1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名   元素英雄 绝对零度侠
日文名   E·HERO アブソルートZero
其它译名或简称   可口可乐
英文名   Elemental HERO Absolute Zero
属性   Water
卡片种族   战士Warrior 戦士
星数/阶级 8
卡片种类   融合怪兽Monster·Fusion 融合モンスター
卡片密码   40854197
ATK   2500
DEF  2000
融合:名字带有「英雄」的怪兽+水属性怪兽。这张卡不能作融合召唤以外的特殊召唤。这张卡的攻击力上升场上表侧表示存在的「元素英雄 绝对零度侠」以外的水属性怪兽数量×500的数值。这张卡从场上离开时,对方场上存在的怪兽全部破坏。
1 "Elemental Hero", "Destiny Hero" or "Evil Hero" monster + 1 WATER monster This monster cannot be Special Summoned except by Fusion Summon. This card gains 500 ATK for each WATER monster on the field other than "Elemental Hero Absolute Zero". When this card is removed from the field, Destroy all monsters your opponent controls.
「HERO(ヒーロー)」と名のついたモンスター+水属性モンスター このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。このカードの攻撃力は、フィールド上に表側表示で存在する「E?HERO アブソルートZero」以外の水属性モンスターの数×500ポイントアップする。このカードがフィールド上から離れた時、相手フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。
罕见度  金字UR
卡包   其他
效果种类   魔陷破坏 怪兽破坏 属性关联 攻守上下 融合相关 
[元素英雄 绝对零度侠]

[09/12/31]

●名字带有「英雄/HERO」的怪兽+水属性怪兽。这张卡不能作融合召唤以外的特殊召唤。
◇无种类效果(不进入连锁)。
◇「心眼之女神/心眼の女神」等替代怪兽不能作为融合素材使用。
◇这张卡不能被「恶魔 弗兰肯/デビル·フランケン」「魔导科学家/魔導サイエンティスト」「幻想召唤师/幻想召喚師」「突然变异/突然変異」「王家的神殿/王家の神殿」等效果从额外卡组特殊召唤。
◇完成了正规召唤程序也不能用其他卡的效果特殊召唤。
◇可以使用「未来融合/未来融合-フューチャー·フュージョン」进行融合召唤。
●这张卡的攻击力上升场上表侧表示存在的「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」以外的水属性怪兽数量×500的数值。
◇永续效果(不进入连锁)。
◇场上表侧表示存在的「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」以外的水属性怪兽包括对方场上的怪兽。
◇因为「英雄假面/ヒーロー·マスク」的效果这张卡名字变更后,这张卡视为「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」以外的水属性怪兽。
●这张卡从场上离开时,对方场上存在的怪兽全部破坏。
◇诱发效果(进入连锁)。
◇强制发动。
◇里侧表示的这张卡被送去墓地或除外的场合,这个效果不发动。
◇这张卡回到额外卡组时,这个效果也发动。
◇把这张卡解放或作为COST离场时,这个效果也发动。
◇因为「融合解除/融合解除」的效果离场时,这个效果也发动。
◇因为「融合解除/融合解除」的效果离场,这个效果发动的场合,可以对应这个效果发动「天罚/天罰」,效果处理完后回到额外卡组这张卡破坏送去墓地。
◇因为「亚空间物质传送装置/亜空间物质転送装置」暂时除外的场合,这个效果也发动。
◇因为「亚空间物质传送装置/亜空间物质転送装置」暂时除外发动使这个效果发动时,被「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」等无效后不会被破坏送去墓地。
在这个回合的结束阶段这张卡回到场上。
◇「技能吸收/スキルドレイン」发动中,这张卡离场的场合,这个效果也发动。
◇「新宇宙侠·黑暗豹/N·ブラック·パンサー」或「混沌幻影/ファントム·オブ·カオス」的效果获得这张卡的这个效果时,离场的场合,这个效果不发动。
◇这张卡的控制权发生转移后,以被除外以外的方式离场的场合,视为这张卡原持有者发动效果。
◇这张卡的控制权发生转移后,被永久除外(如「邪帝 盖乌斯/邪帝ガイウス」)的场合,视为这张卡的原持有者发动效果。
◇这张卡的控制权发生转移后,被暂时除外(如「亚空间物质传送装置/亜空間物質転送装置」「命运英雄 恶魔人/D-HERO デビルガイ」)的场合,为这张卡的现控制权所有者发动效果。
例1
己方的「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」被对方夺取了控制权后,对方发动「亚空间物质传送装置/亜空間物質転送装置」将「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」暂时除外的场合
由对方发动「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」的效果,将己方场上的怪兽破坏。

