1 2 3 4 5
lua脚本 上页下页
中文名   银河眼光子龙
日文名   銀河眼の光子竜
英文名   Galaxy-Eyes Photon Dragon
属性   Light
卡片种族  Dragon ドラゴン
星数/阶级 8
卡片种类   效果怪兽Monster·Effect 効果モンスター
卡片密码   93717133
ATK   3000
DEF  2500
这张卡可以把自己场上存在的2只攻击力2000以上的怪兽解放,从手卡特殊召唤。这张卡和对方怪兽进行战斗的战斗步骤时,可以把那1只对方怪兽和这张卡从游戏中除外。这个效果除外的怪兽在战斗阶段结束时回到场上。这个效果从游戏中除外的怪兽是XYZ怪兽的场合,这张卡的攻击力上升把那只XYZ怪兽从游戏中除外时的XYZ素材数量×500的数值。
You can Tribute 2 monsters with 2000 or more ATK to Special Summon this card from your hand. When this card battles an opponent`s monster, during the Battle Step: You can banish that monster and this card; Return the banished monsters to the field when the Battle Phase ends. If the monster banished by this effect was an Xyz Monster: This card gains 500 ATK for each Xyz Material that monster had attached to it when it was banished.
このカードは自分フィールド上に存在する攻撃力2000以上のモンスター2体をリリースし、手札から特殊召喚する事ができる。このカードが相手モンスターと戦闘を行うバトルステップ時、その相手モンスター1体とこのカードをゲームから除外する事ができる。この効果で除外したモンスターは、バトルフェイズ終了時にフィールド上に戻る。この効果でゲームから除外したモンスターがエクシーズモンスターだった場合、このカードの攻撃力は、そのエクシーズモンスターをゲームから除外した時のエクシーズ素材の数×500ポイントアップする。
罕见度  金字UR,全息HR,鬼闪GHR,立体UTR
卡包   PHSW(706)DP13DBLEDP20LGB1LGB1银河光子
效果种类   卡片除外 攻守上下 特殊召唤 XYZ相关 
[银河眼光子龙]
<銀河眼の光子竜>
[2011/08/04]

●这张卡可以把自己场上存在的2只攻击力2000以上的怪兽解放,从手卡特殊召唤。
◇无种类效果(不进入连锁)。
◇没使用上述方式成功特殊召唤的这张卡也可以用其它卡的效果特殊召唤。
◇把2只攻击力2000以上的怪兽解放是召唤手续。
◇可以将里侧表示的攻击力2000以上的怪兽作为召唤手续。
●这张卡和对方怪兽进行战斗的战斗步骤时,可以把那1只对方怪兽和这张卡从游戏中除外。
◇诱发即时效果(进入连锁)。
◇任意发动。
◇可以在战斗步骤中的任何时点发动。
★一组连锁中能否复数次发动,调整中。
◇取对象效果。
◇效果处理时有其中一方的卡不在场上存在的场合,另一张卡也不会被除外。
◇效果处理时这张卡变成里侧表示的场合,效果仍然处理。
◇里侧表示的怪兽被这个效果除外的场合以里侧状态除外。
◇连锁这个效果将「魔法筒/魔法の筒」等卡发动将这张卡的攻击无效的场合,这个效果仍然处理。
◇这张卡攻击时对方发动「次元幽闭/次元幽閉」等卡时可以连锁它们的发动将这个效果发动。
◇这张卡攻击「No.39 希望皇 霍普/No.39 希望皇ホープ」时,若「No.39 希望皇 霍普/No.39 希望皇ホープ」发动其将攻击无效的效果,这个效果可以连锁其效果发动。
◇原持有者是自己的「命运女郎·莱蒂/フォーチュンレディ·ライティー」将控制权交给对方后因为这张卡的效果除外的场合,由原持有者也就是自己发动「フォーチュンレディ·ライティー」的效果。
●这个效果除外的怪兽在战斗阶段结束时回到场上。
◇与将这张卡和对方怪兽从游戏中除外是同一个效果。
◇效果处理不进入连锁。
◇不视为特殊召唤,表示形式与被除外时一致。
◇己方的怪兽因为「强制转移/強制転移」的效果将控制权交给对方后因为这张卡的效果除外的场合,在那次战斗阶段结束时回到对方场上。
◇己方的怪兽因为「敌人操纵器/エネミーコントローラー」的效果将控制权交给对方后因为这张卡的效果除外的场合,在那次战斗阶段结束时回到对方场上,之后马上回到原持有者也就是己方的场上。
◇被除外的卡有其中一张不处于被除外的状态的场合,另一张卡也不会回到场上。
◇这张卡与衍生物进行战斗并使用自身效果将自己和那个衍生物除外后,在那次战斗阶段结束时这张卡会回到场上。
