1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名   救世星龙
日文名   セイヴァー·スター·ドラゴン
英文名   Majestic Star Dragon
属性   Wind
卡片种族  Dragon ドラゴン
星数/阶级 10
卡片种类   同调怪兽Monster·Synchro シンクロモンスター
卡片密码   07841112
ATK   3800
DEF  3000
同调:「救世龙」+「星尘龙」+调整以外的怪兽1只。对方把魔法·陷阱·效果怪兽的效果发动时,可以把这张卡解放让那个发动无效,对方场上的卡全部破坏。1回合1次,可以直到结束阶段时让对方1只表侧表示怪兽的效果无效化。此外,可以把无效化怪兽记述的效果作为这张卡的效果只有1次发动。结束阶段时这张卡回到额外卡组,把自己墓地存在的1只「星尘龙」特殊召唤。
"Salvation Dragon - Savior Dragon" + "Stardust Dragon" + 1 non-Tuner monster When your opponent activates the effect of a Spell, Trap or Effect Monster, you can Tribute this card to negate it, and destroy all cards your opponent controls. Once per turn, negate the effect(s) of 1 face-up monster your opponent controls until the End Phase. Also, that monster effect(s) can be treated as this card’s effect and can be activated once. Return this card to the Extra Deck during the End Phase, and Special Summon 1 "Stardust Dragon" from your Graveyard.
「救世竜 セイヴァー?ドラゴン」+「スターダスト?ドラゴン」+チューナー以外のモンスター1体 相手が魔法?罠?効果モンスターの効果を発動した時、このカードをリリースする事でその発動を無効にし、相手フィールド上のカードを全て破壊する。1ターンに1度、エンドフェイズ時まで相手の表側表示モンスター1体の効果を無効化できる。また、無効化したモンスターに記された効果をこのカードの効果として1度だけ発動できる。エンドフェイズ時にこのカードをエクストラデッキに戻し、自分の墓地に存在する「スターダスト?ドラゴン」1体を特殊召喚する。
罕见度  平卡N,银字R,金字UR,全息HR,鬼闪GHR,斜碎SCR,立体UTR
卡包   SOVR(606)MFC02DP10DE04
效果种类   魔陷破坏 怪兽破坏 效果无效化 墓地回收 特殊召唤 
[救世星龙]
<セイヴァー·スター·ドラゴン>
[11/04/15]

