1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名   特异英雄 神杖先驱
日文名   X·HERO ワンダー·ドライバー
英文名   Xtra HERO Wonder Driver
属性   Light
卡片种族   战士Warrior 戦士
卡片种类   连接怪兽Monster·Link リンクモンスター
卡片密码   01948619
ATK   1900
 LINK-2 [↑][↓]
「英雄」怪兽2只 这个卡名的①的效果1回合只能使用1次。 ①:作为这张卡所连接区的自己场上有「英雄」怪兽召唤·特殊召唤的场合,以自己墓地的「融合」魔法卡、「变化」速攻魔法卡之内任意1张为对象发动。那张卡在自己场上盖放。 ②:这张卡被战斗或者对方的效果破坏送去墓地的场合才能发动。从手卡把1只「英雄」怪兽特殊召唤。
2 "HERO" monsters If a "HERO" monster is Normal or Special Summoned to your zone this card points to: Target 1 "Polymerization" Spell, "Fusion" Spell, or "Change" Quick-Play Spell in your GY; Set that target. You can only use this effect of "Xtra HERO Wonder Driver" once per turn. If this card is destroyed by battle and sent to the GY, or if this card in your possession is destroyed by an opponent’s card effect and sent to your GY: You can Special Summon 1 "HERO" monster from your hand.
「HERO」モンスター2体 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードのリンク先となる自分フィールドに「HERO」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、 自分の墓地の、「融合」魔法カード、「フュージョン」魔法カード、「チェンジ」速攻魔法カードの内、 いずれか1枚を対象として発動する。 そのカードを自分フィールドにセットする。 (2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。 手札から「HERO」モンスター1体を特殊召喚する。
罕见度 
卡包   PP20
效果种类   卡组检索 特殊召唤 
PREMIUM PACK 20で登場した光属性・戦士族のリンクモンスター。
 リンク先へHEROの召喚・特殊召喚に成功した場合に「融合」「フュージョン」「チェンジ」いずれかのカテゴリに属するカードを墓地からフィールドにセットする強制発動の誘発効果、戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に手札からHEROを特殊召喚する誘発効果を持つ。
 リンク素材はHEROを指定しているため幅広い。
 《レスキューラビット》でE・HERO通常モンスター2体を出せば容易に揃う。
 また、特殊召喚効果を持つ《E・HERO バブルマン》《D−HERO ドリルガイ》《ヒーローアライブ》《オーバー・デステニー》等を用いた場合も容易にリンク召喚できる。
 《V・HERO ヴァイオン》で《D−HERO ディアボリックガイ》を墓地に置き、あちらのリクルート効果を使えば1枚で出せる。
 リンク素材とした《D−HERO ディアボリックガイ》の効果を使用し、リンク先に3枚目をリクルートすれば(1)の効果を即座に使用できる。
 (1)はリンク先にHEROが出ることをトリガーとするサルベージ効果。
 HERO融合モンスターを多用する系統のデッキでは発動できる機会は多い他、チェンジならどのHEROとも併用しやすい。
 しかし、このカードのリンク先は上下2カ所のみであり、エクストラデッキからモンスターを複数並べるには適さない。
 また、融合召喚を行っているなら手札を消費している場合も多い上、さらにこのカードを出すとなると次の融合素材が揃わない可能性もある。
 そのため、回収したカードでさらなる融合召喚を行う場合、エクストラモンスターゾーンのこのカードを融合素材に含めて融合召喚するといった状況も考えられる。
 墓地融合を行える《ミラクル・フュージョン》なら、上記の融合素材確保の問題を解消できる。

HERO2体を出し、このカードをリンク召喚。
その2体を《ミラクル・フュージョン》で融合素材として使用してリンク先に融合召喚。
(1)の効果で《ミラクル・フュージョン》を墓地からセット。

 さらにその融合モンスターとこのカードとでリンク3に繋ぎ、リンク素材となった2体をセットした《ミラクル・フュージョン》で融合素材にして更なる展開も狙える。
 (1)の効果で融合召喚用のカードをセットした後、このカードと他の戦士族で《聖騎士の追想 イゾルデ》をリンク召喚する手もある。
 あちらの(1)、(2)の効果で戦士族をサーチ、リクルートできるため、2体の融合素材を用意できる。
 チェンジでM・HEROを出すなら素材は1体で済むので、M・HEROなら容易に併用できる。
 ただし、通常魔法などは伏せたそのターンに発動できる一方で速攻魔法はセットしたターンに発動できない。
 相手のターンに速攻魔法でリンク先にHEROを特殊召喚すればまた(1)の効果でセットできるようになるので、相手ターンに備える形で運用する事になるだろう。
 特殊召喚したM・HEROを素材に別のM・HEROに切り替えて戦線を維持するのも手である。
 (2)は戦闘・相手の効果で破壊された場合の特殊召喚効果。
 自爆特攻でも使える他、相手の除去に対抗し、戦線維持も狙える。
 特殊召喚に成功した時に発動できる効果を持つモンスターやレベル5以上のモンスターが狙い目となるだろう。
 前者としては《V・HERO ヴァイオン》《E・HERO エアーマン》《E・HERO シャドー・ミスト》あたりが挙げられる。
 《D−HERO ドレッドガイ》を特殊召喚すれば、破壊耐性を得られ相手ターンを凌ぎやすくなる。
(1)の効果は強制効果である。
《E・HERO シャドー・ミスト》や《E・HERO ソリッドマン》などを融合素材として墓地へ送り、リンク先に融合召喚した場合などは、チェーンの組み方に影響するため注意。
手札とフィールドに他にカードが無いならば、《E・HERO バブルマン》を(2)の効果で特殊召喚した場合ドローができる。
《E・HERO バブルマン》は《戦士の生還》《増援》で準備できるので、自爆特攻からのドローに賭けるのも手か。