1 2 3 4 5
   卡片lua脚本 上页下页
中文名 星光大道
日文名 スターライト·ロード
英文名 Starlight Road
卡片种类 通常陷阱Trap·Normal 通常罠
卡片密码 58120309
要让自己场上的卡2张以上破坏的效果发动时才能发动。那个效果无效并破坏。那之后,可以把1只「星尘龙」从额外卡组特殊召唤。
Activate only when an effect was activated that destroys 2 or more cards you control. Negate that effect and destroy that card. Then, you can Special Summon 1 "Stardust Dragon" from your Extra Deck.
自分フィールド上に存在するカードを2枚以上破壊する効果が発動した時に発動する事ができる。その効果を無効にし破壊する。その後、「スターダスト?ドラゴン」1体をエクストラデッキから特殊召喚する事ができる。
罕见度 平卡N,银字R,黄金GR,金字UR,斜碎SCR,银碎SER
卡包 DDY02DP10GS04GDB1
[星光大道]
<スターライト·ロード>
[2011/10/31]

●要让自己场上存在的卡2张以上破坏的效果发动时才能发动。那个效果无效并破坏。
◇无论是否取对象效果,只要满足将自己场上存在的卡2张以上破坏的效果发动时都可以发动。
◇只将效果无效,那个效果的发动不会被无效。
◇满足发动条件的场合,只能对应那个效果发动一张「星光大道/スターライト·ロード」。
▲例
CHAIN 1:「大风暴/大嵐」
CHAIN 2:「星光大道/スターライト·ロード」
CHAIN 3:「星光大道/スターライト·ロード」 X 此时第二张「星光大道/スターライト·ロード」不能发动
◇额外卡组中没有「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」的场合也可以发动 。
◇「虚无魔人/虚無魔人」等卡在场上表侧存在的场合也可以发动,但是只处理这个效果,特殊召唤效果不处理。
◇因为其他卡的效果或自己场上已存在5只怪兽的场合,也可以将这张卡发动,但是只处理这个效果,特殊召唤效果不处理。
◇伤害步骤不能发动。
◇可以对应这个张卡的发动使用「王宫的弹压/王宮の弾圧」。
◇自己场上只有这张卡盖放在场上,自己发动「大风暴/大嵐」的场合不能将这张卡发动。
◇「暗之支配者-佐克/闇の支配者-ゾーク」等发动时不确定破坏数量的效果发动时,不能将这张卡发动。
◇「剑斗兽 凯撒/剣闘獣ガイザレス」等可以破坏2张卡以上的效果,但发动时只选择破坏1张的场合,不能将这张卡发动。
◇「技能吸收/スキルドレイン」在场上存在并适用中的场合,会破坏2张卡以上的效果怪兽的效果发动的场合,可以将这张卡发动。
◇自己场上存在2只以上攻击力1500以下的怪兽存在时,「魔之卡组破坏病毒/魔のデッキ破壊ウイルス」发动的场合,可以将这张卡发动。
◇自己场上存在2张永续魔法卡,1张永续陷阱卡,发动「暗之卡组破坏病毒/闇のデッキ破壊ウイルス」并宣言陷阱卡的场合,不能将这张卡发动。
◇「来自异次元的归还/異次元からの帰還」将2只以上的怪兽在自己场上特殊召唤成功后,可以对应此时发动的「奈落的落穴/奈落の落とし穴」发动这张卡。
◇额外卡组数量为零时,可以对应这张卡的发动使用「王宫的弹压/王宮の弾圧」的效果。
◇自己场上存在表侧表示、里侧表示的攻击力在1500以下的怪兽各一只,不可以对应此时对方发动的「魔之卡组破坏病毒/魔のデッキ破壊ウイルス」发动这张卡。
◇自己场上盖放有2张以上的魔法卡和1张陷阱卡时,对方发动「暗之卡组破坏病毒/闇のデッキ破壊ウイルス」无论宣言的是魔法亦或者陷阱,这张卡都不可以发动。
◇自己场上有一张永续魔法卡表侧表示存在且盖放有一张速攻魔法时,对方发动「暗之卡组破坏病毒/闇のデッキ破壊ウイルス」宣言魔法的场合,这张卡不可以发动。
◇自己场上只有「荷鲁斯之黑炎龙 LV6/ホルスの黒炎竜 LV6」和这张卡存在的场合,对方发动「漏电/漏電」的场合,这张卡可以发动。
●那之后,可以把1只「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」从额外卡组特殊召唤。
◇这个效果不视为同调召唤。
◇因为这个效果特殊召唤的「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」不可以通过「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」自身以及其他卡的效果特殊召唤。
◇在处理完无效效果后再处理这个效果,不是同时处理。
◇效果处理时,若被无效效果的那张卡不能因为这张卡的效果所破坏,则不能从额外卡组将「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」特殊召唤。
▲例1
对方场上2只怪兽存在,「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」回到额外卡组而发动效果的场合
CHAIN 1:「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」
CHAIN 2:「星光大道/スターライト·ロード」
