1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名   异色眼幻影龙
日文名   オッドアイズ・ファントム・ドラゴン
英文名   Odd-Eyes Phantom Dragon
属性   Dark
卡片种族  Dragon ドラゴン
星数/阶级 7
卡片种类   效果怪兽Monster·Effect 効果モンスター
卡片密码   93149655
ATK   2500
DEF  2000
←4 【灵摆】 4→ ①:1回合1次,另一边的自己的灵摆区域有「异色眼」卡存在的场合,自己的表侧表示怪兽和对方怪兽进行战斗的攻击宣言时才能发动。那只自己怪兽的攻击力直到战斗阶段结束时上升1200。 【怪兽效果】 「异色眼幻影龙」的怪兽效果1回合只能使用1次。 ①:灵摆召唤的这张卡的攻击给与对方战斗伤害时才能发动。给与对方为自己的灵摆区域的「异色眼」卡数量×1200伤害。
Pendulum Scale = 4 [ Pendulum Effect ] Once per turn, while you control an "Odd-Eyes" card in your other Pendulum Zone, if an attack is declared involving a face-up monster you control and an opponent’s monster: You can make your battling monster gain 1200 ATK until the end of the Battle Phase (even if this card leaves the field). ---------------------------------------- [ Monster Effect ] When this attacking Pendulum Summoned card inflicts battle damage to your opponent: You can inflict 1200 damage to your opponent for each "Odd-Eyes" card in your Pendulum Zones. You can only use this effect of "Odd-Eyes Phantom Dragon" once per turn.
【Pスケール:青4/赤4】 ①:1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「オッドアイズ」カードが存在する場合、自分の表側表示モンスターが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。 その自分のモンスターの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで1200アップする。 【モンスター効果】 「オッドアイズ・ファントム・ドラゴン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。 ①:P召喚したこのカードの攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。 自分のPゾーンの「オッドアイズ」カードの数×1200ダメージを相手に与える。
罕见度  银碎SER
卡包   VJMP
效果种类   攻守上下 LP伤害 
遊戯王ARC-V 第1巻 付属カードで登場した闇属性・ドラゴン族の最上級ペンデュラムモンスター。
 自分のモンスターを強化するペンデュラム効果、戦闘ダメージを与えた時にバーンを行う効果を持つ。
 ペンデュラム効果による上昇値は1200ポイントと、強化の固定数値としては大きな部類に入る。
 強化できるモンスターには表側表示という以外は制限が無く、相手ターンでも発動可能なので、戦闘そのものを有利に進めることができる。
 戦闘ダメージを倍加させる《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》とは相性が良く、最大で2400ポイントの戦闘ダメージの上乗せができる。
 ただしもう片方のペンデュラムゾーンにオッドアイズを必要とする発動条件と、このカード自身の中途半端なスケールがネックになる。
 低スケールのオッドアイズを置いた場合はペンデュラム召喚できる範囲が著しく狭まるため、できる限り高スケールのオッドアイズを置きたい。
 モンスター効果が決まれば自身の戦闘ダメージに1200か2400もの効果ダメージを上乗せできるため、デュエル終盤ではフィニッシャーになりやすい。
 ただし高攻撃力が増えた現在では攻撃力2500はそれほど高い数値ではないため、確実に発動を狙うのならば自身の強化、相手の弱体化、こちらから的を作るなどの工夫をしたい。
 また、同名カードの発動も含めて1ターンに1度のため、複数体を並べたり連続攻撃を付与したりなどの方法で1ターンキルを狙うのは少々難しい。
 とは言え、ステータスの強化や弱体化は《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》のモンスター効果とも相性が良いので、デッキ構築に無理が生じにくいのはありがたいところ。
自身のペンデュラム効果による強化と戦闘を必要とするモンスター効果との噛み合いは良い。
このカードとスケール8のオッドアイズをペンデュラムゾーンに置いて2体目のこのカードをペンデュラム召喚すれば、双方の効果により最大で3600のダメージを追加できる。
全てのステータス及びスケールが《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》と一致している。
また、アニメARC-Vで関係性のある《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》・《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》・《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》・《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》の4体とはそれぞれ腕や顎、球体部分等共通するパーツがある。
原作・アニメにおいて―
漫画ARC-Vで遊矢が使用するエースモンスター。
初登場は「遊矢vs沢渡」戦であり、《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》・《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》からペンデュラム召喚される。
アクション魔法《伏魔殿の合わせ札I》と《伏魔殿の合わせ札II》によって強化したことで《冥帝エレボス》を戦闘破壊し、自身のモンスター効果でデュエルに勝利した。
「遊矢vs黒咲」戦では初めてペンデュラムゾーンに置かれ、続く「遊矢vs素良」戦にてペンデュラム効果を発動している。
《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》の攻撃力を1200強化することで勝利に貢献している。
攻撃名は「夢幻のスパイラルフレイム」、モンスター効果名は「幻視の力 アトミック・フォース」。
漫画でのモンスター効果はペンデュラム召喚されたターンのみ発動でき、ダメージ量はペンデュラムゾーンにいるペンデュラムモンスターの攻撃力の合計分だった。
また、ペンデュラム効果の上昇値はもう片方のペンデュラムゾーンに存在するオッドアイズの元々の攻撃力分の数値であった。
モンスター効果を初披露した時は、攻撃力1200の《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》・《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》の攻撃力の合計だったので、OCGではそれを基にした数値となっている。
同様に、ペンデュラム効果も《オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン》の攻撃力1200を参照にして、OCGでは固定化されている。
効果名は、恐らく「幻視」と「原子(アトミック)」を掛けているのだろう。