てるのは発動コストであることが明確になった。
Vジャンプ2010年10月号では、制限カードに指定された《インフェルニティガン》の代替カード案としてこのカードが挙げられている。
恐らく、このカードで《インフェルニティガン》をサルベージするのを目的にしているのだろう。
しかし、《インフェルニティガン》を使用する時点で手札が0になるので相性はあまり良くない。
《インフェルニティガン》を再利用したいなら、《転生の予言》でデッキに戻した後に《インフェルニティ·デーモン》でサーチし直すほうが簡単だろう。
原作・アニメにおいて―
「バトルシティ編」における「闇遊戯vs闇マリク」戦で闇マリクが使用。
自分の墓地から《死者蘇生》を回収した。
マリクはこのカード以外にも手札に魔法カードを加えるカードとして速攻魔法《暗黒の魔再生》や通常罠《ゾンビの宝石》と《左腕の代償》を使用し、《死者蘇生》を手札に加えては、その度に墓地から《ラーの翼神竜》(原作仕様)を蘇生させ、効果を発動させていた。
しかし、原作ではルール上魔法カードを1ターンに2枚以上手札からプレイできない制約があったため、その結果遊戯に1ターンの猶予を与えてしまう。
アニメでは、この点を再現するため「回収したカードはこのターンは使用できない」という効果が追加されていた。
アニメGXでは、「十代vsエド」(2戦目)でエドが使用。
《D-HERO ダイヤモンドガイ》の効果でこのカードがめくられ、墓地の《ミスフォーチュン》を回収した。
他にもドクター・コレクター、鮎川、空野(ミスターT)、橘が使用。
コナミのゲーム作品において―
一部の作品において、このカードが二枚以上使用できる場合にCPUが「このカードを発動して二枚目のこのカードを回収する」奇妙なルーチンが存在する。
神圣魔术师 效果怪兽 神圣魔术师

星1/光/魔法师/攻300/守400

反转:选择自己的墓地的1张魔法卡。选择的卡加入自己手卡。

魔法再生 通常魔法 魔法再生

将自己手卡中的2张魔法卡送去墓地。从自己墓地里选择1张魔法卡加入手卡。