1 2 3 4 5
   卡片lua脚本 上页下页
中文名 爆龙剑士 点火星·日珥
日文名 爆竜剣士イグニスターP
英文名 Explosive Dragoknight Ignister Prominence
属性 Fire
卡片种族 Dragon ドラゴン
星数/阶级 8
卡片种类 同调怪兽Monster·Synchro シンクロモンスター
卡片密码 18239909
ATK 2850
DEF 0
调整+调整以外的灵摆怪兽1只以上 ①:1回合1次,以场上1只灵摆怪兽或者灵摆区域1张卡为对象才能发动。那张卡破坏,选场上1张卡回到持有者卡组。 ②:1回合1次,自己主要阶段才能发动。从卡组把1只「龙剑士」怪兽守备表示特殊召唤。这个效果特殊召唤的怪兽不能作为同调召唤的素材。
1 Tuner + 1 or more non-Tuner Pendulum Monsters Once per turn: You can target 1 Pendulum Monster on the field or 1 card in either player’s Pendulum Zone; destroy it, and if you do, shuffle 1 card on the field into the Deck. Once per turn: You can Special Summon 1 "Dragoknight" monster from your Deck in Defense Position, but it cannot be used as a Synchro Material.
チューナー+チューナー以外のPモンスター1体以上 ①:1ターンに1度、フィールドのPモンスター1体またはPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを破壊し、フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。 ②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「竜剣士」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはS召喚の素材にできない。
罕见度 金字UR,银碎SER,立体UTR
卡包 CORE(905)
爆龙剑士 点火星·日珥
①:1回合1次,以场上1只灵摆怪兽或者灵摆区域1张卡为对象才能发动。那张卡破坏,选场上1张卡回到持有者卡组。
◇起动效果,开连锁,取对象,在自己的主要阶段才能发动
◇可以取双方场上的表侧表示的灵摆怪兽或双方灵摆区域的卡为对象
◇选场上1张卡回到持有者卡组的效果处理不取对象,可以对怪兽衍生物或「混沌の黒魔術師(混沌的黑魔术师)」等离场时除外的怪兽适用(将衍生物消灭,将离场时除外的怪兽除外),可以对融合怪兽·同调怪兽·多维怪兽适用(将其回到持有者的额外卡组),这个效果处理时对方场上没有卡的话选自己场上的卡(包括此卡自身)
◇破坏和回到卡组视为同时处理
◇这个效果处理时对象不在场上存在或变得不会被卡的效果破坏的场合,回到卡组的效果不处理
●②:1回合1次,自己主要阶段才能发动。从卡组把1只「竜剣士」怪兽守备表示特殊召唤。这个效果特殊召唤的怪兽不能作为同调召唤的素材。
◇起动效果,开连锁,不取对象,在自己的主要阶段才能发动
◇特殊召唤成功即为这个效果处理完毕,后面的效果文字不会导致错过时点
◇这个效果特殊召唤的怪兽变成里侧表示再翻开或从场上离开后再出现在场上,可以作为同调召唤的素材
クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した炎属性・ドラゴン族のシンクロモンスター。
 ペンデュラムモンスターまたはペンデュラムゾーンのカードを破壊してフィールドのカード1枚をデッキにバウンスする効果、竜剣士モンスターを守備表示でリクルートする効果を持つ。
 チューナー以外のモンスターにはペンデュラムモンスターが指定されているため、主にペンデュラム召喚を行うデッキで採用することになる。
 (1)の効果は竜剣士を必要としないので、シンクロ召喚とペンデュラム召喚を併用する構築でなら採用の余地もある。
 (1)の効果はペンデュラムモンスターかペンデュラムゾーンのカードを破壊してフィールドのカード1枚をデッキバウンスする効果。
 バウンス効果は対象をとらずセットカードも選べるので、除去できる範囲は広い。
 破壊するペンデュラムモンスター又はペンデュラムゾーンのカードは相手フィールドのカードも選択できるため、フィールドの状況次第では大きなアドバンテージを稼げる。
 (2)の効果は竜剣士モンスターを守備表示でリクルートする効果。
 発動条件こそないが、リクルートしたモンスターはシンクロ素材にできないので、2体目のこのカードには繋げられない。
 現時点でリクルート対象は《竜剣士ラスターP》に限られ、こちらとあちら双方の制約によって実質的に各種特殊召喚の素材には使えない。
 リリース要員等にも使えなくはないが、基本的には(1)の効果の発動に繋げるのが最良か。
 一度破壊してエクストラデッキからペンデュラム召喚すれば、こちらの制約は解除でき、レベル4のペンデュラムモンスターとで2体目のこのカードを並べることも可能。
素材にペンデュラムモンスターを指定する初のカードである。
名前や属性、ペンデュラムゾーンの破壊を伴う効果等、イグナイトと共通する要素が多い。
《イグニッションP》の存在からイグナイトと竜剣士には関わりがあると思われる。
中でも武器や鎧のデザインは《イグナイト・マグナム》と酷似する要素が多いが、《竜剣士ラスターP》と組み合わせるにはレベルが一致しない。