1 2 3 4 5
lua脚本 上页下页
中文名   拓扑三叶双头蛇
日文名   トポロジック·トゥリスバエナ
其它译名  拓朴逻辑三叶结双头蛇
英文名   Topologic Trisbaena
属性   Dark
卡片种族   电子界Cyberse 電子界
卡片种类   连接怪兽Monster·Link リンクモンスター
卡片密码   72529749
ATK   2500
 LINK-3 [↑][↙][↘]
效果怪兽2只以上 ①:这张卡所连接区有怪兽特殊召唤的场合发动。那些怪兽以及场上的魔法·陷阱卡全部除外,给与对方这个效果除外的对方的卡数量×500伤害。
2+ Effect Monsters If a monster(s) is Special Summoned to a zone this card points to: Banish that monster(s) and as many Spells and Traps on the field as possible, and if you do, inflict 500 damage to your opponent for each of their cards banished by this effect.
効果モンスター2体以上 (1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動する。 そのモンスター及びフィールドの魔法・罠カードを全て除外し、 この効果で除外した相手のカードの数×500ダメージを相手に与える。
罕见度 
卡包   FLOD(1004)LGB1LGB1
效果种类   卡片除外 
◇诱发效果,强制发动,开连锁,不取对象
◇在伤害步骤满足条件也发动
◇除外卡的处理和造成伤害的处理视为同时进行,不会导致任何效果错过时点
◇满足条件后那只怪兽不在场上存在也发动和处理,例如彼岸怪兽特殊召唤后立即破坏的情况
◇效果处理时那只怪兽不在场上存在也继续处理,除外魔法陷阱并根据除外的对手的卡的数量造成伤害
◇满足条件时场上没有魔法陷阱也发动和处理,效果处理时没有魔法陷阱仍然除外怪兽并根据除外的对手的卡的数量造成伤害
连锁中的效果处理先在我方的「拓扑三叶双头蛇」的连接端特殊召唤了怪兽,之后那只特殊召唤的怪兽的控制权又转移给对方的场合,处理后「拓扑三叶双头蛇」也会发动①效果。20/6/21
FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した闇属性・サイバース族のリンクモンスター。
 リンク先に特殊召喚された場合にそのモンスターと魔法・罠カードを除外し、除外された相手のカードの枚数に応じたダメージを与える誘発効果を持つ。
 リンク先に特殊召喚が行われた場合に、そのモンスターと全ての魔法・罠カードを除外し効果ダメージを与える。
 除外されることを分かっていて相手がリンク先に特殊召喚を行うとは考えづらく、基本的に自分からリンク先にモンスターを特殊召喚し、発動することになる。
 下手に除外するとディスアドバンテージになるため、トークンや除外された場合にアドバンテージが稼げるモンスターを特殊召喚したい。
 《ゼラの天使》と併用する事で毎ターン魔法・罠カードを一掃できる。
 また、《自律行動ユニット》《ミス・リバイブ》《リモート・リボーン》等で相手のモンスターを特殊召喚する手もある。
 この方法なら自分のモンスターを除外せずに済み、相手の墓地に存在したモンスターを除外できる上にダメージも増やせる。
 エクストラモンスターゾーンの正面のメインモンスターゾーンに出すのも手。
 エクストラモンスターゾーンがリンク先となるため、そのゾーンに出されたモンスターが除外される。
 もう一方のエクストラモンスターゾーンを自分が使用すれば相手の動きを大きく制限できる。
 セットされた魔法・罠カードもまとめて除外できるため、伏せカードの除去を行い安全に攻撃することも可能。
 相手のエンドフェイズにリンク先に特殊召喚すればエンドサイクの様にも使える。
 ただ、自分の魔法・罠カードも除外されるため、使い切りのフリーチェーンのカードを中心としておきたい。
 一方で、エクストラデッキからの展開補助には向いていない。
 このモンスターがエクストラモンスターゾーンに留まるだけで、自分はエクストラデッキから新たなモンスターの特殊召喚が実質封じられてしまう。
