1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名   访问码语者
日文名   アクセスコード・トーカー
英文名   Accesscode Talker
属性   Dark
卡片种族   电子界Cyberse 電子界
卡片种类   连接怪兽Monster·Link リンクモンスター
卡片密码   86066372
ATK   2300
 LINK-4 [↑][←][↓][→]
效果怪兽2只以上 对方不能对应这张卡的效果的发动把效果发动。 ①:这张卡连接召唤成功的场合,以那1只作为连接素材的连接怪兽为对象才能发动。这张卡的攻击力上升那只怪兽的连接标记数量×1000。 ②:从自己的场上·墓地把1只连接怪兽除外才能发动。选对方场上1张卡破坏。这个回合,不能为让自己的「访问码语者」的效果发动而把相同属性的怪兽除外。
2+ Effect Monsters If this card is Link Summoned: You can target 1 Link Monster that was used as material for its Link Summon; this card gains ATK equal to that monster’s Link Rating x 1000. You can banish 1 Link Monster from your field or GY; destroy 1 card your opponent controls, but for the rest of this turn, you cannot banish monsters with the same Attribute to activate the effect of "Accesscode Talker". Your opponent cannot activate cards or effects in response to the activation of this card’s effects.
効果モンスター2体以上 このカードの効果の発動に対して相手は効果を発動できない。 (1):このカードがリンク召喚に成功した場合、そのリンク素材としたリンクモンスター1体を対象として発動できる。 このカードの攻撃力は、そのモンスターのリンクマーカーの数×1000アップする。 (2):自分のフィールド・墓地からリンクモンスター1体を除外して発動できる。 相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。 このターン、自分の「アクセスコード・トーカー」の効果を発動するために同じ属性のモンスターを除外する事はできない。
罕见度 
卡包   ETCO(1012)
效果种类   卡片除外 怪兽破坏 魔陷破坏 攻守上下 
ETERNITY CODEで登場した闇属性・サイバース族のリンクモンスター。
 リンク素材としたリンクモンスターのリンクマーカーの数によって自己強化する誘発効果と、フィールド・墓地のリンクモンスターをコストとして除外してフィールドのカードを破壊する起動効果を持つ。
 リンク素材の縛りは緩いが、2つの効果はいずれもリンクモンスターが関わるため、できる限りリンクモンスターを素材に使いたい。
 《スプラッシュ・メイジ》⇒《トランスコード・トーカー》⇒このカードと繋げれば(1)で3000強化した上で(2)の墓地コストも2枚確保できる。
 効果の発動に相手の効果をチェーンされない効果外テキストを持つ。
 効果の発動を安全に行えるだけでなく、(1)はリンク召喚に成功した場合の効果であるため、《奈落の落とし穴》など同じタイミングで発動できるカードに対して擬似的な耐性にもなる。
 (1)はリンク素材にしたリンクモンスターのリンクマーカーの数に比例した自己強化。
 強化倍率はリンクマーカー×1000と非常に高く、リンク1を含めるだけでも3300に達する。
 リンク素材の指定を踏まえると、リンク3ともう1体のモンスターでリンク召喚するのが理想的であり、5300にまで強化される。
 リンク3の《トランスコード・トーカー》なら蘇生効果によりこのカードのリンク召喚を狙いやすいため、相性がよい。
 (2)はフィールドのカードを破壊する効果。
 除去はカードの種類に制限もなく対象をとらない効果である。
 フィールドか墓地のリンクモンスターを除外する必要があるが、【サイバース族】なら墓地にリンク素材にしたリンクモンスターが溜まりやすく、それをコストにすれば良いだろう。
 1ターンに1度の制限がなく複数回使えるが、コストとして違う属性のリンクモンスターを除外する必要がある。
 このカードをリンク召喚できるデッキでは、意識せずとも2〜3回程度の発動は難しくないため、盤面干渉力は高いといえる。
 (1)と合わせてフィニッシャーになりうるカードであるため、この効果のために連続リンク召喚を行い墓地を肥やしておくのもよい。
(2)の効果は元々の属性を参照しないため、リンクモンスターの属性操作することで最大7回発動できる。
ただし現在墓地のリンクモンスターの属性を変更する効果を持つカードは存在しないため、神属性のリンクモンスターの除外はフィールドから行う必要がある。