例2
己方的「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」被对方夺取了控制权后,己方发动「命运英雄 恶魔人/D-HERO デビルガイ」将对方的「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」暂时除外的场合
由对方发动「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」的效果,将己方场上的怪兽破坏。

例3
己方的「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」被对方夺取了控制权后,己方或对方发动「邪帝 盖乌斯/邪帝ガイウス」将对方的「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」除外的场合
由己方发动「元素英雄 绝对零度侠/E·HERO アブソルートZero」的效果,将对方场上的怪兽破坏。

◇因为「英雄假面/ヒーロー·マスク」的效果这张卡名字变更后,离场的场合这个效果发动。
◇被「冥界的魔王 哈·迪斯/冥界の魔王 ハ·デス」战斗破坏的场合,这个效果会被无效。
◇被装备有「虹之衣/レインボー·ヴェール」的怪兽战斗破坏的场合,这个效果不会被无效。
遊戯王GX 第4巻 付属カードで登場した水属性・戦士族の融合モンスター。E・HEROの1体であり、攻撃力を強化する永続効果と、フィールド上から離れた時、相手の場のモンスターを全て破壊する強制発動の誘発効果を持つ。
 《E·HERO ガイア》等と同様以上に、非常に緩い融合素材を持つ。【E・HERO】においては、《E·HERO エアーマン》によって《E·HERO オーシャン》を手札に加えることで2枚の手札消費で融合召喚ができる。正規融合を狙うデッキにおいて必須カードとなる《沼地の魔神王》も水属性であり融合素材にできるため、【E・HERO】は勿論、それ以外の融合を使用するデッキでも活躍が見込める。また、《未来融合-フューチャー·フュージョン》でこのカードを指定してE・HEROと《沼地の魔神王》を同時に墓地へ送り、これを融合素材として《ミラクル·フュージョン》に繋げれば、E・HERO融合モンスターのほとんどを融合召喚することができる。
 自己強化効果は、基本的に【水属性】において有効となる。大量展開しやすい【ガエル】や【魚族】、場持ちの良いモンスターが多い【雲魔物】とは相性が良い。相手フィールド上もカウントするので、これらのデッキを相手にした場合でも役立ってくれる。《DNA移植手術》で水属性を宣言するのも有効。その場合攻撃力上昇に貢献するだけでなく、自分フィールド上のHEROと相手フィールド上のあらゆるモンスターとで《超融合》による融合召喚を行えるようになる。この効果を有効活用するにはやや状況が限定されるが、上昇値はそこそこに高いため、《E·HERO オーシャン》や適当な水属性モンスターを並べただけでも大きな意味を持つだろう。
 上記の自己強化効果はデッキを選ぶが、それに対し破壊効果はデッキを選ばず、非常に強力である。発動条件がこの手の効果にありがちな「破壊され」「墓地へ送られた時」などではなく「フィールド上から離れた時」であるため、除外やバウンスであっても効果は発動する。それも、強制効果であるためタイミングを逃す心配がない事は心強い。蘇生・帰還できないデメリットを持つE・HEROの融合モンスターとしては、除去されてもアドバンテージを稼げる可能性が高い点は大いに評価できるだろう。その性質上、融合召喚に成功すれば、かなりの確率で融合召喚のための損失を取り戻すことができる。融合召喚自体が、《融合》系カードそのものを無効にされなければほぼ確実に融合召喚に成功できるシステムのため、このモンスター効果と噛み合っている。さらに、《ワーム·ホール》・《亜空間物質転送装置》・《パラドックス·フュージョン》と組み合わせることで、それらのカードを擬似《サンダー·ボルト》として自発的に使うことが可能。特に《マスク·チェンジ》を用いこのカードを墓地へ送って《M·HERO アシッド》を特殊召喚することに成功すれば、相手のフィールドに壊滅的な打撃を与えることが可能である。
