1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名   No.30 破灭之酸液石人
日文名   No.30 破滅のアシッド·ゴーレム
其它译名或简称   酸雾石人
英文名   Number 30: Acid Golem of Destruction
属性   Water
卡片种族   岩石Rock 岩石
星数/阶级 3
卡片种类   XYZ怪兽Monster·Xyz エクシーズモンスター
卡片密码   81330115
ATK   3000
DEF  3000
XYZ:3星怪兽×2。自己的准备阶段时,把这张卡1个XYZ素材取除或自己受到2000分伤害。这张卡的XYZ素材没有的场合,这张卡不能攻击。只要这张卡在场上存在,自己不能把怪兽特殊召唤。
2 Level 3 monstersDuring each of your Standby Phases: Detach 1 Xyz Material from this card, OR take 2000 damage. If this card has no Xyz Materials, it cannot attack. While this card is face-up on the field, you cannot Special Summon.
レベル3モンスター×2 自分のスタンバイフェイズ時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除くか、自分は2000ポイントダメージを受ける。このカードのエクシーズ素材がない場合、このカードは攻撃できない。このカードがフィールド上に存在する限り、自分はモンスターを特殊召喚できない。
罕见度  金字UR
卡包   VJMP
效果种类   LP伤害 攻击限制 XYZ相关 
[No.30 破灭之酸液石人]

[2011/08/29]