(2)の効果はこのカード自身をコストにしてもよい。
アドバンテージの面では損なので、狙うことは少ないだろうが何らかの形で攻撃不能になった場合や《スキルドレイン》などを受けた時に覚えておくといい。
ただし、先出しで《エフェクト・ヴェーラー》の効果を受けた場合は自身をコストにしても無効になるので注意。
《クロック・ワイバーン》1体からリンク召喚可能。
以下の手順なら攻撃力5300となり、最大5枚のカードを破壊できる。

《クロック・ワイバーン》を召喚し、クロックトークンを生成。
《クロック・ワイバーン》1体で《転生炎獣ベイルリンクス》か《転生炎獣アルミラージ》を、クロックトークン1体で《リンクリボー》をそれぞれリンク召喚。
2体で《スプラッシュ・メイジ》をリンク召喚し、《クロック・ワイバーン》を蘇生。
《スプラッシュ・メイジ》と《クロック・ワイバーン》で《トランスコード・トーカー》をリンク召喚。
《トランスコード・トーカー》で《スプラッシュ・メイジ》を蘇生。
《スプラッシュ・メイジ》をリンク素材に《リンクロス》をリンク召喚し、《トランスコード・トーカー》と共にこのカードをリンク召喚する。

「アクセスコード(accesscode)」とは、サービスなどを利用する際、本人確認などのために識別子として入力される文字列のことで、主にユーザーIDやパスワードなどを指す。
原作・アニメにおいて―
アニメVRAINSの「遊作/Playmaker vs Ai」戦でPlaymakerが使用。
《リンクスレイヤー》・《サイバース・ウィザード》・《バックアップ・セクレタリー》・《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》をリンク素材にリンク召喚される。
(1)で《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》を対象にして自身の攻撃力を7300とした。
更に墓地から6属性を1体ずつ除外して(2)を6回発動し、Aiのフィールドから《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》以外のカードを全て破壊した。
攻撃力7000となった《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》を戦闘破壊して決着をつけようとしたが、墓地の《グッサリ@イグニスター》の効果であちら共々攻撃力3000にさせられ相打ちになった。
ただ、戦闘破壊に成功したことで直後の《サイバネット・クロージャ》の効果に繋げている。
(2)の効果名は「アクセス・インテグレーション」。
アニメではテキストが映されておらず、Aiがこのカードの効果に対してチェーンすることも無かったため、チェーンを封じることができたかは不明。
OCG化に当たって付与された可能性もある。
上記シーンでは、Playmakerは《Ai−Q》により1度しかリンク召喚できない状況であった。
これを踏まえてか、リンク召喚時にPlaymakerは「これが俺の最後のリンク召喚だ!」と決意の言葉を述べている。
この言葉通り、アニメVRAINSにおいて最後にリンク召喚されたリンクモンスターである。
このカードをリンク召喚したターンの開始時におけるPlaymakerは手札とフィールドに1枚もカードがない窮地であった。
その状況でありながら通常のドロー1枚からリンク4のこのモンスターを呼び出したことに対し、Aiは「流石だな…」と称賛している。
リンク召喚時の口上は、「まだ見ぬ世界へ繋がる風を掴め!リンク召喚!リンク4、《アクセスコード・トーカー》!」
カード名に「アクセス」の名を持つことから、上記の口上はPlaymakerが作中でスキル「Storm Access」を発動する際に、Aiが「風を掴め!Playmaker!」と檄を飛ばしていたのを意識したものだと思われる。
また、作中最後のリンク召喚もあってか、久方ぶりに「アローヘッド確認!」と「サーキットコンバイン!」というリンク召喚時の共通口上が使用されている。
上記デュエルでAiは《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》を6属性のモンスターを使って出す事に拘っていた。
対峙したこのカードもまた属性が多いほど力を増すという点で共通している。
《デコード・トーカー・エクステンド》や《コード・トーカー》に続き、入手経緯・時期が明確にされていないコード・トーカーの1体。
このカードは初のリンク4コード・トーカーであり、主人公の最終エースとも言えるモンスターなのだが、特にこうした背景が描かれることは無かった。
リンク素材に使用したモンスターの内、《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》以外は番組初期からPlaymakerが使用するモンスターであり、Aiも「懐かしいモンスターのオンパレード」と述べている。
作中のラストデュエルで初期からのモンスターが並び、それを他者から言及されるというシーンは過去にもアニメ5D''sの「遊星vsジャック」(4戦目)で見られた演出である。
並んだモンスターの中で1体だけ例外が存在し、更にそのモンスターのおかげで高攻撃力を得ている点でもあちらと類似している。