此时「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」的效果会被无效,并且会被「星光大道/スターライト·ロード」的效果所破坏并从额外卡组送去墓地
所以「星光大道/スターライト·ロード」可以将「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」从额外卡组特殊召唤
▲例2
对方场上2只怪兽存在,「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」因为送去墓地而发动效果的场合
CHAIN 1:「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」
CHAIN 2:「星光大道/スターライト·ロード」
此时「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」的效果会被无效,但是在墓地的「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」不会被「星光大道/スターライト·ロード」的效果所破坏
所以「星光大道/スターライト·ロード」不可以将「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」从额外卡组特殊召唤
▲例3
对方场上2只怪兽存在,「裁决之龙/裁きの龍」发动其起动效果的场合
CHAIN 1:「裁决之龙/裁きの龍」
CHAIN 2:「星光大道/スターライト·ロード」
CHAIN 3:「神秘的中华锅/神秘の中華なべ」(解放CHAIN 1的裁きの龍)
此时「裁决之龙/裁きの龍」的效果会被无效,但是由于不能被「星光大道/スターライト·ロード」的效果所破坏
所以「星光大道/スターライト·ロード」不能将「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」从额外卡组特殊召唤
遊戯王5Dsデュエルディスク遊星ver.DX 付属カードで登場した通常罠。複数枚除去効果を無効化し、自己再生が不可能な《スターダスト·ドラゴン》を特殊召喚する効果を持つ。
 1つ目の効果は、発動されたカードの種類・こちらが破壊されるカードの種類のどちらにも制限がなくコストも存在しないため、全体除去のメタカードの中では優秀な部類に入る。投入率の高い《ブラック·ホール》・《激流葬》や、《ブラック·ローズ·ドラゴン》・《裁きの龍》・《剣闘獣ガイザレス》・《ゴッドバードアタック》等の「カードを2枚以上破壊するカード」を無効化できる。その性質上、全体除去を誘いやすい魔法・罠カードを多くセットするデッキとの相性が良い。
 2つ目の効果として無効にし破壊することに成功した場合、《スターダスト·ドラゴン》を特殊召喚する効果を持つ。相手にとって、全体除去を無効にされ、更に《スターダスト·ドラゴン》が特殊召喚されるので、脅威になるだろう。自分のターンに相手の《激流葬》・《聖なるバリア-ミラーフォース-》を無効化し、攻め込むのも理想である。こちらのモンスターを全滅させるつもりが、それを防がれる上に攻撃力2500のモンスターを1体増やされるのは、相手が劣勢であれば相当の脅威である。
 この効果で特殊召喚した《スターダスト·ドラゴン》は蘇生制限を満たしていないため、蘇生や帰還ができない点に注意。無論、自身のエンドフェイズの自己再生もできなくなるので、シンクロ召喚した《スターダスト·ドラゴン》より非常に扱いにくくなる。しかし、これは逆に相手の《死者蘇生》によって奪われないというメリットにもなる。《スターダスト·ドラゴン/バスター》等に繋げ、デメリットを帳消しにするのも一つの戦略だろう。但し、その場合は破壊された際に他の蘇生制限を満たした《スターダスト·ドラゴン》がいないと蘇生できない。
 このカードの効果は特殊召喚を含み、《神の警告》で無効化される可能性がある。また全体除去を行うカードも多くはないため、デッキに投入するバランスを考慮する必要がある。カードを1枚ずつ破壊する《ダーク·アームド·ドラゴン》・《アーカナイト·マジシャン》等のカードや、除外・バウンスには無力。相手のカードに発動条件を頼る以上、腐る場合があることを視野に入れておく必要がある。一応、自分が発動した全体除去カードに対しても発動可能だが、全体除去とこのカードを消費して蘇生制限付きの《スターダスト·ドラゴン》では少々割に合わない。ただし、ノーコストの全体除去カードであるなら、【スターダスト・ドラゴン/バスター】に限り、《スターダスト·ドラゴン》を場に出す為の手段として選択肢には十分入る。消費するのは全体除去カード+このカードなので、シンクロ召喚をする場合と消費する枚数は変わらない。《スターダスト·ドラゴン》が蘇生制限がかかったものになるデメリットこそあるが、緊急時の策として覚えておいて損は無いだろう。
 なお、このカードで無効にできるのは効果のみであり、無効にしたカードも逆順処理を行う。このカードの効果処理の後に無効にしたカードが発動する扱いになるので、《スターダスト·ドラゴン》の特殊召喚に対して《奈落の落とし穴》などを発動することはできない(タイミングを逃す扱いとなる)。また、効果だけを無効にするために、(既にフィールドにいる)《スターダスト·ドラゴン》の効果でこのカードを無効にすることが可能である。
