1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名   融合
日文名   融合
英文名   Polymerization
卡片种类   通常魔法Spell·Normal 通常魔法
卡片密码   24094653
从手卡·自己场上把融合怪兽卡决定的融合素材怪兽送去墓地,那1只融合怪兽从额外卡组特殊召唤。
Send Fusion Material Monsters that are listed by a Fusion Monster Card from your hand or your side of the field to the Graveyard, and Special Summon the Fusion Monster from your Fusion Deck.
手札・自分フィールド上から、融合モンスターカードによって決められた 融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を エクストラデッキから特殊召喚する。
罕见度  平卡N,面闪SR
卡包   LBDP01BE01VOL06DL02Starter BoxDPYGDT07DPKBYUJYKAPESY2SD27SDMY卡商解锁或升级奖励卡预组元素英雄15AY预组命运英雄SD36SD36混沌大师英雄时代
效果种类   特殊召唤 融合相关 送去墓地 
[融合]
<融合>
[2010/09/08]

●从手卡·自己场上,把融合怪兽卡决定的融合素材怪兽送去墓地,从额外卡组特殊召唤1只融合怪兽。
◇可以只用手卡的或只用自己场上的融合素材怪兽,也可以结合起来用
◇「王宫的弹压/王宮の弾圧」只能对应这张卡的发动而发动,不能对应这张卡效果处理时的特殊召唤而发动
◇效果处理时选择作为融合素材的怪兽送去墓地
◇效果处理时,融合怪兽的融合素材不足时,这个效果不适用
◇承上述,那个场合对方可以要求查看自己的手牌、场上覆盖的怪兽、额外卡组
◇这张卡的发动被无效的场合,对方不能要求查看自己的手牌、场上覆盖的怪兽、额外卡组
STARTER BOXで登場した通常魔法。融合素材モンスターを墓地へ送ることで、融合モンスター1体を融合召喚する効果を持つ。このカードでの融合召喚は、「手札からのみ素材を使う」「フィールドからのみ素材を使う」「手札とフィールドそれぞれの素材を使う」の3パターンがある。
 このカードによる融合召喚は、チェーンに乗る効果による特殊召喚である。融合素材を墓地へ送るのはコストではなく効果である為、《マジック·ジャマー》等で無効化された場合融合素材モンスターを墓地へ送る必要はない。また、このカードの発動時は、融合素材も融合モンスターも指定する必要はないため、無効化するか否か相手にプレッシャーを与えることができる。
 通常、《融合》を使用した融合召喚は特定のカード3枚以上を必要とするため、儀式召喚と並んで手札の消耗が激しい召喚方法であり、発動条件も満たしづらい。融合召喚というカテゴリにおいても、《未来融合-フューチャー·フュージョン》や《龍の鏡》・《オーバーロード·フュージョン》等に出番を奪われがちである。《オーバーロード·フュージョン》に対応していない闇属性以外の機械族モンスターの融合召喚に使うにしても、《パワー·ボンド》の方が切り札としては強力である。
よって、このカードを戦術の主軸とする場合、専用のサポートカードを使って使用を補助することが重要となる。第1期の終わり頃に登場した《心眼の女神》等を筆頭に融合召喚のサポートカードは多数存在している。また、《超魔導剣士-ブラック·パラディン》のように、専用の融合カードや特殊召喚サポートが存在しない融合モンスターを主力とする際には必要となる。
 《融合》を使うデッキの多くにとって、融合素材代用モンスターであり、デッキの《融合》をサーチする事もできる《沼地の魔神王》は必須カードとなる。《E·HERO フォレストマン》により自分のスタンバイフェイズ毎に1枚ずつ、《モンスター·アイ》により自分のライフが続く限り手札に回収する事ができる。このカードによる融合を行う場合、《メタモルポット》・《E·HERO フォレストマン》・《貪欲な壺》・《融合回収》・《サルベージ》等により手札を補充する事が重要である。自分のエクストラデッキに《おジャマ·ナイト》が存在していれば、相手の《おジャマトリオ》によって生成されたおジャマトークンを融合素材として除去する事もできる。《E·HERO フォレストマン》・《モンスター·アイ》により、《召喚僧サモンプリースト》・《賢者ケイローン》・《スナイプストーカー》等の手札コストとして使い回す事もできる。《熟練の黒魔術師》等他のカードに魔力カウンターを乗せることが重要となるデッキにおいては、《融合賢者》によってサーチされる事もある。また、《融合破棄》を発動する際に手札コストとして必要となるカードでもある。
「墓地へ送り」とあるが、発動コストではなく効果であるため《マクロコスモス》等の除外カードがあっても妨害されない。
更に、墓地送り→融合召喚の順で処理を行うが、墓地へ送れなかった場合でも融合召喚の処理は行われる。