●这个效果从游戏中除外的怪兽是XYZ怪兽的场合,这张卡的攻击力上升把那只XYZ怪兽从游戏中除外时的XYZ素材数量×500的数值。
◇与将这张卡和对方怪兽从游戏中除外是同一个效果。
◇效果处理不进入连锁。
◇这个效果从游戏中除外的怪兽是里侧表示的XYZ怪兽的场合,这个效果不适用。
PHOTON SHOCKWAVEで登場した光属性・ドラゴン族の最上級モンスター。攻撃力2000以上のモンスター2体をリリースして特殊召喚できる召喚ルール効果、戦闘する場合、相手モンスターと自身を除外して戻し、除外した相手がエクシーズモンスターだった場合に自己強化する一連の誘発即時効果を持つ。
 半上級モンスターだが、アタッカークラスのモンスターを2体も要する事から、かなり重い条件と言える。デメリットアタッカーや半上級モンスター、全体強化カードを使えばさほど難しくはないが、結局はアドバンス召喚に等しい消費となる。それだけの攻撃力を持つモンスターが存在するならば、大抵の場合その2体で攻撃した方がダメージ量も高くなる。
 《レスキューラビット》や《フォトン·サンクチュアリ》等、1枚で召喚条件を満たす方法は幾つか存在する為、これらの方法を利用すると良いだろう。また、無理にこの効果は狙わず、《レッドアイズ·ダークネスメタルドラゴン》や《ミンゲイドラゴン》を利用するのも手である。これらを軸とする【ドラゴン族】でも採用を検討できるだろう。
 自身と相手を除外して戦闘を回避できる効果を持ち、これを無効にされない限りは戦闘破壊されない。ただ、この攻撃力ならほとんどのモンスターを戦闘破壊できてしまうため、ステータスと噛み合っていない。よってこの効果は、「戦闘を行わない点」や「ステータスをリセットできる点」に価値を見出すべきである。《A·O·J カタストル》や《N·グラン·モール》の様な戦闘を介した除去も受けないほか、相手が《オネスト》を握っていそうな時に光属性との戦闘を回避することもできる。ステータスが変化しているモンスターや装備カードを装備したモンスターも、除外する事でリセットできる。更に、エクシーズモンスターを除外した場合はエクシーズ素材を失わせて弱体化させる事ができる。強固な耐性を持つ《ガチガチガンテツ》や《発条機雷ゼンマイン》には特に有効である。この時、自身の攻撃力も強化されるが、再度除外効果を使うとリセットされてしまう。なお、除外効果は誘発即時効果であるため、攻撃を無効にしてしまう《No.39 希望皇ホープ》に対してもチェーン発動ができる。
 さらに、相手を除外する事ではなく、自身を除外する事による利点にも注目したい。《次元幽閉》等の攻撃反応型カードを発動されても、チェーンして自身を除外すれば回避できるので、それらに対してもある程度耐性を持つと言える。ただし、相手モンスターと戦闘を行うのが発動条件のため、直接攻撃を行う際には耐性がない。無論、《強制脱出装置》等のフリーチェーンには無力で、それ以外の除去も普通に受けてしまうため過信は禁物。また、バトルフェイズ中に《異次元からの帰還》で特殊召喚すれば、再び攻撃を行う事もできる。なお、帰還した後に自身の効果で再び除外した場合は、《異次元からの帰還》との関係が絶たれるため、維持する事ができる。除外する事で《リビングデッドの呼び声》や《忍法 超変化の術》などとの関係を断ち切る事も可能である。
 また、この効果は《N·グラン·モール》等とは違い対象をとる効果である。《N·グラン·モール》の場合効果を発動し、効果解決時にどちらかのモンスターがフィールドに存在しない場合でも残った片方のモンスターは手札に戻る。これは対象をとらない効果であるが故に、どちらかがフィールドを離れていてもバウンスするモンスターを対象にとり直す事がないのである。さらに《N·グラン·モール》の効果はダメージステップで発動する効果である為、攻撃の巻き戻しで再度攻撃対象を選択するという事は起こらない。それに比べ、《銀河眼の光子竜》の場合どちらか片方が効果解決時にフィールドに存在しなければ、残った片方のモンスターは除外されない。これは対象をとる効果であるため、どちらかがフィールドを離れていれば不発になるのである。また、攻撃の巻き戻しが起きた場合、再度攻撃対象を選択し直す事で改めて除外する相手モンスターを対象にとり直す事ができる。この違い故に、《N·グラン·モール》等とは違い対象をとる効果に耐性を持つモンスター相手には無力である。
フォトンと名がつくため、《ツイン·フォトン·リザード》の融合素材とする事ができる。
そして、《ツイン·フォトン·リザード》の効果を発動すれば、実質コストが《融合》1枚で、《銀河眼の光子竜》を最大2体まで並べる事ができる。
総攻撃力は6000に達するのでそこにサポートを加えれば1ターンキルも視野に入る。
《ブラック·ガーデン》の影響下で攻撃力を即座に戻せる希少なモンスター。
自身の効果による特殊召喚は難しくなるが、ローズ・トークンを消滅させつつステータスを戻せるので相性は良い。
他には、《ゼータ·レティキュラント》や《ゼロ·フォース》等とのコンボも考えられる。
