1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名   科技属 刃枪手
日文名   TG ブレード·ガンナー
英文名   T.G. Blade Blaster
属性   Earth
卡片种族   机械Machine 機械
星数/阶级 10
卡片种类   同调怪兽Monster·Synchro シンクロモンスター
卡片密码   51447164
ATK   3300
DEF  2200
同调:同调怪兽调整1只+调整以外的同调怪兽1只以上。这张卡为对象的对方的魔法·陷阱卡发动时,可以把1张手卡送去墓地,那个效果无效。此外,对方回合1次,可以把自己墓地存在的1只名字带有「科技属」的怪兽从游戏中除外,场上表侧表示存在的这张卡从游戏中除外。下次的准备阶段时,这个效果除外的这张卡特殊召唤。
1 Tuner Synchro Monster + 1 or more non-Tuner Synchro Monsters When this card is targeted by the effect of an opponent’s activated Spell/Trap Card, you can send 1 card from your hand to the Graveyard to negate the effect. Once during each of your opponent’s turns, you can remove from play 1 "Tech Genus" monster from your Graveyard, to remove this face-up card from play. During the next Standby Phase, Special Summon this card that was removed from play by this effect.
シンクロモンスターのチューナー1体+チューナー以外のシンクロモンスター1体以上 このカードを対象とする相手の魔法・罠カードが発動した時、 手札を1枚墓地へ送る事で、その効果を無効にする。 また、相手ターンに1度、自分の墓地に存在する 「TG」と名のついたモンスター1体をゲームから除外する事で、 フィールド上に表側表示で存在するこのカードをゲームから除外する。 次のスタンバイフェイズ時、この効果で除外したこのカードを特殊召喚する。
罕见度  金字UR,立体UTR
卡包   EXVC(704)
效果种类   卡片除外 魔陷破坏 怪兽破坏 效果无效化 特殊召唤 送去墓地 
[科技属 刃枪手]

[2011/04/12]

