1 2 3 4 5
   纠错/点评 lua脚本 上页下页
中文名   生命激流龙
日文名   ライフ·ストリーム·ドラゴン
其它译名或简称   生命奔流龙
英文名   Life Stream Dragon
属性   Earth
卡片种族  Dragon ドラゴン
星数/阶级 8
卡片种类   同调怪兽Monster·Synchro シンクロモンスター
卡片密码   25165047
ATK   2900
DEF  2400
同调·调整:调整+「动力工具龙」。这张卡同调召唤成功时,可以把自己基本分变成4000。只要这张卡在场上表侧表示存在,自己受到的效果伤害变成0。此外,场上表侧表示存在的这张卡被破坏的场合,可以作为代替把自己墓地存在的1张装备魔法卡从游戏中除外。
1 Tuner + "Power Tool Dragon" When this card is Synchro Summoned, you can have your Life Points become 4000. Any effect damage you would take becomes 0. If this face-up card would be destroyed (either by battle or by card effect), you can remove from play 1 Equip Spell Card in your Graveyard instead.
チューナー+「パワー・ツール・ドラゴン」 このカードがシンクロ召喚に成功した時、 自分のライフポイントを4000にする事ができる。 このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、 自分が受ける効果ダメージは0になる。 また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊される場合、 代わりに自分の墓地に存在する装備魔法カード1枚をゲームから除外する事ができる。
罕见度  金字UR,立体UTR
卡包   EXVC(704)
效果种类   卡片除外 LP回复 LP伤害 破坏耐性 
[生命激流龙]
<ライフ·ストリーム·ドラゴン>
[2011/04/12]

●这张卡同调召唤成功时,可以把自己基本分变成4000。
◇诱发效果(进入连锁)。
◇任意发动。
◇效果处理时这张卡的控制权交给对方的场合,仍是自己的基本分变成4000。
●只要这张卡在场上表侧表示存在,自己受到的效果伤害变成0。
◇永续效果(不进入连锁)。
★这张卡和「变形斗士·照明灯/D·ライトン」同时在场上表侧表示存在的场合,受到效果伤害时如何处理,调整中。
●此外,场上表侧表示存在的这张卡被破坏的场合,可以作为代替把自己墓地存在的1张装备魔法卡从游戏中除外。
◇永续效果(不进入连锁)。
◇任意使用。
◇伤害步骤中也可以使用。
◇不取对象效果。
◇破坏效果处理时作为代替把自己墓地存在的1张装备魔法卡从游戏中除外。
EXTREME VICTORYで登場した地属性・ドラゴン族のシンクロモンスターのチューナー。シンクロ召喚に成功した時コントローラーのライフポイントを4000にできる効果、効果ダメージを0にする効果、破壊される時に墓地の装備魔法を身代わりにする効果を持つ。
 特定のシンクロモンスターを指定するために少々重いが、チューナーの指定はないため、《シューティング·スター·ドラゴン》よりは召喚しやすい。連続でのシンクロ召喚や、《パワー·ツール·ドラゴン》の特殊召喚に関するギミックはある程度用意しておきたい。特にレベル1の《アンノウン·シンクロン》ならば手早く展開する事ができる。
 《ロスト·スター·ディセント》や、《ファントム·オブ·カオス》を使えばレベル2・4のチューナーも使える。ただし、《パワー·ツール·ドラゴン》自体が【装備ビート】や【ディフォーマー】のような装備魔法を多用するデッキでなければシンクロ召喚する意義が薄い。そのため、このカードのためだけにシンクロ召喚の機会やエクストラデッキを割くことは厳しく、専用デッキ寄りになる。