上記のように腐りやすい点が存在するものの、全体除去カードを無効にしつつアドバンテージを得られるため、トーナメントレベルのデッキにも投入される。
例え《サイクロン》で破壊されても1:1交換は成立しているため、大幅なカード・アドバンテージ損失に対する保険として気軽に伏せられる点の評価が高い。
《王家の呪い》と同時にセットできれば、少なくとも魔法・罠カード相手には全体単体両方に対応できる事になる。
全体除去以外でも《ゴッドバードアタック》等の採用率は高いため、意外と発動機会は多い。
相手が突然多くの魔法・罠カードをセットした場合、一昔前までは《メタモルポット》を警戒するのが定石であったが、最近ではこのカードも警戒するのが定石になりつつある。
何も考えずにアドバンテージを稼げる力を持つ全体除去カードに一石を投じるこのカードの登場は、環境に大きな影響を与えたと言ってよい。
かつてはこのカードを警戒して魔法・罠除去の起点を《大嵐》では無く《ハリケーン》とするプレイヤーも見られた。
最大のメタ対象である《大嵐》が禁止カードだった頃には採用率にかげりを見せていたが、11/09/01にて《大嵐》が制限復帰し、天敵の《ハリケーン》が禁止カードとなったため、再度活躍を見せている。また、12/03/01には《激流葬》が準制限カードとなり、発動機会はさらに増えた。
全体除去のみに対しメタを張れる初めてのカード。
制限カードとなった《神の宣告》に代わり、ロック系のデッキや【メタビート】では非常に重宝されている存在である。
上記のように、このカードが無効にするのは効果のみであり、カードの発動自体を無効にしない。
《魔法都市エンディミオン》などの魔法カードの発動によって魔力カウンターを貯められるカードが場にある状況で《ブラック·ホール》等を発動した場合にこのカードで無効化されても、魔力カウンターは増える。
《スターダスト·ドラゴン》を特殊召喚するか否かは任意効果である。
よって、《スターダスト·ドラゴン》がエクストラデッキにない場合でも発動でき、エクストラデッキにいる場合も特殊召喚しないという選択もできる。
どちらにせよ《神の警告》を回避できないため特殊召喚しない方がいい場合は稀有だが、例として挙げるならば墓地に別の種族が存在するとまずい《一族の結束》や、相手の場に存在している《逆ギレパンダ》の攻撃力が上昇する状況などが挙げられる。
《スターダスト·ドラゴン》を特殊召喚するか否かを決定するのは効果解決時であり、効果発動時に《スターダスト·ドラゴン》の特殊召喚を行うか否かを相手に告げる必要はない。
無効にし破壊が成功しなければ《スターダスト·ドラゴン》を特殊召喚できない。
よって墓地や除外などで発動した効果に対しこのカードを発動した場合や、このカードの効果解決時に対象のカードがフィールド上に存在しない場合、無効にはするが破壊することができないので、特殊召喚効果を適用することはできない。
逆に言えば、自分の《ブラック·ホール》に対してこのカードが発動された場合、それにチェーンして《非常食》や《サイクロン》を発動して《ブラック·ホール》を墓地に送ってしまえば、相手の《スターダスト·ドラゴン》の特殊召喚を防げるということである。
一見するとカウンター罠のようなテキストを持つが、通常罠である。
故に《王宮のお触れ》をチェーンされると簡単に無効化されるので注意が必要。
「無効にし破壊する」とテキストに記された初の通常罠である。
上記にもあるように、この手のテキストはカウンター罠が多い為である。
後に同じようなテキストの《ボム·ガード》が登場している。
「スターライト・ロード」であるため、《マジカルシルクハット》の効果で特殊召喚しても、「ライトロード」と名のついたモンスターとして扱わない。
そのため、《血の代償》でモンスター扱いのこのカードをリリースし、《ライトロード·エンジェル ケルビム》をアドバンス召喚しても、効果は発動できない。
複数を破壊する効果に対してならば、その中に《ネオス·ワイズマン》の様な破壊されないモンスターが含まれていても問題なく発動可能。
非常に優秀なカードだが、遊戯王5Dsデュエルディスク遊星ver.DX の付属カードのため、入手困難なカードだった。
その後はデュエリストパック-遊星編3-やGOLD SERIES 2012で再録され、入手しやすくなった。
英語版ではDuelist Pack Collection Tin 2010に封入しているので、こちらを入手しても良いだろう。
原作・アニメにおいて―
アニメ5Dsの「遊星vsルドガー」(2戦目)において遊星が使用。
《地縛旋風》の効果を無効にして破壊し、《スターダスト·ドラゴン》を特殊召喚した。
「vsシェリー」戦では自分の《Sp(スピードスペル)-ハイスピード・クラッシュ》の効果を無効にして破壊し、《スターダスト·ドラゴン》を特殊召喚した。
「vsブレオ」戦では、ブレオの罠カード《調律崩壊》によりデッキから直接墓地に送られた。
「遊星vsジャック」(4戦目)では《シューティング·スター·ドラゴン》の効果でめくられている。
アニメでは《スターダスト·ドラゴン》の特殊召喚はシンクロ召喚扱いだった。
またアニメのテキストでは相手のカードの効果しか無効にできなかった。
しかし「遊星vsシェリー」戦では遊星自身のカードに対し発動しているため、テキストと矛盾している。
英語版において、何故か遊星が《スターダスト・ロード》と言っていた。
関連カード
《スターダスト·ドラゴン》
《大革命返し》
星尘龙 同调怪兽 星尘龙