●自己的准备阶段时,把这张卡1个XYZ素材取除或自己受到2000分伤害。
◇诱发效果(进入连锁)。
◇强制发动。
◇效果处理时选择是取除一个XYZ素材或是受到伤害。
◇这张卡没有XYZ素材时这个效果发动的场合,可以对应将「地狱的冷枪/地獄の扉越し銃」发动。有XYZ素材的场合则不可以发动。
●这张卡的XYZ素材没有的场合,这张卡不能攻击。
◇永续效果(不进入连锁)。
●只要这张卡在场上存在,自己不能把怪兽特殊召唤。
◇永续效果(不进入连锁)。
Vジャンプ(2011年10月号) 付属カードで登場した水属性・岩石族のエクシーズモンスター。自分のスタンバイフェイズにエクシーズ素材を取り除かなければダメージを受ける誘発効果、エクシーズ素材がない場合攻撃できず、フィールドに存在するだけで自分の特殊召喚を封じる2つの永続効果を持つ。
 縛りのないレベル3モンスター2体という召喚条件の中では規格外のステータスを持つエクシーズモンスターだが、代償として3種類ものデメリットを抱えている。1度目のスタンバイフェイズは問題ないが、それ以降のスタンバイフェイズでは2000ポイントのダメージを受けて攻撃するか、もしくはそのターンはダメージを回避する代わりに以後攻撃を放棄するかを選択することになる。後者を選んだ場合、次のターンからは攻撃もできず2000ポイントのダメージも受けざるを得ないという過酷な状況に陥るため、2つ目のエクシーズ素材は慎重に取り除く必要がある。
 このカードの最大の問題は、相手がこのカードを放置してきた場合にデメリットで文字通り破滅に追い込まれかねないこと。ダメージによってライフ・アドバンテージを失い、特殊召喚不可のデメリットによって後続のモンスターの展開を阻害される。そのためこのカードを使用する場合には、不要になったこのカードを処理する手段を用意しておくべきであろう。しかし特殊召喚不可の効果を持つため、融合素材や特殊召喚モンスターのリリースといった方法での処理がことごとく不可能である点が厄介。フィールド上のモンスターをコストとするカードやアドバンス召喚できる上級モンスター、コントロール転移カードを用意しておきたい。【フィフティ・フィフティ】軸の【伝説の都 アトランティス】では、《水霊術-「葵」》や《氷帝メビウス》、《海竜-ダイダロス》などを無理なく搭載でき、レベルの面でもエクシーズ召喚しやすく、《レベル制限B地区》等のロックにも引っ掛からないため活用しやすい。
 同条件で出せるエクシーズモンスターには《No.17 リバイス·ドラゴン》が存在する。あちらはこのカードより1ターン遅れるものの同じ攻撃力3000を獲得でき、デメリットもこのカードほど大きくない。また、単純に《ダーク·アームド·ドラゴン》等を倒したいだけなら、《弦魔人ムズムズリズム》や《発条機雷ゼンマイン》も存在する。しかしこのカードは、そうした厄介なモンスターを処理しつつも3000の攻撃力で居座れるため、相手の場に大型モンスターが並んでいるピンチの状況でも切り抜けやすい。また、《スキルドレイン》に対して滅法強く、《神光の宣告者》も突破できるなど、様々な場面で役立つカードと言えよう。
 コントロール転移することで、相手にこれらのデメリットを押し付けることもできる。エクシーズ素材を使い切った後で送りつければ、このカードのステータスを無意味にしてデメリットだけを押し付けられ、効果発動のタイミングから相手は高確率で2000ダメージを受けることになる。先述の通りこのカードはコントローラー側では処理しづらいので、相手の場に維持するのも比較的容易。《生贄封じの仮面》等でリリースを封じれば、多くのデッキでは対処手段が全体除去に巻き込む、《強制脱出装置》を使う程度にまで減少する。また、マイナーな属性と種族なので、フィールド上をこのカードだけにして《群雄割拠》や《御前試合》を用いればかなりの拘束力を発揮する。これら属性・種族には展開力に優れたモンスターも存在するのでこちらも同じタイプのデッキを用いれば、《溶岩魔神ラヴァ·ゴーレム》等と違い既に発動済みであったとしても邪魔になり難い。
 送りつけを狙う場合、《バハムート·シャーク》による特殊召喚が有効。エクシーズ素材が無い状態で特殊召喚されるため、このカードをエクシーズ召喚して素材を取り除くよりも手間が省ける。《バハムート·シャーク》を採用するデッキにこのカードとともに《強制転移》を忍ばせておくと勝ち筋が増やせるだろう。
エクシーズ素材を取り除くか効果ダメージを受ける効果は誘発効果、残り2つの効果は永続効果である。
このため、全てのデメリットを《スキルドレイン》で帳消しにする事もでき、攻撃力3000の大型モンスターとして活用できる。
ただし、《スキルドレイン》と相性の良いレベル3のモンスターはあまりいないので、【スキルドレイン】では最初から《神獣王バルバロス》を使った方が良いだろう。
あるいは、単体でも比較的扱いやすい《愚鈍の斧》を使うという手もある。
《ソロモンの律法書》や《禁じられた聖杯》等で、一時的に延命が可能。
あくまで一時的でしかないのだが、後者は汎用性の高いカードなのが救いか。
元々の攻撃力が高い岩石族なので、同じエクシーズモンスターの《ジェムナイト·パール》ともども、墓地に置かれた後は《E-HERO ダーク·ガイア》 の融合素材としても活用できる。
残念ながら《ダーク·フュージョン》で除去することはできないが、《激流葬》や《ブラック·ホール》から《ダーク·コーリング》できれば超攻撃力での直接攻撃を決められる。
《マテリアルドラゴン》と併用した場合、このカードは強力なライフゲイン効果を持つ大型アタッカーへと変貌する。
カード名の「30」、ランク3、攻撃力・守備力が3000、3重のデメリット、「アシッド=酸(さん)」と「3」を思わせる要素が多い。
「コントローラーにダメージ」・「攻撃力3000」・「ゴーレム」と、《溶岩魔神ラヴァ·ゴーレム》を彷彿とさせるカードである。
アニメでも同様に相手の場でデメリット効果を発動して威力を発揮した。
初の水属性・岩石族のモンスターである。
OCG化されていないカードも含めれば、アニメ5D`sで登場し、TAG FORCE 4以降はゲーム内のデュエルで使用できるようになっている《水晶ドクロ》が存在する。
右足に自身のナンバーである「30」が書かれている。
ゴーレムについては《破壊のゴーレム》を参照。
原作・アニメにおいて―
アニメZEXALの「凌牙vsカイト」戦においてカイトが使用。
《フォトン·リザード》2体をエクシーズ素材にエクシーズ召喚され、直後に《スプラッシュ·キャプチャー》によってコントロール奪取された。
しかしこれはカイトの計算の内であり、カイトの魔法カード《強制解放》(《スペース·サイクロン》を参照)でエクシーズ素材を取り除かれた事で、凌牙のターンに凌牙へ効果ダメージを与えた上で凌牙の攻撃も封じた。
さらに、カイトのターンに《銀河眼の光子竜》の攻撃を受けて自壊、その際のダメージで凌牙のライフポイントを0にした。
その後、WDC準決勝でカイトがトロンに敗北した際、他の全てのNo.と共にトロンに回収された。
WDC決勝の「遊馬vsトロン」戦ではトロンが使用。
フィールド魔法《スフィア・フィールド》の効果により《紋章獣アバコーンウェイ》と《紋章獣レオ》をエクシーズ素材としてエクシーズ召喚された。
《No.12 機甲忍者クリムゾン·シャドー》を攻撃してエクシーズ素材を消費させたが、返しのターンに魔法カード《エクシーズ・トライアングル・フォース》によって破壊された。
攻撃名は「アシッド・スプラッシュ」。
モンスターカプセルGBの《ダンジョン·ワーム》の攻撃名と同じである。
アニメではエクシーズ素材が光属性に限定されており、OCG同様のエクシーズ素材を取り除かないとダメージを受ける効果とエクシーズ素材が無い状態で攻撃できない効果に加え、エクシーズ素材が存在しない場合に攻撃を受けた場合破壊され、コントロールしていたプレイヤーに2000ポイントダメージを与える効果があった。
この効果の代わりに、モンスターを特殊召喚できないデメリットはなかった。
カイト曰く「自滅のナンバーズ」。
カイトはこれらのデメリットを「呪い」と評しており、この表現はこのカードが同梱されていたVジャンプでも使用されている。
カイトが初めて使用した光属性以外のモンスターである。
公式サイトの「モンスター・エクシーズ図鑑」では光属性であるとされていたが、現在は水属性に訂正されている。
しかし、データ放送のモンスター図鑑では未だ光属性である。
エクシーズ召喚された直後は、酸の詰まったガラスケースが集まったテトラポットの様な形をしており、変形してゴーレムの姿を現した。
また、全身から紫色の酸液を垂れ流しており、酸のかかった学校の床が(ARビジョンではあるが)溶解する様子が見られる。
OR再生 通常魔法 OR再生

选择场上存在的1只XYZ怪兽才能发动。把这张卡在选择的怪兽下面重叠作为XYZ素材。