●「救世龙/救世竜 セイヴァー·ドラゴン」+「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」+调整以外的怪兽1只
◇「救世龙/救世竜 セイヴァー·ドラゴン」「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」哪1只是调整都可以成为同调素材
◇「救世龙/救世竜 セイヴァー·ドラゴン」「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」2只都是调整也可以成为同调素材
◇「救世龙/救世竜 セイヴァー·ドラゴン」「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」2只都不是调整不能成为同调素材
●对方把魔法·陷阱·效果怪兽的效果发动时,可以把这张卡解放让那个发动无效,对方场上的卡全部破坏。
◇诱发即时效果(进入连锁)
◇伤害步骤可以发动
◇这张卡被战斗破坏确定的场合,伤害计算后到离场前的期间不能发动
◇连锁『持有「把场上的卡破坏的效果」并且预定「那次逆顺处理时就把场上的卡破坏」的魔法·陷阱·效果怪兽的效果』的发动才能发动
◇连锁『对方发动的魔法·陷阱·效果怪兽的效果』的发动才能发动
◇「命运英雄 钻石人/D-HERO ダイヤモンドガイ」的魔法的『效果发动』能对应
◇「烈焰加农炮/ブレイズ·キャノン」等魔法·陷阱卡的『效果发动』能对应
◇把这张卡解放是COST
◇不取对象
◇「特拉戈迪亚/トラゴエディア」等手卡效果发动无效后留在手卡
◇对方场上没有卡存在的场合也能发动
●1回合1次,可以直到结束阶段时让对方1只表侧表示怪兽的效果无效化。
◇起动效果(进入连锁)
◇发动时选择对方1只表侧表示怪兽(取对象)
◇不能选择通常怪兽以及当作通常怪兽使用的效果怪兽
◇不能选择已经是效果无效化状态的效果怪兽
◇这个效果无效的怪兽之后变过里侧或离过场的场合不无效化
◇这个效果无效的怪兽从场上离开后的效果不无效化
★这个效果适用后,这张卡装备「愚钝之斧/愚钝の斧」的场合,效果被无效化的怪兽是否能够发动效果?调整中
●此外,可以把无效化怪兽记述的效果作为这张卡的效果只有1次发动。
◇只在这个回合可以作为这张卡的效果发动
◇无效化怪兽不在场上表侧表示存在的场合,仍可以作为这张卡的效果发动
◇作为这张卡的效果发动的只能是在场上表侧表示存在的状态下发动的起动效果、诱发效果、诱发即时效果(合计1次)
◇作为这张卡的效果发动的怪兽效果的发动条件不能无视
◇作为这张卡的效果发动的怪兽效果的适用条件不能无视
◇作为这张卡的效果发动的怪兽效果的COST不能无视
◇作为这张卡的效果发动的怪兽效果把自身作为COST(「流氓佣兵部队/ならず者佣兵部队」等)的场合,效果有效
◇无效化怪兽记述的强制发动效果符合发动条件时,自己可以决定是否发动
◇无效化怪兽记述的强制发动效果在召唤行为结束前、支付COST时、同一组连锁的效果处理全部完成前等情况下符合发动条件的场合,仍可以由自己决定是否发动
◇「混沌幻影/ファントム·オブ·カオス」等能得到别的怪兽效果的效果作为这张卡的效果发动的场合,得到的怪兽效果不能发动
◇「剑斗兽 乔治/剣闘獣ゲオルディアス」等回到额外卡组为COST的效果可以作为这张卡的效果发动
◇「剑斗兽 盾斗/剣闘獣サムニテ」等回到注卡组为COST的效果不能作为这张卡的效果发动
◇「胜利蛇XX03/ビクトリー·バイパー XX03」的第3个效果作为这张卡的效果发动的场合,特殊召唤成功的「子机衍生物」马上破坏
◇二重怪兽记述的『这张卡当作效果怪兽使用并得到以下效果』这部分之后的效果,由于这张卡不能再度召唤,无法作为这张卡的效果发动
◇名字带有「变形斗士/D」的怪兽记述的『这张卡得到这张卡的表示形式的以下效果』这部分之后的效果,『●攻击表示』可以作为攻击表示的这张卡的效果发动,『●守备表示』可以作为守备表示的这张卡的效果发动(合计1次)
◇名字带有「秘仪之力/アルカナフォース」的怪兽记述的『进行1次投掷硬币得到以下效果』这部分之后的效果的场合,获得的效果全部不适用。
◇无效化怪兽记述的结束阶段诱发效果和这张卡本身的结束阶段诱发效果由自己决定哪个先发动
●结束阶段时这张卡回到额外卡组,把自己墓地存在的1只「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」特殊召唤。
◇诱发效果(进入连锁)
◇强制发动
◇双方回合的结束阶段时都发动
◇「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」必须满足苏生限制
◇能把自己场上存在的持有者为对方的这张卡回到对方的额外卡组,把自己墓地存在的1只「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」特殊召唤
◇自己墓地没有「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」存在仍发动
◇「虚无魔人/虚无魔人」「G·B·猎人/G·B·ハンター」等适用中仍发动
◇发动时选择自己墓地存在的1只「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」(取对象)
◇效果处理时自己墓地没有「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」存在仍回到额外卡组
