1 2 3 4 5
lua脚本 上页下页
中文名   彼岸的黑天使 基路伯
日文名   彼岸の黒天使 ケルビーニ
英文名   Cherubini, Black Angel of the Burning Abyss
属性   Dark
卡片种族   天使Fairy 天使
卡片种类   连接怪兽Monster·Link リンクモンスター
卡片密码   58699500
ATK   500
 LINK-2 [↙][↘]
3星怪兽2只 这个卡名的③的效果1回合只能使用1次。 ①:这张卡所连接区的怪兽不会被效果破坏。 ②:场上的这张卡被战斗或者对方的效果破坏的场合,可以作为代替把自己场上1张卡送去墓地。 ③:从卡组把1只3星怪兽送去墓地,以场上1只「彼岸」怪兽为对象才能发动。那只怪兽的攻击力·守备力直到回合结束时上升送去墓地的怪兽的各自数值。
2 Level 3 monsters Monsters this card points to cannot be destroyed by card effects. If this card on the field would be destroyed by battle or an opponent’s card effect, you can send 1 other card you control to the GY instead. You can send 1 Level 3 monster from your Deck to the GY, then target 1 "Burning Abyss" monster on the field; it gains ATK/DEF equal to the sent monster’s ATK/DEF, until the end of this turn. You can only use this effect of "Cherubini, Black Angel of the Burning Abyss" once per turn.
レベル3モンスター2体 このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードのリンク先のモンスターは効果では破壊されない。 (2):フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、 代わりに自分フィールドのカード1枚を墓地へ送る事ができる。 (3):デッキからレベル3モンスター1体を墓地へ送り、 フィールドの「彼岸」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで、 墓地へ送ったモンスターのそれぞれの数値分アップする。
罕见度 
卡包   LVP1
效果种类   送去墓地 破坏耐性 
LINK VRAINS PACKで登場した闇属性・天使族のリンクモンスター。
 リンク先のモンスターを効果では破壊されない様にする永続効果、自身が破壊される場合に他のカードを身代わりにする永続効果、レベル3モンスター1体をデッキから墓地へ送ることで彼岸1体を強化する起動効果を持つ。
 リンク素材はレベル3となっており、このカードが属する彼岸なら容易にリンク素材が揃う。
 ランク3のエクシーズモンスターを出す条件とも一致するため、ランク3を使うデッキにも無理なく採用できる。
 フィールドから墓地へ送る手段となり、《魔界発現世行きデスガイド》から《クリッター》などを出せばこのカードを出しつつサーチでき、《クレーンクレーン》から《ダンディライオン》を蘇生させリンク素材とすることでリンク4に繋ぐことが可能。
 【磁石の戦士】では、レベル3のマグネット・ウォリアー2体でこのカードをリンク召喚でき、足りないレベル3のマグネット・ウォリアーを墓地へ送ることで《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》の特殊召喚を補助することが可能。
 (1)の効果はリンク先のモンスターへの効果破壊耐性付与。
 除去に強くなる他、下級彼岸の共通デメリットによる自壊も防げる。
 《簡易融合》で《エルシャドール・ミドラーシュ》等を特殊召喚し、自壊を防ぐことで相手の妨害も可能。
 《捕食植物オフリス・スコーピオ》と《捕食植物ダーリング・コブラ》をリンク素材にすれば、少ない消費でこのコンボがそろう。
 《幻影騎士団ブレイクソード》なら相手のカードのみを破壊出来る様になるが、(2)の蘇生効果が使いにくくなるので【幻影騎士団】では一長一短である。
 (2)の効果は自分フィールドのカードを自身の破壊の身代わりとする効果。
 攻撃力が非常に低い上に耐性付与の範囲外であるため、エクストラデッキからの展開先を失いたくない場合に有効となる。
 自分フィールドのカードであれば種類や状態は問わないので、墓地で発動する効果を持つ魔法・罠カードを身代わりにするのも良い。
 当然ながら(1)の効果共々破壊以外の除去には無力なので注意。
 (3)はデッキのレベル3モンスターをコストにした彼岸の単体強化。
 彼岸は全体的に打点が低めなため、効果による除去が通用しないモンスターを相手にした場合に役立つ。
 また、このカード自身も対象にできる上に墓地へ送るモンスターはレベル以外の指定が無いので、レベル3限定《おろかな埋葬》として使える。
 強化が1ターンしか続かない事、コスト故に無効にされづらい事を考えればむしろこちらの用法がメインとなるだろう。
 こちらも《ダンディライオン》と相性が良く、容易にリンク4につながる。
 自身が属する彼岸とは全ての効果がシナジーしており、(1)で自壊を防ぎ、(2)(3)の効果で彼岸モンスターを墓地に送ってアドバンテージを稼げる。
 リンクマーカーの位置もエクシーズモンスターの複数展開を主体とする戦術と噛み合っており、総じて【彼岸】において非常に有用なカードと言える。
 前述の通りリンク素材と(3)のコストにレベル以外の指定が無いので、【彼岸】以外のレベル3モンスターを多用するデッキにも墓地肥し要員として採用を見込める。
 ただしあまり長居させるとサンドバッグにされかねないため、リンク素材や各種コスト等でフィールドから引き離す手段も用意しておきたい。
このモンスターはリンクモンスターであるため守備力を持たないが、(3)の効果で自身を対象にすることは可能である。
攻撃力も同時に上げるため、空撃ちにならないからである。
詳しくはリンクモンスターのページを参照。
墓地へ送ることのできるレベル3の最大攻撃力は《フォトン・サーベルタイガー》などの2000。
このカードに使うだけでも2500となり、アタッカーとして機能する。
新マスタールールの施行により、エクストラデッキから特殊召喚するモンスターを複数体存在させることが難しくなった。
特にメインデッキの彼岸モンスターは同カテゴリ以外のモンスターとの共存が非常に困難であり、それを受けての強化なのだろう。
モチーフは、ダンテの『神曲』に登場する「黒い天使」か。
「黒きケルビーニ(ケルビム/智天使)」とも表現される。
神に反逆し地獄の使者となった天使たちであり、十二人の悪魔「Malebranche(マレブランケ)」よりも格上の存在であるようだ。
『旧約聖書』の「エゼキエル書」では4体のケルビムが登場し、その外見は「4つの顔と4枚の翼を持つ」「全身一面に目を持つ」と描写されており、イラストの異形の天使はこの特徴を再現した姿となっている。
またケルビムの傍らには「緑柱石のように輝く4つの車輪」があると記されており、このモンスターの武器や左手の魔法陣の光に反映されている。
なお『旧約聖書』ではケルビムの顔は「ケルビム・人間・ライオン・鷲」の4つとされているが、このモンスターの顔は「人間・ライオン・鷲・牛」の4つとなっている。
この3種の動物+人間は、キリスト教における4人の福音書の筆記者を芸術作品に落としこむ際の象徴としても用いられる。
(それぞれ「ヨハネ:ワシ」「ルカ:牛」「マルコ:ライオン」「マタイ:人間」となる)
これは上記のケルビムに加えて、『新約聖書』「ヨハネの黙示録」に登場した4体の天使の姿を元にしている。