1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名   青眼双爆裂龙
日文名   青眼の双爆裂龍
英文名   Blue-Eyes Twin Burst Dragon
属性   Light
卡片种族  Dragon ドラゴン
星数/阶级 10
卡片种类   融合怪兽Monster·Fusion 融合モンスター
卡片密码   02129638
ATK   3000
DEF  2500
「青眼白龙」+「青眼白龙」 这张卡用融合召唤以及以下方法才能特殊召唤。 ●把自己的怪兽区域的上记卡送去墓地的场合可以从额外卡组特殊召唤(不需要「融合」)。 ①:这张卡不会被战斗破坏。 ②:这张卡在同1次的战斗阶段中最多2次可以向怪兽攻击。 ③:没被这张卡的攻击破坏对方怪兽的伤害步骤结束时才能发动。那只对方怪兽除外。
"Blue-Eyes White Dragon" + "Blue-Eyes White Dragon" Must be either Fusion Summoned, or Special Summoned by sending the above cards you control to the Graveyard (in which case you do not use "Polymerization"), and cannot be Special Summoned by other ways. Cannot be destroyed by battle. This card can make up to 2 attacks on monsters during each Battle Phase. At the end of the Damage Step, if an opponent’s monster that battled this card is not destroyed: You can banish that opponent’s monster.
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」 このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。 ●自分のモンスターゾーンの上記カードを墓地へ送った場合にエクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。 ①:このカードは戦闘では破壊されない。 ②:このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。 ③:このカードの攻撃によって相手モンスターが破壊されなかったダメージステップ終了時に発動できる。 その相手モンスターを除外する。
罕见度  银碎SER
卡包   VJMP
效果种类   卡片除外 破坏耐性 复数攻击 特殊召唤 送去墓地 
[青眼双爆裂龙]
<青眼の双爆裂龍>
[15/12/23]

这张卡用融合召唤以及以下方法才能特殊召唤。
●把自己的怪兽区域的上记卡送去墓地的场合可以从额外卡组特殊召唤(不需要「融合」)。
◇这张卡可以用融合魔法将2个「青眼白龙」作为融合素材进行融合召唤,也可以用这张卡写明的方法特殊召唤,两个方法都是这张卡的正规出场方法
◇这张卡正规出场过后,如果送去墓地或除外,也不能用其他方法特殊召唤
◇用融合魔法特殊召唤的场合,是在融合魔法的效果处理中特殊召唤
◇用这张卡写明的方法特殊召唤的场合,不开连锁,可以用自己怪兽区域表侧或里侧的素材
◇融合素材替代怪兽可以代替这张卡用融合魔法特殊召唤时的一个素材,不能代替用这张卡写明的方法特殊召唤的素材
◇用这张卡写明的方法特殊召唤不是融合召唤,被《融合解除》影响时不会将素材特殊召唤
●①:这张卡不会被战斗破坏。
◇永续效果
●②:这张卡在同1次的战斗阶段中最多2次可以向怪兽攻击。
◇永续效果
◇这张卡直接攻击过后,同一个战斗阶段不能再一次攻击怪兽
◇这张卡已经攻击过怪兽一次后,第二次攻击时只能攻击怪兽,此时攻击若发生战斗步骤的卷回导致没有对手怪兽可以攻击,这张卡不能直接攻击玩家,只能终止攻击
●③:这张卡的攻击没让对方怪兽被破坏的伤害步骤结束时才能发动。那只对方怪兽除外。