●这张卡为对象的对方的魔法·陷阱卡发动时,可以把1张手卡送去墓地,那个效果无效。
◇诱发即时效果(进入连锁)。
◇任意发动。
◇把1张手卡送去墓地是COST。
◇伤害步骤可以发动。
◇包括这张卡、以复数张卡为对象的魔法·陷阱卡发动时,可以发动。
●此外,对方回合1次,可以把自己墓地存在的1只名字带有「科技属」的怪兽从游戏中除外,场上表侧表示存在的这张卡从游戏中除外。
◇诱发即时效果(进入连锁)。
◇任意发动。
◇把自己墓地存在的1只名字带有「科技属/TG」的怪兽从游戏中除外是COST。
◇效果处理时这张变成里侧表示的场合,效果仍然处理。
◇伤害步骤不能发动。
★效果处理时这张卡的控制权变更的场合,如何处理,调整中。
●下次的准备阶段时,这个效果除外的这张卡特殊召唤。
◇诱发效果(进入连锁)。
◇强制发动。
EXTREME VICTORYで登場した地属性・機械族のシンクロモンスター。自身を対象にした魔法・罠カードを手札を墓地へ送ることで無効にする誘発即時効果、相手ターンに自身を除外し、次のスタンバイフェイズに特殊召喚する効果を持つ。
 シンクロチューナーに加え、非チューナーもシンクロモンスターを指定するという重いモンスターである。効果の面でTGが必要となるため基本的には《TG ワンダー·マジシャン》+レベル5シンクロモンスターが望ましい。《TG ワンダー·マジシャン》のシンクロ素材にもTGが指定されているので、このカードを召喚した時点で充分な枚数のTGが墓地に存在する事だろう。他には《フォーミュラ·シンクロン》+レベル8シンクロモンスター、または《ライフ·ストリーム·ドラゴン》+《TG レシプロ·ドラゴン·フライ》でも可能である。強力なレベル8群のシンクロモンスターをシンクロ素材にしてしまうのは惜しいが、効果を使いきった《ダークエンド·ドラゴン》等なら無駄がない。また、レベル5または8のシンクロモンスターは結構な確率で遭遇するため、《TG1-EM1》等でのコントロール奪取から召喚できれば理想的。
 1つ目の効果は対象をとる魔法・罠カードへの耐性。《次元幽閉》等を恐れずに攻撃でき、自分のターンにおける耐性としては優秀である。対象を指定しない魔法・罠カードやモンスター効果には無力だが、相手ターン中ならば2つ目の効果で補える。ただし、シンクロ素材の関係で、ハンド・アドバンテージを失いやすいため、コストとしての手札が充分にあるとは限らない。対象を指定する除去でも、2つ目の効果で回避できるのならば、こちらの効果を使わず手札の温存に努めたい。効果を無効にするだけで破壊はしないので、《スターダスト·ドラゴン》等で無効にされる心配が無いのも大きい。反面、《デモンズ·チェーン》等を無効にした場合は、フィールドに残ってしまい、バウンスで再利用される可能性がある。
 2つ目の効果は《亜空間物質転送装置》を内蔵したもの。墓地コストが存在する限り、相手ターンではほぼ除去されないという、厳しい召喚条件に見合った強力な効果である。数多くの除去を回避し、リクルーターの自爆特攻や《オネスト》等を前提とした戦闘破壊も事前に回避できる。機械族の天敵である《キメラテック·フォートレス·ドラゴン》に関しても、《サイバー·ドラゴン》の召喚時に優先権を放棄する必要があるため、この効果で回避可能。ただし、既に《サイバー·ドラゴン》がフィールド上に存在する場合、メインフェイズに入ってしまうと間に合わないので注意が必要となる。この場合、事実上スタンバイフェイズ終了時までにモンスター効果の発動を強要される事になる。次のスタンバイフェイズに特殊召喚される時にも注意が必要。自分のターンになってしまっているので、《奈落の落とし穴》等に無防備となってしまう。このテキストの「相手ターンに1度」というのは当然、同一チェーン上で複数回発動できない事を意味しているので、《強制脱出装置》等をチェーンされると1つ目の効果でしか対処できない。また、効果の都合上、自分フィールドがガラ空きになりやすいため、相手の直接攻撃によって敗北してしまわないよう注意したい。
 2つの効果によって非常に強力な耐性を持つが、自分のターンに発動される対象を指定しない除去に対しては無力である。《聖なるバリア-ミラーフォース-》・《激流葬》・《奈落の落とし穴》等、ほとんどが制限・準制限カードではあるが、それらにはくれぐれも注意しておきたい。
帰還は特殊召喚扱いなので、《大天使クリスティア》や《王宮の弾圧》等の特殊召喚を封じるカードの前ではフィールドに戻す事ができない。
情報発表当初の書籍では文字が銀色だった(「銀色にも見える」というレベルではなく、はっきりとした銀色であり、そのせいでレアリティが勘違いされていた)。
アニメ登場の時点ですでに金色であり、どこから出てきた色なのかは謎。
原作・アニメにおいて―
アニメ5D`'sの謎のD・ホイーラーことアンチノミー(ブルーノ)が使用するアクセルシンクロモンスター。
「遊星vs謎のD・ホイーラー」戦にて初登場。
遊星の魔法カード《Sp-シンクロ・デフューズ》にチェーンする形で《TG ワンダー・マジシャン SCX-1000》と《TG パワー・グラディエイター WAX-1000》を素材にアクセルシンクロ召喚された。
モンスター効果により遊星の罠カード《ウェーブ・フォース》を無効にし、《ドリル·ウォリアー》を戦闘破壊、返しのターンで《ドリル·ウォリアー》の攻撃時に自身を除外した。
「遊星vsゴースト軍団」戦に割り込んだ際には《バスター·ショットマン》を装備して《A·ボム》を戦闘破壊し、《A·ボム》を全滅させた。
「遊星vsアンチノミー」戦では《TG ワンダー・マジシャン SCX-1000》と《TG ハイパー・ライブラリアン SCX-1100》を素材にアクセルシンクロ召喚された。
《ジャンク·バーサーカー》を戦闘破壊し、次のアンチノミーのターンで《TG レシプロ·ドラゴン·フライ》の効果(アニメ版)によりエクストラデッキに戻った。
攻撃名は「シュート・ブレード」。
《バスター·ショットマン》装備時の攻撃名は「バスター・ショット」。
アニメでのカード名は《TG ブレード・ガンナー MAXX-10000》だった。
また、アニメ版のイラストは正面から見た構図であったが、OCGでは斜め上から見上げた構図となった。
緑色の輪が2本追加で描かれている理由としては、自身のシンクロ召喚にシンクロモンスターが最低でも2体必要なためだろう。
シンクロ召喚の際の台詞は「リミッター解放、レベル10!メイン・バスブースター・コントロール、オールクリアー!無限の力、今ここに解き放ち、次元の彼方へ突き進め!GO、アクセルシンクロ!カモン、《TG ブレード·ガンナー》!」。
アニメでのテキストは以下の通り。
アニメ公式サイトのワンポイントレッスンではテキストが掲載されていなかったが、VJにおいて明かされた。
アクセルシンクロ・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻3300/守2200
シンクロチューナー1体+チューナー以外のシンクロモンスター1体以上
手札からカード1枚を墓地へ送る事で、相手の魔法・罠による
このカードへの効果を無効にする。
相手ターンに1度、このカードはゲームから除外する事ができる。
この効果で除外したこのカードは、相手ターンのエンドフェイズ時に
自分フィールド上に戻ってくる。
このカードが戦闘によって破壊された時、このカードのシンクロ召喚に使用した
素材1組が自分の墓地に揃っている場合、それらを自分フィールド上に
特殊召喚する事ができる。
OCG化に際し、1つ目の効果は自身の耐性を得る効果だったものが対象を限定する無効化能力になった。
また、2つ目の効果にはコストが付き、3つ目の効果は完全に無くなった。
結果としてアニメ版より大幅に弱体化している。
コナミのゲーム作品において―
TAG FORCE5では、OCGに先駆けてオリジナルカードとして登場しており、オリジナルカードにもかかわらずムービーが存在していた(《デーモンズ・マタドール》等前例も存在するが)。
シンクロ召喚の際の台詞は「限界の先に見いだす光、未来への可能性を開け!GO、アクセルシンクロ!カモン、《TG ブレード·ガンナー》!」。
ゲームでは下記のような効果である。
《TG ブレード・ガンナー MAXX-10000》
シンクロ・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻3300/守2200
シンクロモンスターのチューナー+チューナー以外のシンクロモンスター1体以上
手札を1枚墓地へ送る事で、このカードを対象とする相手の魔法・罠カードの
発動を無効にし破壊する。
相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをゲームから除外する事ができる。
エンドフェイズ時、この効果で除外したこのカードを特殊召喚する。
フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地に存在する「TG」と名のついたチューナー1体を
選択して特殊召喚する事ができる。
アニメ・OGGに比べて最大の売りの除外効果が攻撃宣言時かつ攻撃を止めることができないという劣悪なものになっており、前者2つよりも大幅に弱体化している。
TAG FORCE6では、ムービーが存在するものの、見た後も何故かフォトギャラリーには登録されない。
DUEL TERMINALにおいては《TG ラッシュ·ライノ》と《バスター·ショットマン》をスキャンして登場するデッキの切り札と言える形で使用できる。
しかし、なぜかデッキ名は「限界を打ち破る境地(トップ・クリア・マインド)」であり、これはデルタアクセルシンクロである《TG ハルバード·キャノン》を指すものである。
デッキが10枚かつモンスターカードゾーンが3つしかない仕様上《TG ハルバード·キャノン》のシンクロ召喚が不可能に近い故、代わりに切り札とされたものであろう。
亚空间物质传送装置 通常陷阱 亚空间物质传送装置