除外したモンスターのどちらかがバトルフェイズ中に除外された場所を離れていても、もう一方は除外から戻る事ができる。
《異次元からの埋葬》を使用して除外したモンスターを墓地へ送ることにより、除去として機能する。
レベル・属性・種族を含め全てのステータスが《青眼の白龍》と同じであり、カード名や後述の攻撃名も類似している。
《青氷の白夜龍》と同様に、《青眼の白龍》を意識してデザインされたと思われる。
WJでは「エクシーズモンスターの素材を取り除く宇宙最強の恐るべきドラゴン!」と大々的にアピールしていた。
2011年に開催されたはじめて教室では、このカードのイラストが描かれた下敷きが配布された。
原作・アニメにおいて―
ZEXALにて天城カイトの使用するエースモンスター。
アニメでの初使用は「カイトvs犯人」戦。
《No.56 ゴールドラット》を攻撃してフィニッシャーとなった。
漫画・アニメZEXALの「遊馬vsカイト」戦では《No.20 蟻岩土ブリリアント》と《No.10 白輝士イルミネーター》をリリースして特殊召喚される。
アニメでは《No.39 希望皇ホープ》の攻撃対象となった際に効果を発動し、2つのエクシーズ素材により攻撃力を1000ポイント上げた。
さらに《光子化》(漫画版では《反射光子流》)の効果を受け攻撃力をさらに2500ポイントアップさせ攻撃力を6500までアップさせた。
「凌牙vsカイト」戦では《No.30 破滅のアシッド·ゴーレム》(アニメ仕様)を攻撃して自壊させ、デュエルの決め手となった。
「アストラルvsカイト」戦では《CNo.39 希望皇ホープレイ》によって初めて戦闘破壊され、罠カード《フォトン・ショック》の発動トリガーとなった。
「遊馬&カイトvsIV(フォー)&III(スリー)」戦と「カイトvsV(ブイ)」戦では、《超銀河眼の光子龍》のエクシーズ素材となった。
攻撃名は「破滅のフォトン・ストリーム」。
このカードの特殊召喚条件を満たす為、カイトは様々な方法でモンスターを用意している。
初回の《No.20 蟻岩土ブリリアント》の効果使用を始め、「アストラルvsカイト」戦では《フォトン・スピア》を装備した《フォトン·レオ》1体をリリース、「カイトvsV」では《フォトン·スラッシャー》と《フォトン・デルタ・ウィング》を除外し攻撃力を上げた《フォトン・パイレーツ》をリリースして特殊召喚している。
除外した際に墓地へ送られるエクシーズ素材を、アニメでは「オーバーレイ・ユニットを吸収する」と表現され、攻撃力を上げていた。
この効果を使用する事で黒ずんだ体がイラストのように光り輝く姿になる。
このカードが《超銀河眼の光子龍》のエクシーズ素材となる時、他のニ体は通常通りの光となってエクシーズ素材となるが、このカードだけは竜の形を表したような翼が生えた光となって空に舞い上がっていく演出が成されている。
このカードを特殊召喚した際、赤い十字架を形取った物体(本体各所に見られる赤いパーツを組み合わせたような形状)が出現し、それをカイト自身が上空へ放り投げることでそこから姿を現す演出が取られている。
「遊馬&カイトvsIV&III」戦からは「闇に輝く銀河よ、希望の光になりて我が僕に宿れ!光の化身、ここに降臨!現れろ、《銀河眼の光子竜》!」という特殊召喚時の台詞が追加された。
「アストラルvsカイト」戦では、字幕で攻撃名が「破裂のフォトンストリーム」となっていた。
アニメZEXALの42話の最後にてアストラルに「モンスターエクシーズキラー」と称されていた。
漫画・アニメでは通常召喚できず、特殊召喚する効果がそのまま召喚条件になっていた。
また、アニメでは除外されたモンスターを戻すのは特殊召喚だった。
結果的に原作・アニメ版よりも強化されていると言える。
アニメZEXALの「モンスター人気投票モンスター編」で1位になり壁紙が配布された。
Vジャンプ2011年11月号に掲載されたこち亀出張版で両津が所持しているのが確認できる。
だが次のページのデュエルシーンで中川に他の両津の所持カード共々「しょぼいカードしかない」と言われてしまったのみで、目立った活躍はなかった。
コナミのゲーム作品において―
DUEL TERMINALにおいても原作通りカイトが使用し、召喚時に専用のカットインが流れる。
第14弾のEXステージでは2枚投入されるようになった。
また、《デイブレーカー》をスキャンすることで出現する攻撃名と同じ名前の隠しデッキ「破滅のフォトン・ストリーム」においても投入されており、アイコンにはカイトが使われている。
攻撃方法はCMやアニメのような口から光線を吐くのではなく、青い光を吸収したツメで相手を切り裂く演出になっている。
14弾から新しく設けられたミニゲーム「破滅のフォトンストリーム」のラスボスとしても登場。
反射光子流 通常陷阱 反射光子流

自己场上的龙族·光属性怪兽被选择作为攻击对象时才能发动。那只攻击对象怪兽的攻击力直到伤害步骤结束时上升攻击怪兽的攻击力数值。