星8/风/龙/攻2500/守2000

同调:调整+调整以外的怪兽1只以上。持有「把场上的卡破坏的效果」的魔法·陷阱·效果怪兽的效果发动时,可以把这张卡解放让那个发动无效并破坏。这个效果适用的回合的结束阶段时,为这个效果发动而解放在墓地存在的这张卡可以在自己场上特殊召唤。

星尘龙/爆裂体 效果怪兽 星尘龙/爆裂体

星10/风/龙/攻3000/守2500

这张卡不能通常召唤。「爆裂模式」的效果以及这张卡的效果才能特殊召唤。魔法·陷阱·效果怪兽的效果发动时,可以把这张卡解放让那个发动无效并破坏。这个效果适用的回合的结束阶段时,为这个效果发动而解放在墓地存在的这张卡可以在自己场上特殊召唤。此外,场上存在的这张卡被破坏时,可以把自己墓地存在的1只「星尘龙」特殊召唤。

罪 星尘龙 效果怪兽 罪 星尘龙

星8/暗/龙/攻2500/守2000

这张卡不能通常召唤。从自己的额外卡组把1只「星尘龙」从游戏中除外的场合才能特殊召唤。名字带有「罪」的怪兽在场上只能有1只表侧表示存在。只要这张卡表侧表示存在,自己的其他怪兽不能攻击宣言。没有场地魔法卡表侧表示存在的场合这张卡破坏。只要这张卡在场上表侧表示存在,表侧表示存在的场地魔法卡不会被效果破坏。