1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名 No.59 背反的料理人
日文名 No.59 背反の料理人
英文名 Number 59: Crooked Cook
属性 Fire
卡片种族 战士Warrior 戦士
星数/阶级 4
卡片种类 XYZ怪兽Monster·Xyz エクシーズモンスター
卡片密码 82697249
ATK 2300
DEF 2000
4星怪兽×2 ①:自己场上只有此卡时,此卡不会受其他卡的效果的影响。 ②:1回合1次,可以去除此卡一个超量素材后发动效果,破坏自己场上此卡以外的所有卡片,然后直到回合结束为止,此卡的攻击力上升由于此效果被破坏并送去墓地的怪兽的数量×300的数值。此效果在对方的回合中也可以发动。
2 Level 4 monsters While you control no other cards on the field, this card is unaffected by other cards’ effects. Once per turn, during either player’s turn: You can detach 1 Xyz Material from this card; destroy as many other cards you control as possible, then this card gains 300 ATK until the end of this turn for each monster destroyed by this effect and sent to the Graveyard.
レベル4モンスター×2 ①:自分フィールドのカードがこのカードのみの場合、このカードは他のカードの効果を受けない。 ②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 このカード以外の自分フィールドのカードを全て破壊する。 その後、このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊され墓地へ送られたモンスターの数×300アップする。 この効果は相手ターンでも発動できる。
罕见度
卡包 CPF1
①:自己场上的卡只有这张卡的场合,这张卡不受其他卡的效果影响。
◇永续效果
◇自己场上存在的卡只有这张卡才适用(有里侧表示的怪兽或魔法·陷阱也不符合条件)
◇这张卡有XYZ素材也适用
◇效果适用中,自己发动《破天荒な風/破天荒之风》指定这张卡,效果处理中,这个效果不适用,这张卡攻击力·守备力上升;效果处理完后《破天荒な風/破天荒之风》送去墓地,这个效果适用,上升数值仍适用

②:1回合1次,把这张卡1个XYZ素材取除才能发动。这张卡以外的自己场上的卡全部破坏。那之后,这张卡的攻击力直到回合结束时上升这个效果破坏送去墓地的怪兽数量×300。这个效果在对方回合也能发动。
◇诱发即时效果
◇不取对象
◇伤害步骤不能发动
◇取除是COST
◇破坏和上升攻击力不是同时处理
◇是否怪兽在墓地判断
◇破坏衍生物不会上升攻击力(因为没有送去墓地)
◇效果处理时,这张卡变成里侧表示,破坏效果正常处理,攻击力上升处理不适用。因此破坏效果处理完毕即为效果处理完毕
コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場した炎属性・戦士族のエクシーズモンスター。
 特定条件下で効果耐性を得る永続効果、自分フィールドに限った全体除去を行い、その中のモンスターの数に比例した自己強化を行う誘発即時効果を持つ。
 (1)の効果は一切の効果を受けない耐性であり、エクシーズ素材の有無も関係ない上に条件を満たすのも容易。
 しかし、耐性を得たところで攻撃力がさほど高くはないため、戦闘破壊される可能性が高い上に他のカードで補助もできない。
 基本的には、(2)の効果との併用が前提となる。
 《イージーチューニング》を使えば永続的な強化が可能で、《ライフ・ストリーム・ドラゴン》を除外できれば《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》でも突破できなくなる。
 (2)は自分フィールドの全体除去と自己強化。
 この効果で他のカードがなくなれば(1)の耐性に繋がり、自己強化によって場持ちも多少良くなる。
 もっとも、強化の倍率が低い上、ペンデュラムモンスター、トークン、魔法・罠カードが勘定に入らないため、自己強化効果としては明らかに使いにくい。
 《精神操作》等で相手モンスターをコントロール奪取して全体除去に巻き込んだ場合は自己強化に繋がりメリットとなる。
 このカードの利点は、効果破壊をトリガーとするカードをフリーチェーンで破壊できる点にある。
 幸い、同じ炎属性には破壊によってメリットを得られる炎王が存在している。
 《炎王神獣 ガルドニクス》などの除外やデッキバウンスに弱いモンスターを守るために併用してみるのも良いだろう。
 エクシーズ素材には縛りはないため、《炎王獣 バロン》や《炎王獣 ヤクシャ》以外に展開しやすいレベル4を少数積んでおけばエクシーズ召喚は容易い。
 (2)の破壊に《炎王の孤島》を巻き込んでも、このカードはそのデメリットを受けない点でも相性が良い。
 同じ素材で出せ、【炎王】で似た役割ができる《恐牙狼 ダイヤウルフ》と比べると、相手のカードを除去できない代わりに、フリーチェーンである点とこのカードがフィールドに残る点で長ずる。
 《ゴブリンのやりくり上手》にチェーンし、ドローできる枚数を増やすといったこともできる。
 その他のこのカードの利点としては、《真炎の爆発》に対応するNo.である事が挙げられる。
 《SNo.0 ホープ・ゼアル》や《No.100 ヌメロン・ドラゴン》を狙いたい場合には、《真炎の爆発》でこのカード複数枚を蘇生させれば、それらのエクシーズ召喚を補助できる。
 ただし、《真炎の爆発》と上記のエクシーズモンスターに直接のシナジーはないため、それらのエクシーズ召喚に特化して組む必要がある。
(1)の効果は自身以外のカードが存在している間は適用されない。
魔法・罠カードは基本的に効果処理が終わるまで墓地へ送られないので、(1)の効果が適用されていない間に効果処理することになる。
このカードしか存在しない時に《突進》を使った場合、このカードを強化し、効果解決後に(1)の耐性を適用することができる。
逆に《ブラック・ホール》などの効果に対し耐性を発揮することができない状況も発生するが、この場合、チェーンして(2)の効果を使えば効果処理時にカードが存在しなくなり、耐性を適用できる。
火炎放射器を背負った料理人、と言った風貌であり、カード名は韻を踏んだものとなっている。
(2)の効果を見るに、自分フィールドのモンスターを食材に見立てて自己強化に当てているのだろうか。
また、自分フィールドのカードのみを破壊するのは一見するとディスアドバンテージになるが、この行為がプレイヤーに対する「背反」なのだろう。
デメリットを持つ「コック」モンスターは過去にも《悪魔の調理師》が存在している。
英語名の「Crooked」は「歪んだ」という意。
緩い条件で完全な効果耐性を持つカードながら、蘇生等に制限が無く、何度も使いまわすことが可能。
イラストでは、帽子に自身のナンバーである「59」が描かれている。
また、意図されたものかは不明だが、このカードの情報が公式Twitter上で公開されたのは5月9日であり、奇しくもこのカードの数字と一致する。