◇效果处理时「虚无魔人/虚无魔人」等适用中仍回到额外卡组
◇这张卡没有回到额外卡组的场合,不把「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」特殊召唤
◇自己墓地存在有「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」、场上存在的「王家长眠之谷/王家の眠る谷-ネクロバレー」适用中的场合,这张卡回合结束时仍回到额外卡组,这个效果无效化。
◇自己墓地不存在有「星尘龙/スターダスト·ドラゴン」、场上存在的「王家长眠之谷/王家の眠る谷-ネクロバレー」适用中的场合,这个效果也发动
STARDUST OVERDRIVEで登場した風属性・ドラゴン族のシンクロモンスター。相手のカードの発動・効果の発動・モンスター効果の発動を無効にし相手フィールド上のカードを破壊する誘発即時効果、相手フィールド上のモンスターの効果を無効にしその効果を得る起動効果、自身をエクストラデッキに強制的に戻して《スターダスト·ドラゴン》を蘇生する誘発効果を持つ。
 シンクロモンスターの中でも強力なモンスター効果を持つが、シンクロ素材の関係上重いモンスターである。シンクロ素材が2体指定されているので、レベルを変化させる効果を受けていない限りは最後のモンスターは必然的にレベル1のモンスターとなる。
 以下のように、このモンスターのシンクロ召喚をサポートするカードは豊富に存在するので、比較的容易にこのモンスターを場に呼び出せる。《救世竜 セイヴァー·ドラゴン》は《ワン·フォー·ワン》・《リミット·リバース》等の場に出すためのサポートカードは多い。チューナー以外のレベル1モンスターには、専用サポートカードと言える《スターダスト·シャオロン》を使うのがいいだろう。他にも無条件で特殊召喚が可能な《ジェスター·コンフィ》、通常召喚に成功した場合に特殊召喚できる《ワンショット·ブースター》等がある。《救世竜 セイヴァー·ドラゴン》が墓地にあれば、《金華猫》でチューナーとレベル1モンスターを同時に揃える事も可能である。手段は豊富だが、1ターンで揃えるには自分の状況を考慮するようにしよう。 1つ目の効果は相手のカード効果の無効化に加え、相手フィールド上のカードを一掃する強力な効果である。しかし、これはあくまでも相手の効果に誘発されるものであり、いつでも自由に発動できる効果ではない。また、効果でリリースした後も《スターダスト·ドラゴン/バスター》のようにエンドフェイズに蘇生するわけではないので、相手フィールドに最低でも4枚はカードがないとアドバンテージ的には損になる。シンクロ召喚の過程でボード・アドバンテージを消費しており、自分フィールドががら空きになるおそれもあるので、使うタイミングが重要となる。このモンスター効果の発動を積極的に狙う場合、相手の《クリッター》など強制的に発動されるカードが存在する状況が狙い目になる。1つ目の効果がアドバンテージに直結するかどうかはこのカードを使用する上で重要なので、見極めが必要である。何もせずともエンドフェイズにこのカードは消える以上、相手がリスクを犯してまで効果を使うことは少ないが、言い換えるなら高攻撃力を通す抑止力としては機能するといえる。
 2つ目のモンスター効果をコピーする効果は強力だが、状況や相手に依存するというのが難点である。理想としては《氷結界の龍 ブリューナク》の起動効果等をコピーできれば強力である。利用したい優秀な効果モンスターを展開されている状況でこのカードを出すのはやや難しく、都合の悪い効果を無効にできるだけでも優秀と割り切るのも手だろう。狙い目としては戦闘破壊耐性等永続効果、《A·O·J カタストル》等の誘発効果を無効化できれば戦況を有利にすることができる。ただし、コピーできる効果は、「発動」する(チェーンブロックを作る)効果のみであり、チェーンブロックを作らない永続効果やルール効果は無効にするだけで効果は得られないので気をつけたい。
 3つ目はデメリットで、ターン終了時に《スターダスト·ドラゴン》に戻る効果。単純な分離ではなく、3体のシンクロ素材の内の1体だけしか戻ってこないため、ボード・アドバンテージは大きく失ってしまう。何も考えずにこのカードを出しても、1ターンでエクストラデッキに帰ってしまうので、相手にとって、このカードは「自壊までの1ターンのロック」程度の影響力しか持たないので要注意。エクストラデッキに帰ってしまっても、《スターダスト·ドラゴン》を特殊召喚できるので、自分フィールドががら空きにはならないが、シンクロ召喚のタイミングを熟考する必要がある。《スターダスト·ドラゴン》が墓地に存在しないときや、正規のシンクロ召喚をせず墓地に存在し蘇生制限を満たしていない場合などもエクストラデッキに戻るが《スターダスト·ドラゴン》を特殊召喚できないことには注意。これは、《スターライト·ロード》で特殊召喚した《スターダスト·ドラゴン》で起きることなので気をつけよう。
 このカードは高い攻撃力を持つので、ほとんどのモンスターを戦闘破壊することができ、対フィニッシャーとしても威力を問題なく使えるのが魅力と言える。問題は、このカードをシンクロ召喚した時点でボード・アドバンテージを大幅に失っており、フィニッシャーとするのに一工夫が必要になる点であるが、吸収した相手のモンスター効果をうまく利用できれば、損失分を取り戻し易くなる。
《ウィキッド·リボーン》とは相性が良い。