 1つ目の効果はライフを4000に「する」効果であり、回復ではないため《シモッチによる副作用》などに影響されない。しかし、ライフの変動自体が直接的に勝敗に結びつく場面はあまりないだろう。逆にライフを減らして《巨大化》などとコンボする手も考えられるが、相手を確実に倒せない限りはあまりお勧めできない。
 2つ目の効果はバーンへのメタだが、2度のシンクロ召喚をするのはあまりにも手間が大きい。バーン特化の相手に対してなら、直接《ブラックフェザー·ドラゴン》などを出すだけでも充分な場合が多いだろう。とはいえ、安定した攻撃力とそれなりの守備力を持ち、弱体化もせず耐性も持つため、こちらは戦闘破壊を警戒しなくても良いと言える。また、バーン特化でなくとも副次的にバーンを内蔵したカードは少なくないため、ライフを半分まで取り戻しつつ、それらを軽減できるだけでも損は無い。
 3つ目の効果はこのカードのシンクロ素材である《パワー·ツール·ドラゴン》とシナジーする。通常のデッキでは装備魔法が墓地に溜まることは少ないが、基本的に《パワー·ツール·ドラゴン》は装備魔法を多用するデッキで採用されるカードである。効果によりデッキの装備魔法をサーチし、その耐性で墓地が肥えたところでシンクロ召喚すれば、さらに耐性がつきモンスターを維持し続けられる。純粋な破壊耐性という点では、専用構築なら長く立ち回れる流れを作れるだろう。シンクロ召喚に手間が掛かるため、バウンス・除外には特に注意を払いたい。《魔界の足枷》はこのカードを出すまでの戦線維持に使え、墓地へ送られた後はこの効果のコストにできる。こういった相手モンスターに装備して効果を発揮するタイプの装備魔法はディスアドバンテージを生みやすいのが欠点だったが、このカードの登場によってそうしたカードの利用価値は高まった。また素材となるモンスターに装備魔法が装備されている状態でシンクロ召喚を行った場合、それらの装備魔法は墓地へ送られるが、このカードの場合は比較的それによる損失をあまり気にしなくてもすむ。特に《パワー·ツール·ドラゴン》は自身の効果上装備魔法を複数枚装備していることが多いため、これはこのカードならではの利点となりうる。
 レベル8にしてシンクロチューナーであるため、《レベル·スティーラー》などとの相性は良い。しかし、このカードを召喚するには2度のシンクロ召喚が必要なため、他のシンクロモンスターを出せる場合も多い。終盤でライフを回復しつつ、場面に応じたシンクロモンスターに切り替えられれば、一気に逆転をかけられる可能性は高い。墓地の装備魔法を消費しきって耐性がなくなる場合にも、さらなるバトンタッチが可能。また、高レベルドラゴン族チューナーのため、《トライデント·ドラギオン》を出すためにも一役買えるだろう。
他の2体のシンクロチューナーとは違い、相手ターン中にシンクロ素材に使用できない。
マスターガイド3の《シューティング·クェーサー·ドラゴン》のデッキの記事では、「存在しているシンクロ/チューナーは《フォーミュラ·シンクロン》と《TG ワンダー·マジシャン》の2体だけ」と書かれており、このカードは触れられていない。
一応、《ライフ·ストリーム·ドラゴン》と《TG レシプロ·ドラゴン·フライ》×2体の組み合わせで《シューティング·クェーサー·ドラゴン》のシンクロ召喚が可能である。
原作・アニメにおいて―
アニメ5D`sで、5000年前のシグナーのドラゴン達と地縛神との抗争を夢に見た龍可がその姿を確認しており、「《パワー·ツール·ドラゴン》に似ている」と語っていたドラゴン。
デュエルでの初登場は「ジャック&龍亞&龍可vsアポリア」戦で、シグナーに覚醒した龍亞が使用。
《D·ライトン》と《パワー·ツール·ドラゴン》をシンクロ素材としてシンクロ召喚される。
効果により龍亞・龍可・ジャックのライフポイントを2000にして、ライフポイント=命が尽きかけていた龍可を救った。
その後、攻撃力の下がった《機皇神龍アステリスク》に攻撃し、アポリアのライフポイントを大きく削った。
また、自身の効果によりアポリアのバーン戦術の全てを封じ込めている。
「遊星vsZ-ONE」戦ではデュエル前に龍亞が遊星に託し、遊星が使用。
《ターボ·シンクロン》と《パワー·ツール·ドラゴン》をシンクロ素材としてシンクロ召喚され、自身の効果で遊星のライフポイントを2000にした。