◇诱发效果,不取对象
◇场上效果被无效化的这张卡攻击对方怪兽并被战斗破坏后,伤害步骤结束时可以在墓地发动这个效果
◇被这张卡攻击的怪兽由于卡的效果而不会被战斗破坏或者用卡的效果代替破坏的场合,这张卡可以发动这个效果
Vジャンプ(2016年2月号) 付属カードで登場した光属性・ドラゴン族の融合モンスター。
 自分フィールドの融合素材を墓地へ送ってエクストラデッキから特殊召喚できる効果外テキスト、戦闘では破壊されない永続効果、モンスターに2回攻撃できる永続効果、戦闘破壊できなかった相手モンスターをダメージステップ終了時に除外できる誘発効果を持つ。
 《青眼の白龍》2体を融合素材として融合召喚する方法と、フィールドの融合素材を墓地へ送って特殊召喚する方法がある。
 《青眼の白龍》はサポートカードが豊富なので、どちらの方法でも特殊召喚は難しくない。
 融合召喚なら、《ドラゴン・目覚めの旋律》でサーチした《青眼の白龍》2体を融合素材に手札融合することができる。
 《龍の鏡》による墓地融合も可能で、《青眼の亜白龍》を融合素材にすれば蘇生カードなどとの兼ね合いも図りやすい。
 自己特殊召喚の場合は、《青眼の亜白龍》の他、聖刻の効果で特殊召喚された《青眼の白龍》や、《青眼の白龍》のカード名を得た《E・HERO プリズマー》を使うのもよいだろう。
 《青眼の白龍》同等のステータスと2回攻撃により、状況によっては大きな戦闘ダメージが狙える。
 攻撃した相手モンスターの攻撃力が3000を上回っていても、戦闘破壊耐性と除外効果により、戦闘ダメージと引き換えに除去することができる。
 大型モンスターにとって脅威となりやすい《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》に対しても戦闘破壊されず、除外効果の発動は阻害されるが2度目の攻撃で撃破できる。
 また、《マシュマロン》等の戦闘破壊耐性を持ったモンスターも、除外による除去が可能である。
 ただし、2回攻撃効果を適用できるのはモンスターに対してのみで、直接攻撃時には使用できない点に注意したい。
 一方、カードの効果への耐性は一切なく、蘇生・帰還も不可能なため、《復活の福音》などで防御しつつ、切り込み要員として使うのが良いだろう。
 レベル10なので《神縛りの塚》にも対応しており、対象耐性と効果破壊耐性で弱点を補い、2回攻撃で2000バーンダメージも狙える。
 なお、《青眼の白龍》を融合素材とする融合モンスターには、3体融合の《青眼の究極竜》・《真青眼の究極竜》も存在する。
 《青眼の究極竜》は効果を持たないが、直接攻撃時に与えられるダメージが大きく、《青眼の白龍》と共に《ダイガスタ・エメラル》で蘇生できる。
 《真青眼の究極竜》は、発動条件やコストはあるが、最大で3回の連続攻撃が可能で、直接攻撃への制限もない。
 このカードの強みは、融合素材が軽く、ランク8エクシーズモンスターのように特殊召喚可能で、高攻撃力モンスターや戦闘破壊耐性を持つモンスターに対処できる点にあると言えるだろう。
 しかし上述のように、フィールドに《青眼の白龍》2体が存在する場合は、ランク8のエクシーズ召喚が可能である。
 《No.62 銀河眼の光子竜皇》等に重ねて、同様に2回攻撃効果を持つ《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》をエクシーズ召喚することもできる。
 このカードよりも攻撃力が高く、墓地を肥やせるというメリットがあり、《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》を経由すれば除去も行える。
 また、同じ融合素材で《始祖竜ワイアーム》を融合召喚することもでき、こちらはステータスでやや劣るものの、効果モンスターに対しては滅法強い。
 ブルーアイズに属することや除外効果など、このカードならではの利点も存在するため、状況に応じてそれらのカードと使い分けていきたい。
「爆裂バースト」は《青眼の白龍》の攻撃名《滅びの爆裂疾風弾》に由来するものだろう。
複数の同名カードを融合素材とし、レベルが上昇しているにも関わらず、攻守が変化していない。
これに加え、属性と通常モンスターを融合素材とする点でも《キング・もけもけ》と共通している。