このカードを墓地から特殊召喚すればフィールドに留まり続ける。
二つ目の効果は使用できないが、無効にして破壊する効果は《スターダスト·ドラゴン》と同様に効果解決時に《ウィキッド·リボーン》と対象をとり続ける関係がなくなるので無効化されない。
同じ理由で、《愚鈍の斧》も利用できる。
またこのカードがエクストラデッキに戻る効果については個々の状況によって変わるので下記のFAQを参照。
《スターダスト·ドラゴン》の派生には《スターダスト·ドラゴン/バスター》もいる。
攻撃力・特殊召喚の難易度はこちらが高いが、制圧力はあちらが上である。
また、新たに登場した《シューティング·スター·ドラゴン》はこのカードと同等の特殊召喚難度と派手な効果を備えている。
《スターダスト·ドラゴン》・《スターダスト·ドラゴン/バスター》と違い、自分のカードの効果は無効にできない。
また、上記の2体と違い、無効化したカードを直接破壊する効果ではない。(《トラゴエディア》等、手札で発動した効果を無効にしても、そのカードを破壊できない)
したがって役割は上記の2種類とは別に扱うことが望ましいといえる。
エンドフェイズ時にエクストラデッキに戻る効果は、光神機のように毎ターン発動する(下記参照)。
シンクロ素材となる非チューナーのカード名を指定している初のシンクロモンスターである。
具体的には《スターダスト·ドラゴン》のレベルを4、光属性にして《ライトニング·チューン》を使用すれば《スターダスト·ドラゴン》をチューナーにできる。
チューナーでない《救世竜 セイヴァー·ドラゴン》は《ファントム·オブ·カオス》等でカード名をコピーした際に有り得る状況である。
シンクロ素材が「合計3体」と指定されている初めてのカード。
《スターダスト·ドラゴン》のレベルを下げたとしても、4体以上のモンスターをシンクロ素材にする事はできないのだ。
「合計2体」には、既に《神海竜ギシルノドン》や《ワンショット·キャノン》などが存在する。
複雑な召喚条件を持つが、蘇生制限を満たせば蘇生・帰還は可能。
過去に登場したこの手の大型モンスターは蘇生・帰還が不可能な場合が多かったが、このカードはそれらと比べると扱いやすく、またサポートカードの多さから比較的場に出し易くなっている。
原作・アニメにおいて―
アニメ5D`'sの「遊星vs鬼柳」(2戦目)において登場した遊星の切り札。
《地縛神 Ccapac Apu》の効果を奪い戦闘破壊し、戦闘ダメージと効果ダメージにより勝負を決めた。
「遊星&ジャック&クロウvsレクス・ゴドウィン」戦、「遊星vsゴースト」戦でも使用され、シンクロ召喚される度に相手モンスターの効果を無効にし戦闘破壊することで勝負を決めている。
「遊星vsハラルド」戦では1年振りに登場。
はじめて特殊召喚ターン内に決着がつかなかったが、永続罠《ステイ・フォース》によりエクストラデッキに戻る効果を無効化されてフィールドに留まっている。
《極神聖帝オーディン》のモンスター効果の発動を無効にしてハラルドのフィールド上のカードを全て破壊した。
攻撃名は「シューティング・ブラスター・ソニック」。
1つ目の効果名は「スターダスト・フォース」、2つ目の効果名は「サブリメーション(サブリメイション)・ドレイン」。
1つ目の効果は相手のカードの枚数分だけ分身して破壊するカードめがけて突撃する演出がなされた。
シンクロ召喚の際の台詞は「集いし星の輝きが、新たな奇跡を照らし出す。光さす道となれ!シンクロ召喚!光来(こうらい)せよ、《セイヴァー·スター·ドラゴン》!」
「光来」とは「来る」の尊敬語なので、「光来せよ」は本来間違った言い方である。
漫画5D`'sにおける「遊星vsボマー」戦でも、《ライトニング·ウォリアー》のシンクロ召喚時に遊星が「光来せよ!」と発言している。
複数回登場してはいるが、エクストラデッキに戻ったことは一度もない。
吸収した効果の使用は、初登場時に《地縛神 Ccapac Apu》に対し発動した一度のみ。
また、決着かリリースという形のため、《スターダスト·ドラゴン》の特殊召喚も当然ながら行われたことがない。
効果名の「サブリメーション(sublimation)」は昇華、純化と言った意味で、直訳すれば「昇華吸収」となる。
ジャンプのアニメ紹介の欄において、本来《シューティング·スター·ドラゴン》のものであるはずの画像が、何故かこのカードのものになっていた。
アニメ5D`'sの55話の次回予告で、遊星がこのカードを持ち、ズームアップしていくシーンが放送された。
しかし、本編では《救世竜 セイヴァー·ドラゴン》をドローしている描写に差し替えられていた。
ハラルドはこのカードを目にした際、「赤き龍の化身」と呼んでいた。
ドローする際の演出など、このカードのシンクロ素材となる《救世竜 セイヴァー·ドラゴン》が持つ特異性に迫る一言だが、その後も詳細は語られていない。
コナミのゲーム作品において―
DUEL TERMINALでは、デッキによっては第8弾からEXステージの遊星が使用することがある。
また、このカードをスキャンすると隠しデッキ「星竜の光来(スターライト・アドベント)」を使用でき、あらかじめ《スターダスト·ドラゴン》も投入されている。
ただし、このカード以外のシンクロモンスターをスキャンした場合、《スターダスト·ドラゴン》はあらためて別個スキャンしない限りエクストラデッキから外されてしまう。
新宇宙侠·黑暗豹 效果怪兽 新宇宙侠·黑暗豹