 破壊効果が適用できる状況の範囲の詳細については以下のとおり。
戦闘破壊、効果による破壊、バウンス、除外、コストによる墓地送り、再び融合素材とするなど、あらゆる状況でフィールドから離れた場合で効果が発動するが、《月の書》などで裏側表示になっている場合は不可能。
ただし、裏側表示で戦闘を行って破壊される場合は、ダメージステップに表側表示になってから場を離れるので問題なく効果が発動する。
強制効果なので効果処理の途中などでフィールドを離れても、その処理が終わった後に破壊効果が発動する。
《スキルドレイン》によって効果が無効になっていても問題なく発動可能(フィールドを離れ、その送られた場所で発動する効果のためである)。
《サクリファイス》などの一部の効果モンスターによって吸収され装備カードとなっている場合、《サイクロン》などで《E·HERO アブソルートZero》を破壊すれば、元々の持ち主から見た相手フィールド上のモンスターが破壊される。
 このように、除去能力にかけてはピカイチの効果を持つ。効果による除去全般に対応し、かつ自爆特攻による戦闘破壊時には《我が身を盾に》すらも使用できないので、《デストラクション·ジャマー》や《天罰》などを用いるしかない。ちなみにエクストラデッキに戻ることによってフィールドを離れた場合もその効果に対して《天罰》を発動ができる。(FAQ参照)
 《スターダスト·ドラゴン》によっても防がれてしまうが、他の水属性モンスターの併用で戦闘破壊が可能、あるいは相打ちをして更に効果の発動が可能なため、あまり苦にはしない。
 逆に、相手にこのカードを特殊召喚された場合は厄介。攻撃力・守備力はいずれも決して低い値ではないため、戦闘破壊での処理は自分の高攻撃力モンスターを失い、追撃も不可能という状態に追い込まれる。できうる限り自分のモンスターがいない状況で魔法・罠カードを用いて除去したいところだが、昨今における除去の中心は効果モンスターの効果によるものであるため、それも難しい。コントロールの奪取や交換ならば効果発動されずに相手フィールドから引き離すことができる。しかし、自分のフィールドから離れた時に破壊効果が飛んでくるため、結局のところ脅威は残る。確実に無力化するには、裏側表示にしてから除去するか、カウンター罠などを使用するしかないだろう。最初から融合召喚を行うカードを無効にする手もあるが、総じて効果解決時に対象を決定するため、効果発動時には何を融合召喚しようとしているか宣言が必要ないために幾分かの博打要素がある。そもそもそのカードが《超融合》であった場合、それにチェーンすらできない。
どちらの融合素材としても使える、「水属性のHERO」は自身を除くと次の通り。
《E·HERO エリクシーラー》は永続効果が無効にされていない限り、水属性としても扱える。
《E·HERO アイスエッジ》
《E·HERO オーシャン》
《E·HERO バブルマン》
《E·HERO バブルマン·ネオ》
《E·HERO スチーム·ヒーラー》
《E·HERO セイラーマン》
《E·HERO アクア·ネオス》
《E·HERO マリン·ネオス》
《M·HERO ヴェイパー》
《M·HERO アシッド》
このカード自体も水属性かつHEROであるので、このカードを融合素材にして新たな《E·HERO アブソルートZero》を融合召喚することも可能である。
これは、相手のモンスターを一掃した挙げ句さらなる脅威を作り出す、ということになる。
相手の《E·HERO アブソルートZero》を《超融合》した場合は《超融合》→《E·HERO アブソルートZero》の融合召喚→融合素材となった《E·HERO アブソルートZero》の効果発動→破壊された《E·HERO アブソルートZero》の効果発動という順に処理が行われ、結果としてお互いのフィールド全てのモンスターが破壊される。
