1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名   魔导皇圣 特莉丝
日文名   魔導皇聖 トリス
其它译名  魔导皇圣 特里丝
英文名   Empress of Prophecy
属性   Light
卡片种族   魔法师Spellcaster 魔法使い
星数/阶级 5
卡片种类   XYZ怪兽Monster·Xyz エクシーズモンスター
卡片密码   00770365
ATK   2000
DEF  1700
XYZ:魔法师族5星怪兽×2。这张卡的攻击力上升自己场上的XYZ素材数量×300的数值。此外,1回合1次,把这张卡1个XYZ素材取除才能发动。自己卡组洗切。那之后,从卡组上面把5张卡翻开,选最多有那之中的名字带有「魔导书」的卡数量的场上的怪兽破坏。那之后,翻开的卡用喜欢的顺序回到卡组上面。
2 Level 5 Spellcaster-Type monsters This card gains 300 ATK for each Xyz Material attached to Xyz Monsters you control. Once per turn: You can detach 1 Xyz Material from this card; shuffle your Deck, then reveal the top 5 cards of your Deck, and destroy a number of monsters on the field up to the number of revealed "Spellbook" cards. Then, return the revealed cards to the top of the Deck in any order.
魔法使い族レベル5モンスター×2 このカードの攻撃力は自分フィールド上の エクシーズ素材の数×300ポイントアップする。 また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。 自分のデッキをシャッフルする。 その後、デッキの上からカードを5枚めくり、 その中の「魔導書」と名のついたカードの数まで フィールド上のモンスターを選んで破壊する。 その後、めくったカードを好きな順番でデッキの上に戻す。
罕见度  面闪SR
卡包   ABYR(802)
效果种类   怪兽破坏 攻守上下 
[魔导皇圣 特莉丝] [2012/08/06]
●这张卡的攻击力上升自己场上的XYZ素材数量×300的数值。
◇永续效果(不进入连锁)。
●此外,1回合1次,把这张卡1个XYZ素材取除才能发动。自己卡组洗切。那之后,从卡组上面把5张卡翻开,选最多有那之中的名字带有「魔导书/魔導書」的卡数量的场上的怪兽破坏。那之后,翻开的卡用喜欢的顺序回到卡组上面。
◇起动效果(进入连锁)。
◇只能在自己的主要阶段发动。
◇把这张卡1个XYZ素材取除是COST。
◇不取对象效果。
◇效果处理时卡组数量在4张以下的场合,效果仍然处理,将剩下的卡翻开。
◇翻开的卡中有名字带有「魔导书/魔導書」的卡存在的场合,至少将场上的1只怪兽破坏。 ★因为「天变地异/天変地異」的效果得知卡组最上面的卡是名字带有「魔导书/魔導書」的卡时,将这个效果发动的场合,能否对应这个效果将「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」等的效果发动,调整中。
ABYSS RISINGで登場した光属性・魔法使い族のエクシーズモンスター。自分フィールド上のエクシーズ素材の数に比例した単体強化効果、デッキを5枚めくって出た魔導書の数までのモンスター除去効果を持つ。
 1つ目の効果は自分のエクシーズ素材の数だけ攻撃力を上昇させる効果。自身に2つ乗っているため場に出た時点では2600となるが、効果を使うことを考えるとやや心もとない。一応《オーバーレイ·リジェネレート》などが擬似的に300の攻撃力アップになる。他のエクシーズモンスターのエクシーズ素材でも上昇するが、このカードを出すだけでも手間がかかるためエクシーズモンスターは並びづらい。複数展開による強化を狙うならば、すでにエクシーズモンスターのいる場面を狙うか、上昇値は下がるが《エクシーズ·リボーン》などを活用したい。同じ魔法使い族の《No.11 ビッグ·アイ》で相手のエクシーズモンスターを奪うことも考えられる。
 2つ目の効果はエクシーズ素材を1つ消費し、ランダムでフィールド上のモンスターカードを破壊する効果。発動時点では破壊する処理が確定していないため、《スターダスト·ドラゴン》・《スターライト·ロード》等を発動されないという利点がある。また、めくって確認した中にある魔導書の枚数「まで」のため、自分フィールド上のモンスターが巻き込まれることもない。ただし、めくる前にシャッフルを行うため、結果はほぼ完全にランダムになる。魔導書はサーチ手段が多く、デッキから減りがちなので、効率的に複数破壊を狙いたい場合は《魔導戦士 フォルス》や《魔導書院ラメイソン》で、デッキの魔導書を増やすことが欠かせないであろう。
 相手モンスターの破壊を目的に使用するのならば、同ランクで攻撃力も高い《No.61 ヴォルカザウルス》や(戦闘を介する必要はあるものの)《始祖の守護者ティラス》で事足りる。種類を問わず複数枚の除去が可能・【魔法使い族】で《一族の結束》を阻害しない・破壊の不確定を利点にもできる、といった点で差別化を図りたい。
 カードの確認後にはデッキトップを操作できるため、《デーモンの宣告》や《リチュア·ディバイナー》を使用するデッキとは相性がいい。しかし魔導書はサーチ手段が豊富であるためデッキトップ操作を行う意味が少なく、これらのカードとはかみ合わない面もある。この点を活かすのならば、《王立魔法図書館》なども併用し、ドローを加速する専用構築を作ると良いだろう。
 エクシーズ素材は魔法使い族を指定しているが、《THE トリッキー》や《太陽の神官》、《ガガガマジシャン》などを使えば比較的容易にエクシーズ召喚できる。しかし効果は魔導書の使用を前提としているため、【魔導書】、もしくは魔導書を大量に取り入れた【魔法使い族】で使用するのが最も理にかなっていると言える。その場合、《魔導戦士 フォルス》・《魔導老士 エアミット》ならば自身の効果と魔導書でレベル5になれるため狙いやすい。《ネクロの魔導書》でレベル4を除外して蘇生した《魔導術士 ラパンデ》ならば、エクシーズ素材から取り除くことでその効果を使うこともできる。
 どのような構築にするにしても、素材に縛りがあること以上に、ギャンブル性のある効果故に扱いの難しいモンスターであるのは間違いない。
レベル(ランク)と属性以外のステータスが《ブラック·マジシャン·ガール》や《トゥーン·ブラック·マジシャン·ガール》と一致している。
攻撃力が300ポイントずつアップするところも共通している。
カード名の由来は、タロットカードの大アルカナの一つ「The Empress(女帝)」のフランス語「L’Imperatrice」だろう。
カード番号は3で、正位置では「繁栄、豊穣、愛情、包容力」、逆位置では「軽率、虚栄心、嫉妬、浪費」などを意味する。
タロットカードでは左手に杓杖・右手には鳥の紋章が入った盾を携えた女性が描かれてる。
OCGのこのカードのイラストもこれらのモチーフが共通している。