また、墓地に行かないトークンを融合素材とすることも可能。
一例として、《おジャマトリオ》のおジャマトークンによる《おジャマ·ナイト》が挙げられる。
旧テキストでは「手札またはフィールド上から墓地へ送る」となっており、このカードに限らず第5期以前のテキストでは、「自分」の文字を省かれているカードが多かった。
(旧テキストの《ヘル·ドラゴン》・《デーモンの斧》や《レベルアップ!》など。)
この効果は対象をとる効果ではない。
どのモンスターを融合素材にするか、どの融合モンスターを召喚するかは効果解決時に宣言する。
そのため、このカードにチェーンして、当初予定した融合素材を除去されると面倒な事になる。
例えば、手札がなく、《E·HERO ボルテック》・《黄泉ガエル》・《サイバー·エンド·ドラゴン》が自分フィールド上に存在する時、《E·HERO アブソルートZero》を融合召喚しようとする。
この時、相手が《サンダー·ブレイク》をチェーン、《黄泉ガエル》を破壊した場合、自分は《E·HERO ボルテック》と《サイバー·エンド·ドラゴン》の組み合わせで融合召喚できる《E·HERO The シャイニング》を出さなければならない。
効果解決時に融合素材と融合モンスターが揃っている場合は必ず融合召喚しなくてはならないのである。
効果解決時に融合可能な組み合わせが存在しない場合、不発となる。
この時、相手が要求したならば自分が融合召喚を行えないことを証明しなくてはならない。
上記の例ではエクストラデッキを公開し、《E·HERO The シャイニング》が存在しない事を確認させる必要がある。
同じ状況で裏側表示モンスターや手札が1枚以上存在するならばそれらも公開し、エクストラデッキの中の全ての融合モンスターを融合召喚できないことを証明した上で、晴れて不発となる。
逆に、既存の公開情報だけで一切の融合が出来ないことを証明できるのならば、何も公開する必要はない。
OCGで一、二を誇る知名度の高い魔法カードでありながら、その実OCGの中でも有数の非常に深い知識を必要とするカード。
使う際も使われる際も現在どんな融合モンスターが存在するのかをよく把握しておこう。
融合召喚を行う効果を持つ魔法カードのテキストにはほぼ全てに「融合召喚する」「この特殊召喚は融合召喚として扱う」といった補足説明が付いている。
それらの始祖であるこのカードのテキストにはそれが存在しないが、ルールブックの記述では「《融合》によって行う特殊召喚を融合召喚とする」とも取れる。
他のカードのテキストの補足説明は「《融合》のカードではないが、正規の召喚手順を踏んでいるものとして扱う」という意味で解釈してもよいだろう。
かつては以下のようなテキストだった。
通常魔法
決められたモンスター2体以上を融合させる。
何とも不明瞭で効果が分かりづらく、原作の漫画に記されていそうなテキストである。
また、このエラッタにより融合素材モンスターが1体の場合でも融合召喚ができるようになったが、現在のところ該当する融合モンスターは存在しない。
イラストで融合している2体のモンスターは《再融合》・《融合回収》・《融合解除》・《融合破棄》のイラストにも登場している。
このうち悪魔のような姿をしたモンスターは、《シンクロ·フュージョニスト》に似ている。
Vol.6では2体のモンスターがリアルに描かれたイラスト違いが収録された。このイラストには更に、実在しない《融合》も描かれている。
永らくこのイラストの《融合》は絶版になっていたが、DUEL TERMINAL -ジェネクスの進撃!!-で再録された。
なお、このイラスト違い版は通常のイラストのものとはパスワードが異なる。(他に《ブラック·マジシャン》の例が存在する)
海外ではDuelist Pack:Yugiで初めてこのイラストを使ったものが収録された。
ただしイラストの奥にあるカードに描かれた六芒星のような紋様が別のものに書き換えられている。
また、フォーマット変更によって日本版では隠れていた部分を見ることが可能になった。
奥のカードは現実に存在しないためかカード名やテキストなど他のカードでは他言語に書き換えられている部分が日本語のままになっている。
英語名は「重合」という意味。
「重合」は「分子が2個以上結合し、分子量の大きい新たな分子を生成する反応」のこと。
英語でも分子以外の対象物に「polymerization」という単語を使うのは語感としても不自然であり、実際には「fusion」の方が分かりやすい。
実際に日本語名に「フュージョン(fusion)」が用いられているカード(《ミラクル·フュージョン》など)では、英語名もそれに準ずる語が用いられている。
原作・アニメにおいて―
デュエルが本格化してきた「決闘王国編」の「闇遊戯vsインセクター羽蛾」戦において登場してからというもの、様々な場面で活躍している。
モンスターが場にいなければ使用できないが、「融合するモンスターに規定はない」という利点がある。(例えば、《青眼の究極竜》に《マンモスの墓場》を融合させることで弱体化させる等)