 リンク先が必要なら《LANフォリンクス》などを使う方が良い。
《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》をリンク先に特殊召喚した場合、まず《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》が自身の永続効果で破壊される。
その後《トポロジック・トゥリスバエナ》の効果が発動し、魔法・罠カードを除外する。
お互いのフィールドに魔法・罠カードが存在しない状態でリンク先にモンスターが特殊召喚された場合にも効果は発動し、モンスターを除外する。
種族・属性やカード名からすると《トポロジック・ボマー・ドラゴン》を意識されたカードであろう。
あちらがモンスターを全体除去するのに対し、こちらは魔法・罠カードを全体除去する点でも対比になっている。
アニメVRAINSのd-データでは『「リボルバー」の新しい「トポロジック」モンスター』と、「トポロジック」がシリーズカードであるかのような紹介がされている。
また、後述の「別所エマ/ゴーストガール vsリボルバー」戦にてデュエルを観戦していた遊作/Playmakerもこのモンスターがリンク召喚された際には「新しいトポロジック…」と呟いている。
「トポロジック」は《トポロジック・ボマー・ドラゴン》を参照。
「トゥリスバエナ」は、ギリシア語で「三倍の」「三つの」を意味する「トゥリス」と、アンフィスバエナをあわせた造語だと思われる。
下記の通り、アニメでは通常時・効果発動時・攻撃時の3段階の変形を行っている。
また、通常時の胸部装甲は攻撃時の形態では頭部に変形するが、この胸部装甲と両膝部分が同形状となっている。
アンフィスバエナが双頭の竜である事を踏まえると、「トゥリスバエナ」は3つの頭部を持つ竜という意味とも考えられる。
原作・アニメにおいて―
アニメVRAINSにて、リボルバーが使用するリンクモンスター。
初登場は「別所エマ/ゴーストガール vsリボルバー」戦で、リボルバーのスキル「Storm Access」により、リボルバーのエクストラデッキに加わった。
その直後、《バックグランド・ドラゴン》と2体の《スニッフィング・ドラゴン》をリンク素材としてリンク召喚される。
このモンスターのリンク先に《デフラドラグーン》が特殊召喚されたことで効果を発動。
リボルバーの《デフラドラグーン》とゴーストガールの《オルターガイスト・プロトコル》及び2枚の伏せカードを除外し、ゴーストガールに1500ダメージを与えた後、直接攻撃を決めフィニッシャーとなった。
攻撃名は「終焉のバルネラブルコード」、効果名は「マイグレーションフォース」。
攻撃名のバルネラブル(vulnerable)には、「脆い」「非常に壊れやすい」といった意味がある。
転じて、コンピュータ用語で「(サイバー攻撃に対して)脆弱な」という意味で用いられる。
効果名のマイグレーションは「移動」「移行」という意味だが、サイバース族であることを踏まえると、IT用語におけるマイグレーションが由来だろう。
これはプログラム・データ・OSなどの環境やプラットフォームを移行、変換することを指す。
攻撃時および効果発動時に、それぞれ別の形態へと変形する演出が見られた。
d-データでは「攻撃時は華麗に変形」し「まばゆく光る強烈なエネルギー弾をくらわせる」と説明されている。
この変形演出はFLAMES OF DESTRUCTIONのCMでも再現されており、それぞれ「1st Form」「2nd Form」「3rd Form」と描かれている。
使い手のリボルバーは「Storm Access」でこのカードを入手した際、《トポロジック・ボマー・ドラゴン》の時と同じく「良き力だ」と発言している。
この台詞はFLAMES OF DESTRUCTIONのCMでも使われている。
拓扑逻辑轰炸龙 连接怪兽 拓扑逻辑轰炸龙

星4/暗/电子界/攻3000/守LINK-4 [↑][↙][↓][↘]

效果怪兽2只以上 ①:这张卡在怪兽区域存在,场上的连接怪兽所连接区有这张卡以外的怪兽特殊召唤的场合发动。双方的主要怪兽区域的怪兽全部破坏。这个回合,这张卡以外的自己怪兽不能攻击。 ②:这张卡向对方怪兽攻击的伤害计算后发动。给与对方那只对方怪兽的原本攻击力数值的伤害。