星3/暗/兽/攻1000/守500

可以选择对方场上表侧表示存在的1只怪兽。只要这张卡在自己场上表侧表示存在,这张卡直到结束阶段时当作选择怪兽的同名卡使用,并且得到和选择怪兽相同的怪兽效果。这个效果1回合只能使用1次。

元素英雄 黑暗新宇侠 融合怪兽 元素英雄 黑暗新宇侠

星7/暗/战士/攻2500/守2000

融合:「元素英雄 新宇侠」+「新宇宙侠·黑暗豹」。把自己场上存在的上记的卡回到卡组的场合才能从融合卡组特殊召唤(不需要「融合」魔法卡)。可以选择场上表侧表示存在的1只效果怪兽。只要这张卡在自己场上表侧表示存在,选择的怪兽直到从场上离开效果无效化(这个效果可以选择的怪兽最多1只)。结束阶段时这张卡回到融合卡组。

神禽王 亚力克特 效果怪兽 神禽王 亚力克特

星6/风/鸟兽/攻2400/守2000

对方场上相同属性的怪兽表侧表示2只以上存在的场合,这张卡可以从手卡特殊召唤。1回合1次选择场上表侧表示存在的1张卡。选择的卡的效果在那个回合中无效。「神禽王 亚力克特」在场上只能有1张表侧表示存在。

星尘龙 同调怪兽 星尘龙

星8/风/龙/攻2500/守2000

同调:调整+调整以外的怪兽1只以上。持有「把场上的卡破坏的效果」的魔法·陷阱·效果怪兽的效果发动时,可以把这张卡解放让那个发动无效并破坏。这个效果适用的回合的结束阶段时,为这个效果发动而解放在墓地存在的这张卡可以在自己场上特殊召唤。

星尘龙/爆裂体 效果怪兽 星尘龙/爆裂体

星10/风/龙/攻3000/守2500

这张卡不能通常召唤。「爆裂模式」的效果以及这张卡的效果才能特殊召唤。魔法·陷阱·效果怪兽的效果发动时,可以把这张卡解放让那个发动无效并破坏。这个效果适用的回合的结束阶段时,为这个效果发动而解放在墓地存在的这张卡可以在自己场上特殊召唤。此外,场上存在的这张卡被破坏时,可以把自己墓地存在的1只「星尘龙」特殊召唤。

救世龙 效果怪兽 救世龙

星1/光/龙/攻0/守0

效果·调整:把这张卡作为同调素材的场合,不是名字带有「救世」的怪兽的同调召唤不能使用。

No.8 纹章王 基因组继承者 XYZ怪兽 No.8 纹章王 基因组继承者

星4/光/念动力/攻2400/守1800

XYZ:名字带有「纹章兽」的4星怪兽×2。1回合1次,选择对方场上1只XYZ怪兽才能发动。这张卡当作和选择的怪兽同名卡使用,得到相同的攻击力和效果。那之后,选择的怪兽的攻击力变成0,效果无效化。这张卡的效果直到结束阶段时适用。