1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名 科技属 超图书馆员
日文名 TG ハイパー·ライブラリアン
英文名 T.G. Hyper Librarian
属性 Dark
卡片种族 魔法师Spellcaster 魔法使い
星数/阶级 5
卡片种类 同调怪兽Monster·Synchro シンクロモンスター
卡片密码 90953320
ATK 2400
DEF 1800
同调:调整+调整以外的怪兽1只以上。这张卡在场上表侧表示存在,自己或者对方同调召唤成功时,从自己卡组抽1张卡。
1 Tuner + 1 or more non-Tuner monsters Each time a Synchro Monster is Synchro Summoned, draw 1 card.
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上 このカードがフィールド上に表側表示で存在し、自分または相手がシンクロ召喚に成功した時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
罕见度 金字UR
卡包 WJMP其他
[科技属 超图书馆员]
<TG ハイパー·ライブラリアン>
[10/12/16]

●这张卡在场上表侧表示存在,自己或者对方同调召唤成功时,从自己卡组抽1张卡。
◇诱发效果(进入连锁)。
◇强制发动。
◇这张卡自身的同调召唤成功时,这个效果不发动。
◇效果处理时这张卡不在场上表侧表示存在的场合,这个效果不适用。
◇因起动效果不能连锁此效果,所以此卡效果适用的场合自己或者对方同调召唤成功时,不能行使优先权发动怪兽的起动效果。
◇由于「紧急同调/緊急同調」「方程式同调士/フォーミュラ·シンクロン」的效果而进行的同调召唤的场合,只要在效果处理的同调召唤时这张卡在场上表侧表示存在,效果逆算完后这张卡效果另开连锁发动。
(接上)同一条连锁上有复数张「紧急同调/緊急同調」等卡的发动,进行复数次同调召唤的场合,这张卡的效果复数次发动。
週刊少年ジャンプ(2011年2号) 付属カードで登場した闇属性・魔法使い族のシンクロモンスター。シンクロモンスターがシンクロ召喚に成功した時にドローする誘発効果を持つ。
 他のモンスターがシンクロ召喚に成功した時にドローする効果を持つため、シンクロ召喚を多用するデッキと相性が良い。ドローによってシンクロ召喚の消費を回復でき、更なるシンクロ召喚への足がかりとすることができる。特に《フォーミュラ·シンクロン》とは相性が良く、《フォーミュラ·シンクロン》のシンクロ召喚で1枚、自身の効果で1枚、更なるシンクロ召喚で1枚と大量ドローを行うことが可能である。ただし、モンスター効果の性質上、フィールドにモンスターを並べる必要があるため、シンクロ召喚を行う前に《激流葬》で全てのモンスターを除去されると大きなディスアドバンテージになるので注意が必要である。
 相手のシンクロ召喚時にも適用されるが、相手のデッキに依存するため、【E・HERO】等では効果を発動することすらできない。シンクロ召喚を行うデッキが相手でも、ドローされることを知りながらシンクロ召喚することは当然誰もが避けたいので、可能であればシンクロ召喚する前に《地砕き》等でこのカードを除去してくるだろう。無論、必ずしもその手段が相手にあるとは限らず、特に相手がシンクロモンスターに除去を頼っているデッキならば、ドロー効果を発動できるチャンスも十分にある。どちらにせよ、相手のシンクロ召喚を牽制することができるので、相手のシンクロ召喚でドローできればラッキーくらいに考えておいた方が良いだろう。
