1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名 零鸟兽 水风女精
日文名 零鳥獣シルフィーネ
英文名 Ice Beast Zerofyne
属性 Water
卡片种族 鸟兽Winged-Beast 鳥獣
星数/阶级 4
卡片种类 XYZ怪兽Monster·Xyz エクシーズモンスター
卡片密码 86848580
ATK 2000
DEF 2200
XYZ:鸟兽族4星怪兽×2。1回合1次,把这张卡1个XYZ素材取除才能发动。对方场上表侧表示存在的全部卡的效果无效,这张卡的攻击力上升这张卡以外的场上表侧表示存在的卡数量×300的数值。这张卡的效果直到下次的自己的准备阶段时适用。
2 Level 4 Winged Beast-Type monsters Once per turn: You can detach 1 Xyz Material from this card; negate the effects on the field of all face-up cards your opponent currently controls, and if you do, this card gains 300 ATK for each card currently face-up on the field, except this card. These changes last until your next Standby Phase.
鳥獣族レベル4モンスター×2 1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。 相手フィールド上に表側表示で存在する全てのカードの効果を無効にし、 このカードの攻撃力はこのカード以外の フィールド上に表側表示で存在するカードの数×300ポイントアップする。 このカードの効果は次の自分のスタンバイフェイズ時まで適用される。
罕见度 面闪SR
卡包 LTGY(804)DP15
LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した水属性・鳥獣族のエクシーズモンスター。エクシーズ素材1つを取り除くことで相手フィールド上の全てのカードの効果を無効にし、フィールドの自身を除くカードの数×300の自己強化を行う効果を持つ。
 エクシーズ素材は鳥獣族に限定されているが、鳥獣族中心のデッキである【ハーピィ】や【BF】ならばエクシーズ召喚は比較的容易。【紋章獣】にも鳥獣族が存在するため、墓地を肥やせば《高等紋章術》1枚から出せる。【霞の谷】では《BF-精鋭のゼピュロス》や《ミスト·コンドル》等を経由して《霞の谷の神風》で鳥獣族をリクルートするのも有効だろう。また【ドラグニティ】においても《風の精霊 ガルーダ》や《BF-精鋭のゼピュロス》を用いる事で使用できる。
 自己強化及び無効化はどちらも自分のスタンバイフェイズで切れるが、ロックカードを無視して攻撃したり、攻撃力が効果に依存するモンスターを相手にした場合では大きなダメージを見込める。また、自己強化はフィールドに表側表示で存在するカードの枚数を参照するので、フィールド上に永続魔法・永続罠やフィールド魔法が存在すればその分強化される。この為、【ハーピィ】や【BF】、【ドラグニティ】等の永続魔法やフィールド魔法を使用するデッキでは高打点を期待できる。【炎星】に対しては炎舞による強化を無効にしつつこちらの攻撃力を大幅に上げることができるので特に相性がいい。しかし、伏せカードには対応しておらず、《スキルドレイン》にも無力。素の打点は決して高くは無い為《エフェクト·ヴェーラー》も天敵である。
 ランク4ながら素早く3000以上の攻撃力を出せるため、アタッカーとしても強力。トークンを展開しておくのも手か。
無効化の範囲は相手フィールドのみだが、自己強化は自分フィールドを含む全ての表側表示カードを数える点に注意。
初の水属性・鳥獣族のモンスターの1体であり、初の鳥獣族のエクシーズモンスターでもある。
原作・アニメにおいて―
アニメZEXALII(セカンド)の「璃緒vs愛華」戦にて璃緒が使用。
《ブリザード·ファルコン》と《オーロラ·ウィング》をエクシーズ素材としてエクシーズ召喚される。
効果を発動して《CX激烈華戦艦タオヤメ》を弱体化させた。
攻撃時に速攻魔法《花裁き》を発動され返り討ちにされそうになるものの、速攻魔法《絶対零度》により攻撃力が0になった《CX激烈華戦艦タオヤメ》を戦闘破壊してフィニッシャーとなった。
また、バリアンに洗脳された生徒達に対しても使われていた。
攻撃名は「アイス・レイ」、効果名は「パーフェクトフリーズ」。
アニメでは無効化効果の範囲がこのカード以外の自分のフィールドも含まれ、相手モンスター1体の攻撃力を無効化したカードの枚数×300ポイント下げる効果になっており、効果の継続は次の自分のターンまでとなっていた。
OCGでは効果の継続が次の自分のスタンバイフェイズまでになった代わりに、無効化の範囲が相手のみ、弱体化が自己強化に変更されており、総じて使い勝手はよくなっている。