1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名 武神帝-迦具土
日文名 武神帝-カグツチ
英文名 Bujintei Kagutsuchi
属性 Light
卡片种族 兽战士Beast-Warrior 獣戦士
星数/阶级 4
卡片种类 XYZ怪兽Monster·Xyz エクシーズモンスター
卡片密码 01855932
ATK 2500
DEF 2000
XYZ:兽战士族4星怪兽×2。这张卡XYZ召唤成功时,从自己卡组上面把5张卡送去墓地。这张卡的攻击力上升这个效果送去墓地的名字带有「武神」的卡数量×100的数值。此外,自己场上的名字带有「武神」的兽战士族怪兽被战斗或者卡的效果破坏的场合,可以作为那1只破坏的怪兽的代替而把这张卡1个XYZ素材取除。「武神帝-迦具土」在自己场上只能有1只表侧表示存在。
2 Level 4 Beast-Warrior-Type monsters When this card is Xyz Summoned: Send the top 5 cards of your Deck to the Graveyard, also this card gains 100 ATK for each "Bujin" card sent to the Graveyard by this effect. If a Beast-Warrior-Type "Bujin" monster(s) you control would be destroyed by battle or by a card effect, you can detach 1 Xyz Material from this card instead of destroying 1 of those monsters. You can only control 1 "Bujintei Kagutsuchi".
獣戦士族レベル4モンスター×2 このカードがエクシーズ召喚に成功した時、 自分のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。 このカードの攻撃力は、この効果で墓地へ送った 「武神」と名のついたカードの数×100ポイントアップする。 また、自分フィールド上の「武神」と名のついた獣戦士族モンスターが 戦闘またはカードの効果によって破壊される場合、 その破壊されるモンスター1体の代わりに このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事ができる。 「武神帝-カグツチ」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
罕见度 金字UR,立体UTR
卡包 SHSP(806)
SHADOW SPECTERSで登場した光属性・獣戦士族のエクシーズモンスター。
 獣戦士族の武神の1体であり、エクシーズ召喚時にデッキトップから5枚のカードを墓地へ送り自己強化する誘発効果と、自分フィールド上の武神が破壊される場合エクシーズ素材を身代わりにできる永続効果を持つ。
 《武神帝-スサノヲ》とは異なり、エクシーズ素材は獣戦士族を指定している。
 【武神】で使われる獣戦士族では《武神-ミカヅチ》や《ビビット騎士》が自身を特殊召喚する効果を持つが、これらは他の獣戦士族と入れ替わりに特殊召喚されるため、2体並べるのにはあまり向いていない。
 手札消費は荒くなるが、《炎舞-「天枢」》を使うのが一番手っ取り早いだろう。
 効果に汎用性があるので、【武神】以外の獣戦士族を用いるデッキでも採用を検討できる。
 墓地を肥やす効果は、自己強化の他にも墓地で効果を発揮するカードのサポートにつながる。
 墓地で発動する獣族の武神器はもちろん、《剣現する武神》などの発動も容易になる。
 また、自己強化は武神の名を持つ魔法・罠カードもカウントするため、攻撃力上昇値の期待値も高めではある。
 しかし、墓地へ送るカードはランダムなので不確定要素が強く、場合によってはただデッキを削るだけで終わる事もあるため、デッキ圧縮狙いでも安定性は高くない。
 獣戦士族武神の破壊を防ぐ効果は自身にも適用されるため、単体でも2回の耐性を持ったモンスターとして使える。
 破壊以外の除去には無力な落とし穴があるが、対象を取る効果なら《武神器-ヘツカ》で対処可能なので、簡単に突破されることは少ない。
 更に《武神-ヤマト》や《武神帝-スサノヲ》を守れば、武神器を手札や墓地に安定供給する事が可能になる。
 しかし、他の獣戦士族武神はそうそう並ばないため、基本的に自身を守るために使うことになるだろう。
 効果自体はそれなりに強力ではあるが、上記の通りどちらの効果も確実なアドバンテージには繋がりにくい。
 《武神帝-スサノヲ》と比べても、武神器をエクシーズ素材にできない関係で出せるタイミングはかなり限られており、稼げるアドバンテージもそちらの方が上である。
 【武神】は《武神-ヤマト》を守って武神器を確保するデッキで、エクシーズ召喚は獣戦士族以外がからみやすい。
 自身の効果を最大限に活かせる状況は少ないので、狙って出さずに状況が整った時の駄目押しが無難な使い方だろう。
ザ・ヴァリュアブル・ブック16によると、《武神帝-スサノヲ》の盟友であり、彼が追放された際にはその身を案じて《武神-ミカヅチ》として地上に降りた。
そこで惨状を目の当たりにし、再会した《武神帝-スサノヲ》から話を聞いてからは彼と共に行動するようになった。
元ネタは《火之迦具土》と同じであり、こちらは日本書紀における呼称「軻遇突智(かぐつち)」を名前に使用している。
迦具土が伊邪那岐神(いざなぎのみこと)に天之尾羽張(あめのおはばり)で首を切り落とされた際に岩に飛び散った血から生まれたのが建御雷神(たけみかづち)であるが、OCGでも両者の外見には共通点が見られる。