 シンクロ素材を指定していないシンクロモンスターであり、大量ドローの可能性を孕む強力なカードである。同じく効果が強力な《A·O·J カタストル》と並び、2枚体制で採用されることが非常に多い。また、ドロー効果を除いたこのカードの利点としては、《A·O·J カタストル》の効果では破壊できない《カオス·ソーサラー》等の闇属性対策として使用できる点や《キメラテック·フォートレス·ドラゴン》で除去されない点がある。同じレベル5に同攻撃力の《マジカル·アンドロイド》が存在するが、どちらを採用するかは戦略・属性・種族から決定すると良いだろう。
魔法使い族のシンクロモンスターで、シンクロ素材に縛りがないモンスターはこのカードが初である。
上記の通りシンクロ召喚は難しくないため、《魔法族の里》によるロックが破られやすくなった。
その代わり下記の通り、魔法使い族のシンクロモンスターを必要とする戦略が非常に安定して実行できるようになった。
《ジャンク·シンクロン》で《シンクロ·フュージョニスト》を蘇生しこのカードをシンクロ召喚、《シンクロ·フュージョニスト》の効果で《ミラクルシンクロフュージョン》を加えればそのまま《覇魔導士アーカナイト·マジシャン》へと繋げることができる。
同じく《ジャンク·シンクロン》で《マジキャット》を蘇生してこのカードをシンクロ召喚することもできるので、墓地の魔法カードを簡単に使いまわすことができる。
また、このカードをシンクロ召喚後レベル2チューナーを用いれば《アーカナイト·マジシャン》をシンクロ召喚することも可能。
相手がこのモンスターをシンクロ召喚してくる場面も多いため、《超融合》で《覇魔導士アーカナイト·マジシャン》を出し易くなったとも取れる。
近年登場したシンクロモンスターの中では珍しく、多くのエクストラデッキで必須カード扱いとなっていた。
シンクロ素材の指定が無いレベル5シンクロモンスターでは最も攻撃力が高い事に加え、複数場に出すことにより爆発力が大きく向上するため他のレベル5シンクロモンスターよりも優先されることが多かった。
当然ながら【シンクロ召喚】においては展開の起点として猛威を振るい、シンクロ召喚の抑制のためもあってか、11/09/01の制限改訂で相性の良い《フォーミュラ·シンクロン》共々制限カードとなった。
自分のフィールドにこのカードと《マジキャット》とレベル3~5のチューナーが存在し、《シンクロキャンセル》が手札または墓地に存在する場合、無限ループを発生させることが可能。
《マジキャット》とチューナーで魔法使い族のシンクロモンスターをシンクロ召喚する。
フィールドに元から存在していた《TG ハイパー·ライブラリアン》の効果にチェーンして《マジキャット》の効果を発動する。
《マジキャット》の効果で《シンクロキャンセル》をデッキトップに置く(手札にある場合は省略可)。
《TG ハイパー·ライブラリアン》の効果でドローする。
《シンクロキャンセル》で、シンクロ召喚した魔法使い族モンスターをエクストラデッキに戻し、シンクロ素材モンスターを特殊召喚する。
1に戻る。
シンクロ召喚する魔法使い族シンクロモンスターが《アーカナイト·マジシャン》なら相手フィールドを一掃でき、《マジックテンペスター》なら1ターンキルが可能。
《王立魔法図書館》を組み合わせれば無限ドローが可能。
他にも《魔法吸収》を組み合わせれば無限にライフを回復。
チューナーに《TG ジェット·ファルコン》を使用したり《コモンメンタルワールド》と組み合わせれば無限バーンで勝利もできる。
ごく限定された状況だが、相手がシンクロ召喚に長けたデッキの場合、強制ドローを利用しこちらのデッキ切れや手札破壊を狙われる危険がある。
また、ドロー自体は強力だが、完全に自分のペースでの制御はできないため、自分の手札枚数をコントロールしたいデッキやカードとの噛みあわせは難しい。
ドローは誘発効果でありチェーンが組まれるので、《天罰》等で無効にできる。
また、効果解決時にこのカードが表側表示で存在しなければドローできないため、《サンダー·ブレイク》《月の書》等で不発にすることができる。