选择自己场上表侧表示存在的1只怪兽,直到这个回合的结束阶段时从游戏中除外。

速攻的黑衣忍者 效果怪兽 速攻的黑衣忍者

星4/暗/战士/攻1700/守1200

把自己墓地里的2只暗属性怪兽从游戏中除外,这张卡即可从游戏中除外直到此回合的结束阶段。此效果在对方回合也可以使用。此效果每回合只能使用1次。

流星龙 同调怪兽 流星龙

星10/风/龙/攻3300/守2500

同调:同调怪兽调整1只+「星尘龙」。以下效果1回合各能使用1次。●从自己卡组上面把5张卡翻开。这个回合这张卡在同1次的战斗阶段中可以作出最多有那之中的调整数量的攻击。那之后翻开的卡回到卡组洗切。●要把场上的卡破坏的效果发动时,可以把那个效果无效并破坏。●对方怪兽的攻击宣言时,可以把这张卡从游戏中除外,并让1只对方怪兽的攻击无效。结束阶段时,这个效果除外的这张卡特殊召唤。

方程式同调士 同调怪兽 方程式同调士

星2/光/机械/攻200/守1500

同调·调整:调整+调整以外的怪兽1只。这张卡同调召唤成功时,可以从自己卡组抽1张卡。此外,对方的主要阶段时,可以用自己场上表侧表示存在的这张卡为同调素材作同调召唤。

生命激流龙 同调怪兽 生命激流龙

星8/地/龙/攻2900/守2400

同调·调整:调整+「动力工具龙」。这张卡同调召唤成功时,可以把自己基本分变成4000。只要这张卡在场上表侧表示存在,自己受到的效果伤害变成0。此外,场上表侧表示存在的这张卡被破坏的场合,可以作为代替把自己墓地存在的1张装备魔法卡从游戏中除外。

科技属 奇妙魔术师 同调怪兽 科技属 奇妙魔术师

星5/光/魔法师/攻1900/守0

同调·调整:调整+调整以外的名字带有「科技属」的怪兽1只以上。这张卡同调召唤成功时,选择场上存在的1张魔法·陷阱卡破坏。场上存在的这张卡被破坏时,从自己卡组抽1张卡。此外,对方的主要阶段时,可以用自己场上表侧表示存在的这张卡为同调素材作同调召唤。