アニメ版では実物に乗っ取って融合モンスターも作られ、規定も厳しくなって利用は難しくなっているはずなのに利用度は高い。
やはり、オリジナルモンスターが生み出されるのは視聴者のニーズの1つなのであろう。
《究極竜騎士》や《黒炎の騎士-ブラック·フレア·ナイト-》等が生み出されたのがその証明である。
アニメにおいて《青眼の白龍》の交換条件として海馬が提示したスーツケース一杯のカードの1枚。
また、バクラの挑戦を受けた海馬が出したアタッシュケースに入っていたカードの内の1枚でもある。
アニメGXでは特に【E・HERO】デッキの使い手である十代が多用しており、彼のデッキには最低でも2枚は投入されている。
しかしネオスペーシアンをデッキに入れ、コンタクト融合を使うようになってからは、使用率が減った。
他には万丈目、翔、明日香、亮、エド等も使用している。
また、精霊ユベルに乗り移られたマルタンはなんと「デュエルアカデミアの生徒(人間)」と「カードの精霊(モンスター)」を融合させ、手駒としてデュエルをさせている。
第179話において武藤遊戯のデッキのカードの一部が確認できるのだが、その中にある。
「十代vsダークネス」戦において登場した罠カード《未来への希望(フューチャーヴィジョン)》の発動に必要なカードでもあった。
アニメ5Dsの「ジャックvsシド」戦においてジャックが使用。
手札の《ビッグ·ピース·ゴーレム》と《ミッド·ピース·ゴーレム》を融合し《マルチ·ピース·ゴーレム》を融合召喚した。
また、このカードと同じ効果を持つライディングデュエル用の《Sp(スピードスペル)-スピード・フュージョン》というカードが存在する。
アニメZEXALでは「遊馬vs六十郎」(1戦目、2戦目)で六十郎が使用。
前者は手札及びフィールドの《青眼の木龍(ブルーアイズ・スタチュー・ドラゴン)》3体を融合素材として《青眼の究極木竜(ブルーアイズ・アルティメット・スタチュー・ドラゴン)》を、後者は絵札の三銃士を融合素材として《アルカナ ナイトジョーカー》を融合召喚した。
「凌牙vsカイト」戦ではカイトが使用。
手札の《フォトン·リザード》2体を融合素材にし、《ツイン·フォトン·リザード》を融合召喚した。
また、これにより《融合》はアニメDM・GX・5Ds・ZEXALの全作品で登場する事となった。
また、チャーリーによって吹き飛ばされたカードの1種類。
漫画5Dsにおいても、このカードの亜種が登場している。
骸骨騎士はフィールド・墓地・デッキのいずれかに存在するアンデット族を融合する《幽合》を、ボマーが手札融合限定かつ発動後2ターン目に自身をサルベージする効果を持つ《チャージ・フュージョン》と、エクストラデッキの融合モンスターを融合する《エクストラ・フュージョン》をそれぞれ使用した。
コナミのゲーム作品において―
DUEL TERMINALにおいて融合モンスターを使用する隠しデッキにはかつてほぼ全て、Vol.6以外のイラストのこのカードが1枚入っていた。
(一部デッキでは《パワー·ボンド》などが採用されているため絶対ではない)
DUEL TERMINAL -ジェネクスの進撃!!-にて再録されたVol.6イラスト版をスキャンすることで、そのイラストのものが追加されデッキに合計2枚のこのカードを使用することができる。
このカードをドローする確率を上げる目的や、複数回使うであろうE・HEROの隠しデッキなどでは2枚目としてスキャンする価値もあるだろう。
TAG FORCE5では召喚に成功した時にこのカードをサーチできるオリジナルカード《花騎士団の駿馬》が登場している。
融合 通常魔法 融合

从手卡·自己场上把融合怪兽卡决定的融合素材怪兽送去墓地,那1只融合怪兽从额外卡组特殊召唤。

眼球怪 效果怪兽 眼球怪

星1/暗/恶魔/攻250/守350

支付1000分。自己的墓地1张「融合」魔法卡回到手卡。

融合贤者 通常魔法 融合贤者

选1张自己的卡组的「融合」魔法卡加入手卡。之后洗切卡组。

沼地的魔神王 效果怪兽 沼地的魔神王

星3/水/水/攻500/守1100

这张卡可以代替1只融合素材怪兽。那时,其他的融合素材怪兽必须是正规物。并且,可以从手卡把这张卡丢弃去墓地,从卡组把1张「融合」魔法卡加入手卡。

支援犬 效果怪兽 支援犬

星3/地/机械/攻800/守1200

这张卡被战斗破坏送去墓地时,从自己墓地选择1张名字带有「元素英雄」的卡以及1张「融合」魔法卡加入手卡。

融合回收 通常魔法 融合回收

自己墓地存在的1张「融合」魔法卡和融合使用过的1只融合素材怪兽加入手卡。

元素英雄 森林侠 效果怪兽 元素英雄 森林侠

星4/地/战士/攻1000/守2000

1回合只有1次在自己的准备阶段时才能发动。把自己的墓地或者卡组存在的1张「融合」魔法卡加入手卡。

融合破弃 通常魔法 融合破弃

把1张「融合」魔法卡从手卡丢弃去墓地发动。把融合卡组存在的1只融合怪兽送去墓地,那只融合怪兽记述的1只融合素材怪兽从手卡特殊召唤。这个效果特殊召唤的怪兽在这个回合的结束阶段时送去墓地。