《氷結界の龍 ブリューナク》などの効果を発動された場合、《超融合》でその後のチェーンを許さず回避することができる。
融合モンスターを除去されるともろい【E・HERO】においては、心強いだろう。
また、相手のコストを必要とする効果を回避しつつ使うことで、《超融合》のコストの損失をカバーできる。
他の属性融合系E・HEROと違って「HERO」を指定しているため、D-HEROやE-HEROなども融合素材にできる。
《未来融合-フューチャー·フュージョン》によって、《D-HERO ディアボリックガイ》と《黄泉ガエル》を同時に墓地へ送る、といった芸当も可能である。
また、《チェーン·マテリアル》を利用することで、エンドフェイズに擬似《サンダー·ボルト》が放てる。
《融合解除》などの場合も、タイミングを逃さずに効果を発揮できる。
選択できる融合素材の幅が広く拡張性があるため、《超融合》とともにコンボとして組み込む価値は十分にあると言える。
特に《E·HERO エアーマン》など、特殊召喚された時にアドバンテージを得られるモンスターを融合素材に用いている場合などには積極的に狙っていこう。
また、《E·HERO エッジマン》などの高い攻撃力のカードを融合素材に使用していれば、自身の破壊効果とあわせてゲームエンドに持ち込むことも難しくない。
《クロス·ソウル》で相手のこのカードをリリースして三幻神を召喚する事で、破壊効果を発動させる事無く除去できる。
三幻神はどれも召喚に成功した時に、あらゆるカードの効果の発動を許さないためである。
同じ理論でこのカードを《精神操作》等でコントロール奪取し、さらに何らかの手段でレベルを変更したところで《BF-流離いのコガラシ》とシンクロ召喚する手もあるが、流石に現実的ではない。
よく見ると各部アーマーの形状が《E·HERO ノヴァマスター》に類似している。
「アブソルートZero(absolute zero)」とは、英語で「絶対零度」を指す。
絶対零度とは熱力学温度(ケルビン)における0Kの事で、物質のエネルギーが最低になった状態、つまりこれ以上下がりようの無い温度であり、セルシウス度(摂氏)にして-273.15℃とされる。
古典物理では絶対零度の時、熱運動は全て停止するとされているが、現代の物理学では不確定性原理により絶対零度下で運動は完全には停止しないという(零点振動と呼ばれる)。
原作・アニメにおいて―
漫画GXにおける響紅葉のプロ時代「最強のE・HERO」。
紅葉はこのカードで第三回デュエル世界大会の優勝を勝ち取った。
その後、紅葉のデッキと共に十代へと受け継がれ、「十代vs万丈目」(2戦目)で登場。
《E·HERO オーシャン》と《E·HERO アイスエッジ》を《融合》して融合召喚された。
魔法カード《エレメント・チェンジ》(《DNA移植手術》を参照)によってフィールド上の全モンスターを水属性に変更することで、自身の攻撃力を上げるという、紅葉のデッキには無かった戦術を披露した。
「十代&万丈目vsMr.マッケンジー(トラゴエディア)」戦では《E·HERO エアーマン》と《E·HERO オーシャン》を《ミラクル·フュージョン》によって融合する事で融合召喚された。
こちらでは効果は発揮されず、単なるアタッカーとしての活躍に留まった。
攻撃名は「瞬間氷結(Freezing at moment) 」。
上昇効果を使うと、手が刃に変わるようだ。
漫画では融合素材が記されておらず、フィールド上に表側表示で存在する水属性モンスターに自身は含まないが、同名カードはカウントする仕様だった。
また、作中では破壊効果自体を持っていなかった。
OCG化にあたり効果が増えるのは珍しい事では無いが、結果として「最強のE・HERO」と呼ばれるに相応しいカードになったと言える。
付属しているのは漫画GXの4巻だが、漫画本編に初登場したのは5巻である。
「明日香vsレジー・マッケンジー」戦では、明日香が速攻魔法《瞬間氷結》を使用している。
コナミのゲーム作品において―
DUEL TERMINALではEXステージの十代が使用する。
カード名を言う演出は特に無いようだ。