その後、魔法カード《Sp-シンクロ・パニック》によって特殊召喚された《レッド·デーモンズ·ドラゴン》・《ブラックフェザー·ドラゴン》・《ブラック·ローズ·ドラゴン》・《エンシェント·フェアリー·ドラゴン》のレベルを自身の効果で1に変更した。
最終的に上記のカードと共に《シューティング·クェーサー·ドラゴン》のリミットオーバー・アクセルシンクロのシンクロ素材となった。
攻撃名は「ライフ・イズ・ビューティーホール」。
シンクロ召喚の際の台詞は「世界の未来を守るため、勇気と力がレボリューション!シンクロ召喚!進化せよ、《ライフ·ストリーム·ドラゴン》!」
「遊星vsZ-ONE」戦では「世界の平和を守るため~」と言っていた。
アニメでは第30話にてその姿が初登場したモンスターであり、2期EDと4期OP・EDにもその姿が確認できるが、デュエルはおろかこのカードを入手する描写すら無かった。
ボマーのイメージではこのカードの代わりに《ブラックフェザー·ドラゴン》が登場し、アニメ本編でも存在が全く触れられなくなってしまった。
ようやくデュエルに登場したのは第142話であり、初登場から実に2年以上もかけての出番となっている。
アニメ5D`sのOPでは《スターダスト·ドラゴン》や機皇帝のようにアニメ内で登場するまで姿がぼかされる事が多いが、逆は異例である。
シンクロ召喚の際に赤き龍が現れ、《パワー·ツール·ドラゴン》の装甲が外れて、このモンスターになる演出がなされた。
また、《シューティング·スター·ドラゴン》や《スカーレッド·ノヴァ·ドラゴン》同様にシンクロ召喚でカードが浮かび上がった。
アニメでは以下のテキストだった。
シンクロ・チューナー(効果モンスター)
星8/地属性/ドラゴン族/攻2900/守2400
チューナー+「パワー・ツール・ドラゴン」
このカードのシンクロ召喚に成功した時、
ライフポイント2000未満のプレイヤーのライフポイントを2000にする。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する場合、効果ダメージは無効となる。
1ターンに1度、フィールド上に存在するこのカード以外の全ての
シンクロモンスターのレベルを1~12の数値の中で任意の数値にする事ができる。
初登場の際の公式HPでは、テキスト欄がぼやけていて全て見る事ができなかった。
その後、最後の効果が使用された「遊星vsZ-ONE戦」にてテキストの全てが明かされた。
なお、公式のワンポイントレッスンによると、最後の効果はこのカード以外の全てのシンクロモンスターを同じレベルに変更するもの(1体1体異なるレベルには出来ない)のようだ。
原作の初期ライフ4000に対しOCGでは倍の8000のため、シンクロ召喚時の効果の数値も倍になり、また相手のライフまで回復することもなくなった。
バーンへのメタに関しても、アニメでは全ての効果ダメージを無効にしていたが、OCGでは自身への効果ダメージだけを無効にするようになった。
加えて、《パワー·ツール·ドラゴン》とシナジーのある効果も追加されている。
単体性能としては強化されたが、代わりにレベルを変化させる効果を失い、コンボとしての利用は難しくなった。
「遊星vsZ-ONE」戦では、Z-ONEが戦闘を行うだけで自分のライフポイントをこのカードの倍の数値である4000にすることができる《時械神サディオン》を使用している。
コナミのゲーム作品において―
TAG FORCE6で効果名が「ダメージ・シャッター」と判明した。
だが、《パワー·ツール·ドラゴン》と同様に破壊を防ぐ効果の時もこの効果名を言ってしまうミスがある。
一応、上記と違い「破壊のダメージを防ぐ」演出と見ればさほど違和感はない。
动力工具龙 同调怪兽 动力工具龙

星7/地/机械/攻2300/守2500

同调:调整+调整以外的怪兽1只以上。1回合1次,自己的主要阶段时才能发动。从自己卡组选择3张装备魔法卡,对方从那之中随机选择1张。对方选择的1张卡加入自己手卡,剩下的卡回到卡组洗切。此外,有装备魔法卡装备的这张卡被破坏的场合,可以作为代替把这张卡装备的1张装备魔法卡送去墓地。