《ブラック·ローズ·ドラゴン》をシンクロ召喚された場合も同様で、チェーンの関係上どちらが《ブラック·ローズ·ドラゴン》のシンクロ召喚時の誘発効果を発動させた場合でも、チェーン2となる《ブラック·ローズ·ドラゴン》の効果が先に処理されるため、なんらかの方法で破壊を免れない限りこのカードのドロー効果を適用することはできない。
表側表示で存在しなければ適用されないチェーンブロックを組む効果を持つカードは、この他にも《ゾンビ·マスター》等が存在する。
「ライブラリアン(librarian)」とは、英語で「司書」や「図書館職員」をさす言葉である。
一般的なTCGではデッキを「ライブラリ(=図書館)」と呼ぶこともあり、「Magic the Gathering」では「司書」や「図書館員」といえばこのライブラリに関する効果を持つのが定番である。
このカードがドロー効果を持つことも上記の理由であろうか、同様に図書館モチーフである《王立魔法図書館》もドロー効果である。
このカードの情報が初出したジャンプには、「出た!究極の切り札!」というやや大げさな垂れ込みが書かれていた。
確かに帝クラスの攻撃力とドロー効果は強力なのだが、あくまで後続への繋ぎとすべきこのカードを切り札扱いするのは若干違和感を覚える。
また、このカードが封入された袋とじに、「このカードの使い方は次のページで解説!!」と書かれているが、アニメ情報と新パック情報にスペースを取られているせいか解説されていない。
アニメで登場するカードがOCGで先行して登場するのは、近年ではアニメシリーズ移行時期のパックがほとんどであり、それ以外では珍しい。
優秀なモンスター効果を持つが、現在は絶版となっている。
とはいえ、制限カードであること、シンクロモンスターなので複数のデッキで使用する場合も1枚で使いまわしやすいこと、付属先のWJは安価なうえ大量に印刷されていることなどから、中古市場やオークションを探せば安価での入手も難しくない。
原作・アニメにおいて―
アニメ5Dsの「遊星vsアンチノミー」戦においてアンチノミーが使用。
先攻1ターン目に《TG ジェット・ファルコン WB-07》と《TG カタパルト・ドラゴン DR-08》をシンクロ素材としてシンクロ召喚された。
ドロー効果は《ジャンク·バーサーカー》と《TG ワンダー・マジシャン SCX-1000》がシンクロ召喚されたことで2回発動された。
さらに《TG ワンダー・マジシャン SCX-1000》と共に《TG ブレード・ガンナー MAXX-10000》のアクセルシンクロ召喚のシンクロ素材となった。
その後、《TG レシプロ・ドラゴンフライ INX-1100》の効果で《TG ワンダー・マジシャン SCX-1000》と共に特殊召喚され、《TG レシプロ・ドラゴンフライ INX-1100》・《TG ワンダー・マジシャン SCX-1000》と共に《TG ハルバード・キャノン MAXXX-∞》のデルタアクセルシンクロのシンクロ素材となった。
シンクロ召喚の口上は「リミッター解放、レベル5!レギュレーターオープン!スラスターウォームアップ、オーケー!アップリンク、オールクリアー!GO、シンクロ召喚!カモン、《TG ハイパー·ライブラリアン》!」。
アニメでのカード名は《TG ハイパー・ライブラリアン SCX-1100》であった。
また、破壊されるとカードを1枚ドローするアニメ版TGシンクロモンスターの共通効果があった。
自身は純粋な戦闘を行っていないが、シンクロ素材となった《TG ジェット·ファルコン》の効果により掌から本に似た波動を放ち遊星のライフを削っている。
漫画5Dsの「遊星vsクロウ」戦にて遊星が使用した罠カード《シンクロ・ライブラリー》のイラストに描かれている。
生还的宝札 永续魔法 生还的宝札

自己墓地存在的怪兽特殊召唤成功时,可以从自己卡组抽1张卡。

王立魔法图书馆 效果怪兽 王立魔法图书馆

星4/光/魔法师/攻0/守2000

只要这张卡在场上表侧表示存在,每次自己或者对方把魔法卡发动,给这张卡放置1个「魔力指示物」(最多3个)。可以把这张卡放置的3个「魔力指示物」取除,从自己卡组抽1张卡。