遊戯王ONLINE DUEL ACCELERATORシーズン16では制限カードに指定されている。
確かにこのカードを得た【E・HERO】は強力になったが、同改訂では【ガエル】に対して厳しい規制が敷かれているため、そちらの煽りを喰った形の規制だと思われる。
雷击 通常魔法 雷击

对方场上存在的怪兽全部破坏。

闪电旋涡 通常魔法 闪电旋涡

丢弃1张手卡发动。对方场上表侧表示存在的怪兽全部破坏。

元素英雄 大地侠 融合怪兽 元素英雄 大地侠

星6/地/战士/攻2200/守2600

融合:名字带有「元素英雄」的怪兽+地属性怪兽。这张卡不用融合召唤不能特殊召唤。这张卡融合召唤成功时,选择对方场上表侧表示存在的1只怪兽发动。直到这个回合的结束阶段时,选择的1只怪兽的攻击力变成一半,这张卡的攻击力上升那个数值。

地缚神 阿斯利亚·皮斯科 效果怪兽 地缚神 阿斯利亚·皮斯科

星10/暗/鸟兽/攻2500/守2500

名字带有「地缚神」的怪兽在场上只能有1只表侧表示存在。场上没有表侧表示场地魔法卡存在的场合这张卡破坏。对方不能选择这张卡作为攻击对象。这张卡可以直接攻击对方玩家。这张卡的效果以外让这张卡从场上离开时,对方场上表侧表示存在的怪兽全部破坏,破坏的怪兽每有1只给予对方基本分800分伤害。

元素英雄 闪光侠 融合怪兽 元素英雄 闪光侠

星8/光/战士/攻2600/守2100

融合:名字带有「元素英雄」的怪兽+光属性怪兽。这张卡不用融合召唤不能特殊召唤。这张卡的攻击上升从游戏中除外的自己的名字带有「元素英雄」的怪兽数量×300的数值。这张卡从场上送去墓地时,可以选择从游戏中除外的最多2只自己的名字带有「元素英雄」的怪兽加入手卡。

元素英雄 大龙卷侠 融合怪兽 元素英雄 大龙卷侠

星8/风/战士/攻2800/守2200

融合:名字带有「元素英雄」的怪兽+风属性怪兽。这张卡不用融合召唤不能特殊召唤。这张卡融合召唤成功时,对方场上表侧表示存在的全部怪兽的攻击力·守备力变成一半数值。

元素英雄 幽冥女郎 融合怪兽 元素英雄 幽冥女郎

星8/暗/战士/攻2500/守2000

融合:名字带有「元素英雄」的怪兽+暗属性怪兽。这张卡不用融合召唤不能特殊召唤。这张卡的攻击力上升自己墓地存在的名字带有「元素英雄」的怪兽数量×100的数值。

假面英雄 雾水 融合怪兽 假面英雄 雾水

星6/水/战士/攻2400/守2000

融合:这张卡用「假面变化」的效果才能特殊召唤。这张卡不会被魔法·陷阱·效果怪兽的效果破坏。

元素英雄 新星主 融合怪兽 元素英雄 新星主

星8/炎/战士/攻2600/守2100

融合:名字带有「元素英雄」的怪兽+炎属性怪兽。这张卡不用融合召唤不能特殊召唤。这张卡战斗破坏对方怪兽的场合,从自己卡组抽1张卡。

假面英雄 酸水 融合怪兽 假面英雄 酸水

星8/水/战士/攻2600/守2100

融合:这张卡用「假面变化」的效果才能特殊召唤。这张卡特殊召唤成功时,对方场上的魔法·陷阱卡全部破坏,对方场上的全部怪兽的攻击力下降300。